旅行のお金を計画的に貯める方法は旅行目的の銀行口座で資金管理を

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『旅行のお金を計画的に貯める方法は旅行目的の銀行口座で資金管理を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行のお金を計画的に貯めるには

旅行のお金を貯める方法は色々ありますが、その中でも一番自分に合っている貯金方法でないと継続するのが難しいと思います。どの方法ならば自分に適しているのか?は実際にアレコレ試してみないと何とも言えません。

 

お金を貯める計画

お金を計画的に貯める場合に必要になるのがザックリとした貯金計画になります。具体的に○○○万円貯めるという目標が必要になります。

目標金額がないと、ただ貯めればOKという感じになるため、その内に利息も微々たる感じなのにどうして貯金をしないといけないのか?という状態になりやすいです。

利息が微々たる感じだとモチベーションが下がってしまうため、貯金を継続させるのが難しくなります。モチベーションが下がらないように何か工夫対策も必要になります。

それに対して手に届きやすい目標金額ならば、とりあえずは目標金額まで頑張ってみようという感じになるため、比較的に途中で挫折してしまうことは少ないです。

但し、目標金額は手に届きやすい金額に設定することが求められます。

 

欲しい物を制限する事も必要

お金を貯めるにはザックリとした貯金計画も必要になりますが、それを実践するには欲しい物を買わない選択も必要になります。

人は誰しも生活をしていれば色々と便利なグッズが欲しくなってしまいます。このような欲しい物を買わないと欲しいという欲求がどんどん溜まってしまう悪循環に陥ってしまう場合もあります。

このような欲しい欲求を抑えつつ、なるべく買わない選択を行わないと纏まったお金を貯めることは難しくなります。

それに、何か欲しいと感じた場合は本当に欲しい物なのか?それとも一時的に欲しいだけなのか?という区別がよく分かりません。

少なくとも2週間程度待っても継続して欲しい気持ちの場合は本当に欲しいと感じている場合が多いです。一時的な欲求で買わないように制限することも必要になります。

 

旅行のお金は旅行目的の銀行口座で管理

旅行のお金を計画的に貯めるには銀行口座も必要になります。社会人であれば3つ以上の銀行口座を保有している場合が多いですが、これに加えて目的別の銀行口座を開設した方が良いです。

 

旅行の費用は別勘定の財布で管理

マイカー通勤している場合に該当しますが、勤務先からガソリン代を支給されると思います。このガソリン代はお小遣いとは別に管理することになるので別勘定の財布で管理することになります。

これと同様に旅行費用も別勘定の財布で管理するのが良いです。旅行の費用といってもツアー旅行の代金だけではありません。個人旅行であれば必要に応じて、宿泊費や航空券、旅費交通費、食事代、お土産代、拝観料や入場料といった費用も掛かります。

また、旅行には色々なグッズを持参するので、便利グッズや旅行バッグを購入する場合もあります。

このような旅行関連費用をまとめて管理できる銀行口座があると重宝します。

 

別勘定の財布ならば銀行口座が最適

旅行目的の別勘定の財布は自宅で管理するのは良くないです。というのも、自宅にある程度の纏まったお金(財布)を保管しておくと、様々な誘惑に狙われてしまいます。

様々な誘惑というのは、一時的に発生する何かを買いたいという欲求になります。これは生活していれば必ずと言って良いほど、色々と欲しい物が見つかってしまうため、直ぐに何とか出来る場合だと、お金を使ってしまいます。

これを防ぐには直ぐに使えないように銀行口座でお金を管理するのが一番です。但し、国際ブランドのデビットカードを作ってしまうと場合によっては良くないかも知れません。

クレジットカードのように使えてしまうので逆効果になりやすいです。

 

 

旅行目的の銀行口座でお金のやりくりを

旅行目的の銀行口座を開設したと仮定して実際にはどのように管理すれば良いのでしょうか?お金を入金して、旅行に出かける場合は出金するといった感じでは意味がありません。

 

旅行の費用は目的別の銀行口座でやりくり

旅行目的の銀行口座を開設した場合、旅行関連の費用は全てこの口座で管理するという感じになるため、少なくとも一定金額を入金する必要も発生します。旅行に出かける場合は必要な金額を出金するのであれば目的別口座を作る意味がありません。

旅行で余ったお金をまたこの銀行口座に入金する事になります。その上で、必要に応じて定期預貯金を作ってお金を運用するといった事も必要になります。

株式投資のように余ったお金を再投資するといった感じで再入金して、旅行目的のお金を効率的に運用するようにしないと銀行口座を作ってもあまり意味がないです。

この口座の中で旅行費用をやりくり出来るようにする事も大事だと思います。

 

目的別の銀行口座のメリット

旅行目的にしろ、他の目的にしろ、目的別の銀行口座があると重宝します。生活費の銀行口座とは別に独立採算で管理することになるため、もしも運用が失敗してしまった場合でも生活費の銀行口座に影響を与えません。

それだけでなく、運用が上手くいって黒字を維持することが出来れば、生活費の口座を補填することも可能になります。

もっともこの場合は生活費を管理している銀行口座が赤字になってしまった時になると思います。なるべく、このような結果にはならないようにしないといけないです。

 

目的別の銀行口座のデメリット

メリットがあると言うことは当然のようにデメリットもあります。目的別の銀行口座を保有しても途中で有耶無耶になってしまう場合が多いです。特に各銀行口座にお金を移動したりすると、その内にどうでもよくなってしまいます。

継続させるのは意外と難しいです。

 

海外旅行で余ったお金は使い切らないで旅行目的の銀行口座に入金貯金
皆さん こんにちは! 今回の記事は『海外旅行で余ったお金は使い切らないで旅行目的の銀行口座に入金貯金を』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 海外旅行に持参したお...

コメント