旅行のショルダーバッグはファスナーポケットが多い方が便利で重宝

サブバッグ

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『旅行に持って行くショルダーバッグはファスナーポケットが多い方が便利』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行に持って行くショルダーバッグに求める物

旅行に持参するショルダーバッグはどのような基準で選んでいますか? 普通に普段使っているバッグを持って行く 又は 旅行用のバッグを使うのでしょうか?

 

旅行のショルダーバッグに収納する物

① お金などの貴重品
お金やクレジットカード、パスポートなどの貴重品の収納および管理する場所として斜め掛けできるショルダーバッグは最適です。

 

② スマートフォン関連
スマホやモバイルバッテリー、充電コード&コンセントも収納。特に飛行機を利用して旅行する場合はバッテリー関係は機内に持ち込む必要があるため、スマートフォン関係だけで500g前後の重量になってしまう場合があります。

 

③ 一眼レフやコンデジなどのデジカメ
楽しい旅行の思い出や風景、建物といった写真を収めるカメラとして一眼レフやコンデジなどのデジタルカメラを旅行に持参する人も居ます。

スマートフォンにも高性能なカメラが搭載されているため、旅行のカメラはスマホに一本化する人も居ます。但し、この場合は光学望遠ズームがスマートフォンに搭載されていない場合の方が多いため、別途にセルカレンズを持参する人も居ると思います。

セルカレンズの場合はスマホにクリップのような感じで挟んで簡単取付のため、お手軽なスマートフォン用のレンズです。

 

④ 身だしなみ&消耗品等
タオルやハンカチ、ポケットティッシュ、マスク、身だしなみチェックグッズ等も収納すると思います。特に花粉症の季節や冬場の旅行では風邪やインフルエンザ対策としてマスクは必須になると思います。

 

⑤ 現地で買う飲み物(ペットボトル)
旅行では観光等でアチコチ動き回ることが多いため、喉も渇いてしまいます。そのような時に現地のコンビニ等でペットボトルの飲み物を購入する機会もあると思います。

また、ホテルの室内にサービスで提供されているペットボトルのお水を観光用のバッグに収納して出かけるという場合もあります。

旅行で使うショルダーバッグは少なくとも600mlサイズのペットボトルが収納できる物が良い感じです。

 

⑥ 雨が降りそうな場合
旅行では、いつも天気の良い晴れならば素晴らしいのですが、残念ながら雨の日だったり、今にも雨が降って来そうな天気もあります。

このような場合では、折りたたみ傘を観光用のバッグに収納して出かけることになるため、折りたたみ傘が収納できるサイズであることも必要になります。

 

ショルダーバッグに求める機能や装備

旅行に持って行くショルダーバッグは主に旅行で使う様々な身の回り品を収納する場合が多いため、これらのグッズが効率的に取り出すことが出来るタイプが旅行には最適です。

でも、このようなバッグの基準は人それぞれ個々に異なるため、一概には何とも言えません。

旅行だったとしてもオシャレなバッグが良いと言う人も居れば、いや旅行では、とにかく軽量なバッグが良いと言う人も居ます。

旅行のサブバッグとして持って行くショルダーバッグは自分のお好み等で選ぶのが良いと思います。

 

ショルダーバッグはファスナーポケットが多い物を

旅行に持って行くショルダーバッグ等のサブバッグは頻繁に使う機会のある貴重品やスマートフォンを収納する場合が多いため、小分け管理が行えるファスナーポケットが多い方が賢明です。

サブバッグにはあまり収納しないという場合であれば、ポケットの数は少なくても問題ありませんが、多い方が便利だと思います。

 

バッグはファスナーポケットが多い方が便利

旅行に持って行くショルダーバッグはファスナーポケットが多い方が便利です。特に旅行では貴重品関係が色々と種類が多くなるため、小分けして分散管理等も必要になります。

そのような場合に重宝するのがファスナーポケットです。貴重品を1つのポーチに纏めてバッグに詰め込んでしまうと、スリの被害に遭った場合は貴重品の入ったポーチだけを抜き取られてしまいます。

このような場合にファスナーポケットが充実していると、バッグの中で小分けして分散管理することも可能になるため、スリ被害への対策にも繋がります。

貴重品の盗難はバッグごと盗られてしまう場合も多いですが、混雑している鉄道やバスといった場合では貴重品だけを狙うスリの被害もあるため、簡単に大事な物が盗られない対策も必要になります。

 

スマホ用の仕切りポケット

旅行で頻繁に使う物といえば、貴重品の他にスマートフォンが有ると思います。スマホは暇つぶしの道具にもなりますし、ネット検索やデジカメ、SNS等も含めて旅行でも必需品の1つになっています。

このスマホを収納するバッグにスマートフォン専用のポケットが有った方が便利です。ファスナーポケットが2〜3個しか無いバッグだと、どうしても頻繁に使う物はフロント側にあるファスナーポケットに収納する感じになるため、ごちゃ混ぜ収納になってしまいがちです。

これでも直ぐに取り出すことが出来れば問題ないのですが、ごちゃ混ぜ収納の場合はバッグが膨らんでしまうという状態になりやすいため、周囲から見ると、あの人のバッグは沢山入っているな!と目を付けられることもあります。

そういう面も考慮すると、整理整頓できるスマホ用の仕切りポケットがあると助かります。

 

スポンサーリンク

 

軽量でショルダーベルト幅が広いバッグがベスト

日常生活では、あまり気に掛けない場合も多いですが、旅行に持参するショルダーバッグの場合はショルダーベルト幅や本体重量は意外と重要になります。

何も気にしないで日常生活で使っている幅の狭いショルダーベルトを旅行に持って行ったりすると、肩に食い込んでしまって肩が痛くなってしまう場合もあります。

 

旅行ではショルダーベルトは幅が広い物を

蒸し暑い夏場の旅行では薄着になるため、持ち歩くショルダーバッグのベルト幅が狭い場合は肩への食い込みも半端ないと思います。

ショルダーベルトの幅が狭いと肩への負担が一点に集中してしまうため、肩が痛くなったら別の肩に掛け直しても一時的に負担を軽減する形になるため、あまり効果はありません。

このようなことを考慮すると、ショルダーベルトの幅は広めなバッグが最適です。最低でも38mm幅は欲しいです。それが難しいのであればショルダーパッドを装着するといった方法でも良いと思います。

ショルダーパッドであれば、クッション性が増すことになるため、肩にも優しいです。

 

旅行ではバッグ本体の重要も軽量な物を

旅行ではついアレコレと詰め込んでしまうことが多いため、観光用のショルダーバッグだとしても注意が必要です。アレコレ収納すると、バッグ本体の重量が重たくなってしまうため、結果的に肩懲りにも繋がってしまう可能性があります。

一番良いのはバッグの中身は厳選して、アレコレ詰め込まない事ですが、バッグ本体の重量も軽量な物が良いと思います。

出発時は厳選した持ち物を収納して出かけても、途中でペットボトルを購入する場合があるため、その分ズシン!と重たくなってしまいます。

1Kgを超えてしまうと、肩への負担も大きくなってしまうため、なるべく1Kgを超えないように努力することも大切です。

 

3wayで使えるショルダーバッグよりもスタンダードが旅行には重宝
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行に持って行くショルダーバッグは3wayよりもスタンダードタイプが重宝する』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅行に持参...

コメント