スマートウォッチLF27レビュー!iPad連携活用1.69インチ体温・血中酸素測定

スポンサーリンク
ガジェット

 

皆さん こんにちは!

スマートウォッチと言うと、スマホとペアリング設定して利用する場合が多いですが、iPadとペアリング設定できるスマートウォッチもあります。

このような場合では、iPadと連携活用できるため、iPadの活用の幅も広がる事になります。本来であればスマホの用途になるのですが、色々な事情でスマホと連携したくない場合もあります。

特に高機能なスマートウォッチの場合ではスマホと連携すると余計にBluetooth通信する場合が多く、バッテリーの消費も多くなってりするので、タブレット端末のiPadと連携した方が良い場合もあります。

今回の記事は『スマートウォッチLF27レビュー!iPad連携活用1.69インチ体温・血中酸素測定』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad連携活用できるスマートウォッチLF27

ipad Air 4とアプリ連携で利用できるスマートウォッチLF27の紹介になります。Androidスマホと連携しないでiPadと連携して活用しています。

スマートウォッチ LF27 仕様

画面  : 1.69インチ・タッチスクリーン
基本  : デジタルウォッチ
機能  : 体温測定、血中酸素濃度測定、睡眠管理、血圧・心拍数、運動管理
防水  : IP67対応、防水、耐衝撃、耐振動
言語  : 日本語対応
通信  : Bluetooth 5.0 、SNS連携
アプリ : 専用アプリ(FitCloudPro)をアプリストアで別途インストール

充電方法: USB充電ケーブルによるUSB充電
重量  : 33g

使用時間: 約5~7日(実際の使用状況で前後あり)

 

LF27付属品

① 専用USB充電ケーブル
吸着すると簡単には外れないぐらいに強力なマグネットが付いているUSB充電ケーブルです。

 

② 日本語の説明書
日本語に対応した説明書ですが、特に読まなくても大丈夫だと思います。

 

③ TPUベルト
ベルトは1組だけ付属。ベルトループは2つ付いています。色はブラック。

 

1.69インチ大画面なので見やすいのが特徴

スマートウォッチの画面は1.69インチの大画面であるため、パッと見した場合でも見やすい表示です。文字盤(ウォッチフェイス)の変更はウォッチ側では行わず、専用アプリのFitCloudProにて変更できます。

ちょっとサイズが大きい事もあり、分厚い感じになります。

 

スポンサーリンク

iPad連携活用できるLF27専用アプリFitCloudPro

スマートウォッチLF27専用アプリであるFitCloudProは、iPadでもペアリング設定して利用できる数少ないアプリの1つになります。アプリからiPadとスマートウォッチをペアリングできるので便利に使えます。

iPad連携でFitCloudProを使う場合

タブレット端末であるiPadでもペアリング設定して利用できるのですが、横画面表示に対応していないため、iPadで利用する場合は縦画面での使用となります。

iPad mini であればディスプレイサイズも比較的に小さいので縦画面表示で利用してもそんなに影響を受けませんが、10インチサイズのiPadで利用すると表示が大きくて良いんですけれども違和感があります。

Bluetooth連携で利用する事になるため、他のスマートウォッチを利用している場合では、上手く連携使用できない場合があるので、その場合は予め接続を切断しておいた方が無難です。

 

ホームで管理できる健康管理の項目

① 定期的な運動の管理
「1日の消費カロリー」、「1日に歩いた総距離」、「1日の目標歩数」を管理できます。とてもシンプルな表示です。

 

② 5種類の健康管理
体温、睡眠、心拍数、血圧、血中酸素の管理

 

FitCloudPro ワンタッチ測定

アプリを起動するとホーム画面が表示されますが、「体温、心拍数、血圧、血中酸素」の4項目をまとめて測定できる「ワンタッチ測定」機能が便利に感じます。

個別に測定する事もできるのですが、時間的に無駄が発生するので、必ずしも最適とは言い難いのが実情になります。健康的な生活をする上で、気になる4項目がまとめて測定できる機能があると重宝します。

 

ウォッチフェイス(文字盤)を変更できる

デバイスの中にあるウォッチフェイスを開くと、スマートウォッチのウォッチフェイスを変更できます。

たいていの場合では、ウォッチ側で行えますが、このLF27の場合は専用アプリであるFitCloudProから文字盤の変更が行える仕様なので、とても快適に変更できるのである。

というのも、iPadの大画面で色々と豊富に用意されているウォッチフェイスをどれにしようかな?といった感じで一覧で見ながら選択が行えるので便利です。

 

スポンサーリンク

スマートウォッチ LF27 初期設定レビュー

iPad Air 4 と FitCloudProによるアプリ連携でペアリング設定して活用しているLF27スマートウォッチの初期設定レビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

iPadスマホとペアリング設定できる

専用アプリのFitCloudProをインストールすることで、AndroidスマホやiPhoneだけでなく、iPadにもインストールする事ができるので、iPad連携活用したい場合に最適なスマートウォッチになります。

というのも、スマートウォッチの場合では基本的にスマホと連携できる場合が圧倒的に多いため、タブレット端末であるiPadは対応していない場合が多いです。

 

TPUベルトの装着作業は意外と大変

付属品のTPU素材のベルトをスマートウォッチ本体に装着する場合では、簡単に装着できないといった方が正解になります。

何故か?と言うと、ベルトと本体の間に隙間が有る仕様になっているので装着が意外と大変だからです。穴はよく見えているのにも関わらず上手く穴にカチッと装着できなくて、5分程度の作業時間が掛かりました。

筆者の場合は不器用なので5分程度も費やしてしまいましたが、手先が器用の方でしたら2~3分で作業が完了するのではないか?と考えます。

 

iPad Air 4 と LF27 ペアリング作業

iPad Air 4 とペアリング設定していますが、以前使用していたスマートウォッチT98活動量計のペアリングを解除しないとペアリング設定が行えませんでした。

この事に気が付くまでにちょっと時間を要したので、実際の作業は手こずったと思います。複数のスマートウォッチとペアリング設定が行えないみたいです。

 

スマートウォッチF18活動量計レビュー!体温・血中酸素1.69インチ大画面 Kyoka
皆さん こんにちは! iPad Air 4 で連携して利用する目的で、体温 及び 血中酸素測定に対応したスマートウォッチを新たに購入したのですが、iPadでは利用する事ができずスマホ連携での使用となります。 今回購入した...

1.69インチ LF27画面チェック

① メニュー画面
ウォッチ側のメニュー画面で、右にスワイプした場合の画面操作についての紹介になります。丸いアイコンでいくつも機能一覧が表示されるのですが、とても見づらいと感じます。

ウォッチ側で操作したい気分にならないため、ウォッチ側では何もしないで、いつも何かをする場合は専用アプリであるFitCloudProで行っています。

 

② 表示時間
ウォッチ本体の表示時間を設定変更できますが、その秒数が「5秒~9秒」なので、9秒に設定してもとても短いと感じます。

 

スマートウォッチ LF27 総合レビュー

ここでは、初期設定レビューの内容を省いた総合的なレビューについての紹介になります。レビューが長くなってしまったので2段階方式にさせて頂きました。

LF27 体温測定のレビュー

体温計で体温測定する場合では脇の下で測定しますが、スマートウォッチの場合では左右どちらか?の腕で測定するため、測定場所が異なります。

この状態で純粋な比較が行えないので、いったいどちらの測定が正しいのか?とても疑問に感じます。測定する場所が異なるので誤差が生じるのは理解できますが、どれほどの信用性があるのか?大いに気になります。

たぶん体温計が正しいと思います。

 

LF27 血中酸素濃度測定のレビュー

毎日のように欠かさず血中酸素濃度の測定を行っていますが、いつも同じ濃度測定になるので、本当に機能しているのかな?と思ってしまいます。

流石に何かおかしいのではないか?と感じまして、家族に協力してもらって測定してもらったら、何と毎日のように%が変わるので、ちゃんと機能しているみたいというのが判明しました。

とはいえ、あくまでも測定できる機能に過ぎないため、参考程度に利用するのが賢明の選択です。

 

LF27 装着感レビュー

ベルトループが2つ付属しているのは大変ありがたいのですが、実際に腕に装着してみると、いつの間にか動いてしまっているので、ちょっとイマイチに感じます。

どのように動くのか?と言うと、ウォッチ本体側ではなく留め具側のループがいつの間にか外れている 又は 外れそうになっている場合が多いです。

それもその筈で、隙間が広くなっているので、どうしても簡単に動いてしまうようである。もしかすると、筆者の腕が細いから、このように感じているのかな?とも考えられるので、ちょっと何とも言えないもどかしさといった感じです。