3wayで使えるショルダーバッグよりもスタンダードが旅行には重宝

サブバッグ

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『旅行に持って行くショルダーバッグは3wayよりもスタンダードタイプが重宝する』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行に持参するショルダーバッグはどんなタイプ?

旅行に持って行くショルダーバッグと言っても多種多様にあるため、どのようなバッグを持って行けば良いのだろうか?という悩みが発生してしまう場合もあります。スタンダードタイプや3wayタイプといったバッグもあるため、どれが良いのでしょうか?

 

ショルダーバッグに何を収納するのか?

旅行に持って行くショルダーバッグを何にするのか?悩んでしまったら、ショルダーバッグには何を収納するのか?で考えるのが賢明です。

旅行でショルダーバッグを使う機会は、主に貴重品やスマートフォンを収納するバッグになる場合が多いため、その用途プラスαがどれだけあるのか?で考えた方が良いです。

観光では喉も渇くこともありますから、コンビニ等でペットボトルの飲料水を購入する機会もあると思います。そういった場合はバッグの中に収納することになるため、ペットボトルも収納できるようなサイズのバッグが良いのでは?

そのような感じで自分の基準に合わせる形で判断するのが良いと思います。

 

バッグは重たくないのか?肩への負担は?

貴重品やスマートフォン、モバイルバッテリー、折りたたみ傘などを収納するとバッグ本体の重量も含めて1Kg程度になってしまう場合もあります。

1Kgの重量ぐらいならば斜め掛けしても肩への負担も少ないと思いますが人によってはそれでも重たいと感じる場合もあります。

そのように少しでも重たいと感じる=負担になっている場合が多いため、ショルダーバッグの重量も重要になってきます。

バッグ本体の重量も含めて、なるべく軽量になるようにした方が良いのでは?と考えます。

 

どんな用途で使うのか?

旅行に持って行くショルダーバッグはどんな用途で使うのか?というのも重要です。ただ単に貴重品やスマートフォンを収納するためのバッグというのであれば、どんなショルダーバッグでも問題ありません。

他に別の用途が有るのであれば、バッグ選びは真剣に検討した方が良いです。用途や収納する物によってもバッグ本体のサイズや装備等も変わって来るため、用途も重要です。

 

旅行に持参するならスタンダードタイプが便利

ショルダーバッグは多種多様にありますけど、旅行ではシンプルにスタンダードなタイプが便利で重宝するのでは?と思います。ファスナーポケットが多い方が良い場合もありますが、あまり多過ぎてもしょうがないので気の利いたポケットがあれば問題ないのでは?と考えます。

 

3wayタイプの場合

3wayタイプのショルダーバッグは主に3つのタイプがあると思います。

 

① ウェストポーチ型
ウェストポーチにショルダーベルトを装着することが出来るタイプになります。幅が狭いショルダーベルトを装着してショルダーバッグになるため、あまり重たい物を収納すると肩への食い込みもハンパない感じになり、肩凝りや肩が痛くなってしまう場合もあります。

でも、ウェストベルトを収納することが出来るタイプであれば、スマートにショルダーバッグにすることが出来るのも事実です。

 

② リュック型
リュックにショルダーベルトを装着することが出来るタイプになります。このタイプの場合は縦型のショルダーバッグとして利用することが出来るため、ビジネスバッグ的な使い方になるのでは? 出張等では重宝するバッグになると思います。

 

③ ベルトポーチ等のシザーバッグ
ウェストやヒップ、ベルトに装着するベルトポーチシザーバッグもショルダーベルトを装着することで、ショルダーバッグになる場合が多いです。

このタイプもバッグは小さめの小物ポーチといったサイズのバッグになるため、貴重品やスマートフォン等の小物収納に特化するのでは?と思います。

 

④ ポケッタブルバッグ
お土産の収納用に持って行く場合の多いポケッタブルバッグの中にはボストンバッグのタイプがあります。このようなバッグの場合はショルダーバッグにもなる場合が多いです。

 

ショルダーベルトが取り外せるタイプ

ショルダーベルトをの取り外しが行えるタイプのショルダーバッグもあります。このようなバッグには2way3wayで使える場合が多いです。

用途に応じて、ショルダーベルトの取り外しが行えて便利なのですが、ショルダーベルト幅がとても狭い場合が多いため、おまけ的な感じになってしまいます。

 

旅行のショルダーバッグはスタンダードが最適

スタンダードなショルダーバッグの場合はショルダーベルトの取り外しが行えないタイプになります。このようなバッグは旅行には最適です。

ショルダーベルトの取り外しが行えると、防犯性が弱くなってしまうため、宜しくありません。それだけでなく、スタンダードなので軽量な場合が多いです。旅行ではバッグ本体の重量が軽量な方が良いと思います。

特にバッグ本体が軽いとあまり負担にもならないので身軽になります。但し、ショルダーベルトの幅は広めのタイプが賢明の選択だと考えます。

 

3wayショルダーバッグは旅行でどうなの?

3wayリュックや3wayショルダーバッグといった3通りに使うことが出来るバッグはショルダーベルトを取り外すことが出来る場合が多いです。このようなバッグを旅行に持って行くと便利に役立つ場合がありますが、防犯性とかはどうなのでしょうか?

 

3wayショルダーバッグの利便性

用途に合わせて3通りの使い方が出来る3wayバッグは旅行に持って行くと便利に利用することが出来ると思います。

やっぱり旅行では1つの用途しか使うことが出来ないグッズよりも3通りに使うことが出来るグッズの方が重宝します。

旅行では想定外も発生するため、想定外な出来事が発生した場合に役立つのが2~3通りに使うことが出来るグッズです。

 

スポンサーリンク

 

3wayショルダーバッグの防犯性

① 3wayタイプの防犯性
3wayタイプのショルダーバッグを旅行に持って行く人も居ると思います。3wayの場合3通りの使い方が出来るため旅行に持って行くと便利に利用することが出来ると思います。

確かに3wayは利便性の観点から考えると非常に魅力的に映りますが、防犯性の観点から考えると果たしてどうなのかな?という疑問が発生します。

 

② 防犯性に対する疑問
その疑問とは何なのか? それは海外旅行にウェストポーチは不向きとされている理由と酷似しています。

ウェストポーチの最大の弱点はウェストベルトに付いているバックルです。このバックルを外されてしまうとバッグが落下してしまいますし、簡単に盗られてしまいます。

これと同じことが3wayバッグでも発生するのでは?という疑問になります。

 

③ その理由とは?
3wayショルダーバッグはショルダーベルトを取り外すことが出来るため、この接続部分が弱点になります。もし、この部分を狙われてしまったらバッグが落下してしまいます。

特にショルダーベルトは、フックタイプのプラスチックバックルの場合が多いため、どちらか一方が外されてしまうとスットン!とバッグが落下してしまいます。

 

④ 海外旅行には不向き
上記①〜③のことから推察すると、3wayショルダーバッグはウェストポーチと同様に海外旅行では不向きなのではないか?と考えます。

海外は日本国内と同じ治安状況とは限らないため、治安状況が悪い国や地域もあります。このような国や地域を旅行で訪れる場合は、3wayタイプよりもスタンダードタイプのショルダーバッグが賢明だと考えます。

 

旅行に持参のショルダーバッグは肩への負担も考慮して軽量なバッグを
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行に持って行くショルダーバッグは、どのような物が良いのか?』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅行に持って行くショルダー...

コメント