海外旅行ではショルダーベルトが取り外せるバッグは良くないのでは?

サブバッグ

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『海外旅行に持って行くバッグはショルダーベルトが取り外せるタイプは良くないのでは?』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行に持って行く貴重品収納のバッグ

旅行の貴重品を管理するバッグと言えば、ショルダーバッグが定番だと思います。サイズや種類も豊富にあるため、自分好みのバッグも見つかりやすいというメリットがあります。

また、楽しい旅行にはお気に入りのバッグを持って行きたい!という場合もあるため、自分の判断で選ぶのが良いと思います。

 

旅行のショルダーバッグ

ショルダーバッグも多種多様にあるため、旅行に適しているタイプもあれば、日常生活に適しているタイプもあります。

さらには、同じ旅行でも海外旅行国内旅行では事情も異なるため、貴重品を管理するバッグ選びは大切です。

 

トラベル・サコッシュ

旅行用に特化した薄マチのショルダーベルトの取り外しが行えるトラベル・サコッシュというタイプのバッグもあります。

薄マチにも関わらずファスナーポケットが多いのが特徴になります。メインルーム内にもファスナーポケットがある場合が多いため、旅行の貴重品を分散管理するのが容易になります。

また、スマートフォン用のポーチよりもサイズが大きいため、スマホの収納には適しています。旅行では頻繁に使う機会の多いスマホも必需品の1つでもあるため、サコッシュで一緒に管理できると便利です。

 

セキュリティポーチ

海外旅行にはセキュリティポーチと呼ばれる貴重品収納に特化した貴重品収納ポーチを持って行く人も多いです。このポーチには大きく分けて3タイプあるため、自分の好みによって好きなタイプを選ぶことが出来ます。

とはいえ、セキュリティポーチという名称にはなっていても実際に購入して届いた商品はただの貴重品ポーチのような感じだったということもあるため、購入する際は実物を確認した上で購入することが求められます。

このようなセキュリティポーチが販売しているのはネット通販が多いため、実際にはネットで商品の画像を見て購入する感じになってしまうのが実情です。

因みに旅行グッズを販売している店舗でも陳列されている場合があるため、実物はそのような店舗で確認するといったことも必要だと思います。

 

パスポートポーチ

お金やパスポートを収納するパスポートポーチと呼ばれる小さなポーチもあります。首下げ式のネックポーチタイプが多いのですが、正直のところ、セキュリティポーチと何が違うのかな?といった感じのバッグです。

セキュリティポーチの場合はスキミング対策も含まれている物もありますが、パスポートポーチにもスキミングに対応している物もあるため、名称が違うだけで実は同じ種類のバッグなのでは?という感じかも知れません。

 

海外旅行で3wayショルダーバッグは危ないのでは?

旅行に限らず通勤や通学等の日常生活でもそうなのですが、ショルダーバッグの中にはショルダーベルトを取り外せるタイプがあります。

2wayや3wayで使えるタイプのバッグに多いのですが、このようなバッグは海外旅行には不向きなのでは?と考えます。

 

ショルダーベルトの取り外しが出来るバッグ

3wayバッグやトラベルサコッシュといった場合に多いのですが、ショルダーベルトを取り外すことが出来るバッグがあります。

このようなバッグを海外旅行に持って行くとショルダーベルトとバッグ本体を接続する部分が狙われてしまうのでは?と考えます。

実際にはショルダーベルト側には樹脂製のフックタイプのバックルになっている場合が多いため、取り外そうと思えば簡単に外すことが出来るようになっています。

バッグの両端にバックルフックで接続してあるため、仮にドチラか一方のフックを外されてしまうとバッグが落下してしまいます。

 

ウェストポーチも海外旅行では危ない

樹脂製のバックルが付いているバッグといえばウェストポーチもあります。ウェストポーチ の場合は海外旅行に持って行くと、ウェストベルトのバックル部分が狙われやすいため、海外旅行には不向きなバッグとされています。

バックル部分が外されてしまった場合でもバッグが落下しない 又は 盗られない対策が施されているウェストポーチであれば、海外旅行に持参しても大丈夫ですが、そうでない場合は持って行かない方が賢明だと思います。

もっともウェストポーチの場合は、装着しているだけで、いかにも貴重品が収納されていますよ!とアピールしているような物なので、それだけで狙われてしまう場合もあります。

 

海外旅行に持参する場合は防犯対策を

海外旅行にショルダーベルトの取り外しが行えるタイプのバッグを持参するのであれば、ショルダーベルトの接続部分が簡単に取り外しが出来ないように何か対策を施す必要が有ると思います。

といっても、樹脂製のバックルフックの部分に対策を施すといってもどのような対策が行えるのでしょうか?

カラビナであればストッパー等が付いているタイプがあるため、カラビナを交換することで対策を行うことが出来ますが、樹脂製のバックルフックの場合はそうもいきません。

そうなって来ると、海外旅行に持って行く場合はショルダーベルトの取り外しが出来ないスタンダードタイプのショルダーバッグが良いのでは?

 

スポンサーリンク

 

ショルダーベルトが外せるサコッシュ

海外旅行に旅行用のサコッシュを持って行く人も居ると思います。空港でもショルダーバッグのように斜め掛けしている人をよく見かけます。シャツとジャケットの中間に斜め掛けしている感じです。

 

サコッシュは使い方によっては危ない

旅行用のサコッシュは海外旅行に持って行くと便利なグッズです。特にファスナーポケットが多いのと、頻繁に使う機会のあるスマートフォンの収納に適しています。

この旅行用のサコッシュもショルダーベルトというのか?ネックベルトと言えば良いのか?分かりませんけれどもバッグ本体と樹脂製のバックルフックで取り外すことが出来る場合が多いです。

シャツとジャケット等の中間で使うのであれば問題ないと考えますが、ジャケットの上 又は 羽織る物で隠さない といった利用の場合は、ちょっと防犯上の観点から危ないのでは?と考えます。

 

カラビナになっているタイプもある

サコッシュ本体とのショルダーの接続部分がカラビナになっている場合もあります。もし、このようなタイプの旅行用サコッシュでしたら、カラビナにストッパーが装着されているタイプに交換することをお勧め致します。もっとも交換するのであれば一緒にベルト幅が広いタイプにした方が良いと思います。

 

旅行用のサコッシュのベルトは幅が狭い

ネックポーチっぽい感じのショルダーベルトになっている場合が多いため、ベルト幅が狭いのが特徴の旅行のサコッシュですが、貴重品やスマートフォンを収納すると肩が痛くなってしまうのでは?

お財布200g、スマートフォン200g、モバイルバッテリー200gと仮定した場合、サコッシュの中身だけで600g程度になってしまいます。

これにサコッシュ本体の重量がプラスαされるため、ショルダーベルトの幅が狭いと肩への負担も大きくなってしまいます。

そうなって来ると、スマートフォンを収納できる場合でも貴重品収納に特化した方が良いのでは?と思います。

 

3wayで使えるショルダーバッグよりもスタンダードが旅行には重宝
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行に持って行くショルダーバッグは3wayよりもスタンダードタイプが重宝する』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅行に持参...

コメント