通勤&通学おすすめリュック(バッグパック)はホットショット26L

バッグ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『通勤&通学の用途で、おすすめできるリュックはノースフェイスのホットショット26Lバッグパック』についての内容になります。

通勤&通学の場合では職種や好みによっても色々なバッグで出掛ける事になりますが、両手が空いて動きやすいリュックが最適なのではないか?と考えます。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

通勤&通学の用途で使うリュック(バッグパック)

通勤や通学の用途で利用できるバッグは豊富にありますが、指定されているバッグを除いて、最終的には個々の判断でどのバッグを利用するのか?決める事になります。

通学の用途

学校で指定のバッグを持参しなければいけないと指定されている場合では問答無用に遵守しないといけませんが、どんなバッグでも良いとなっている場合では自分の好きなバッグを持参する事になります。

この場合ではどのような基準で選んでいるのでしょうか?電車バスなどの交通機関を利用する場合では勉強グッズやスマホなどのモバイル関連ガジェットも収納できるバッグが望ましいと考えると思います。

また、歩く時間が20分以上ある場合では、歩いていて負担に感じないバッグが望ましいです。そうなるとリュックが良いのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

通勤の用途

通勤の用途ではメンズとレディースでも異なりますし、ビジネススーツで通勤する場合では圧倒的に手さげ鞄が多いと思います。

カジュアルな私服通勤の場合では、どのようなバッグでも問題ないと思いますから、自分の用途や好みに応じたバッグで通勤できます。

と思うのは時期尚早。筆者の場合はビジネススーツでもリュックで通勤していました(笑)。流石にちょっと白い目で見られた事も有りましたけど・・・

そういう人も1人ぐらいなら居ても大丈夫だと自分に言い聞かせて出勤していました。

 

出張の用途

出張の場合では、機内持ち込みサイズのスーツケースで出張する人が多い感じです。ビジネスリュックの場合も居るには居るのですが、少ないような気がします。

やっぱりノートPCを持ち歩く場合では背負うよりも引いて転がして持ち運べるキャリーバッグの方が便利なのかも知れません。

 

スポンサーリンク

通勤から旅行まで使えるホットショット26L

通勤から出張&旅行まで便利に使えるリュックがあると便利だと感じます。このようなバッグとして、ノースフェイスのホットショット26Lはオススメできるバッグパックに該当します。

万能タイプのリュック

ノースフェイスのホットショット26Lが、どうして万能タイプに該当するのか?というと、本体に収納できるウェストベルトを装備しているからである。

一般的な日常生活の用途ではウェストベルトは使う機会が無いと思いますが、自転車通勤やバイク通勤といった場合ではウェストベルトが必要になります。

着脱できるタイプもありますけど、一度、取り外して再装着する場合では、それなりに手間が発生するため、最適とは言い難いです。

また、オーガナイザーポケットが 及び iPadなどのタブレット端末も含めて15インチノートPCまで対応できるポケットが充実しているため、どの用途にも対応できるバッグです。

 

収納できるウェストベルト

ホットショット26Lには気の利いた収納型ウェストベルトが装備されています。普段利用ではウェストベルトを使うことがないため、使わない場合は専用ポケットに収納しておくことが出来ます。

出張や旅行といった用途では、荷物でリュックが重たくなってしまうこともあり、ウェストベルトで身体を固定する必要が発生します。

このような場合は専用ポケットから引き出して利用するといった使い方が出来ます。あえて言えば、自転車通勤に最適なのではないか?と思います。

 

オーガナイザーポケットも充実

スマートフォンやモバイルバッテリー、コンデジ用のポケットだけでなく、USBコードやコンセントといったグッズのポケットまで充実しています。

自宅の鍵などの大事な物を収納することが出来るキーフック付きのファスナーポケットがあります。このポケットはサイズも大きく 200mm × 170mm のサイズの物まで収納することが出来ます。

さらには、厚みのある雑誌なども収納できるマチ幅を有しているため、雑誌を購入して収納する場合でも便利に使えるのが魅力的になります。

 

通勤や通学ではPCやタブレット端末も持参

通勤や通学といった場合では、iPadなどのタブレット端末やノートPCを持参する機会もあります。この場合では収納に対応できるポケットも必要になります。

PC専用ポケット

ホットショット26Lには15インチノートPCまで収納できるノートPC専用ポケットが装備されています。クッション性もある専用のポケットなので、ここに収納しておけば安心できます。

ノートPCではなく、12.9インチiPad Pro を収納しても良いので、タブレット端末にも対応できるので使い勝手は良いと思います。

とはいえ、取り出す事を考慮すると、あまりサイズが小さいタブレット端末の収納には向いていないのではないか?と考えます。

 

iPadなどのタブレット端末

どうして、ノースフェイスのホットショット26Lを推奨するのか?と言うと、ノートPC専用ポケットだけでなく、iPadなどのタブレット端末用のポケットも装備しているからです。

ノートPCとタブレット端末の両方を同時に収納して出掛けるというパターンは無いと思いますが、それでも両方とも収納できるポケットがあるのは機能が充実していると思います。

とはいえ、iPadの場合では12.9インチサイズまであるため、必ずしもタブレット専用ポケットに収納できるという訳ではないので、収納できない場合もあります。

そういった場合では代わりに何か別の物を収納すれば良いと考えます。

 

おすすめできるバッグパック

ホットショット26Lは、ノートPCやタブレット端末、スマホなどのモバイル関連グッズまで対応できるバッグパックになるため、この用途で使う場合では推奨できるリュックに該当します。

万能タイプのリュックの場合では、不可がないため、運用次第で便利に使う事ができるのである。さらには、機能を追加する事も可能になります。

どのように機能を追加するのか?というと、リュックに取付できるスマホポーチが代表的になります。その他にもバッグインバッグという方法もあるので、試してみても良いと思います。

 

 

通勤&通学に最適なホットショット26L

通勤や通学で使用する場合ではスマホなどのモバイル性能も重視する必要がありますが、オーガナイザーポケットが充実しているホットショット26Lは最適なのではないか?と考えます。

唯一のデメリット

ホットショット26Lは万能タイプのリュックでもありますが、それでもデメリットに感じる部分が1つだけあります。

本体重量が1135gあるため、何も収納していなくても本体重量がそれなりに重たいのである。ビジネス用途から出張まで便利にこなせるが故の仕方のない部分なのである。

本体重量が重たいと、収納する物によって余計に重たく感じる事もあるため、バッグパックは可能な限り軽量な物が望ましいです。

だからと言って機能性や使い勝手を犠牲にすると、そんなに使ってないのに他のバッグが欲しくなってしまうため、機能性だけは妥協してはいけないと感じます。

 

ホットショット26L 仕様

サイズ : 510mm × 330mm × 200mm
本体重量: 1135g
本体容量: 26L

内部収納: ノートPC、iPadなどのタブレット端末
外部収納: ペットボトル、オーガナイザーファスナーポケット

装備等 : チェストベルト、収納できるウェストベルト、持ち手
その他 : 飾りにも見えるデイジーチェーン

 

機能性を考慮すると通勤や通学にオススメできる

確かに本体重量が決して軽量とは言い難いホットショット26Lになりますが、機能性といいう観点から考慮すると捨てがたい存在だと言えます。

ノートPC 及び タブレットポケットを装備しているだけでなく、雑誌も収納できる本格的なオーガナイザーファスナーポケットを完備しているため、使い勝手の良さが向上している点は無視できません。

特にオーガナイザーポケット内にはファスナーポケットも含めて、スマホ関連のモバイルポケットが充実しているため、使い勝手は良いです。

ガジェットに明るい学生や社会人には丁度良いと思います。

 

 

ノースフェイス・ホットショット 26L バッグパックのレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『ノースフェイス・ホットショット(Hotshot)26L 通勤や出張に愛用しているバッグパックのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いで...