旅行に持参のSonyウォークマンNW-S315 16GBレビュー

Useful Goods 便利グッズ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『海外旅行に持参のSonyウォークマンNW-S315 16GBのレビュー』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LCCを利用して海外旅行する場合はエンタメが必要

LCCを利用して国内各地や海外に旅行する場合もあると思います。LCCを利用すると格安で海外旅行できるので助かるのですが、機内にエンタメ設備がないこともあり、暇で退屈な空の旅を満喫する事になります。

 

LCCにはエンタメ設備がない

LCCを利用して海外旅行する場合に困るのが機内の自分の座席周りにエンタメ設備がない事です。ハッキリ言って何もやる事がないという状況なので目的地の空港に到着するまでひたすら寝て過ごすのが賢明の選択になります。

とはいえ、そんなに都合よくずっと寝て居られるのか?というとそうでもなく、途中で起きてしまう場合や隣席の人がトイレに行く時に起こされてしまう場合もあります。

一度、目が覚めてしまうと残念ながら目を瞑ったとしても寝られるとは限らないですからその時点から暇で退屈な時間が始まってしまいます。

この暇で退屈な時間を快適に過ごすには暇つぶしグッズが必要になります。

 

エンタメグッズは音楽再生プレーヤー

飛行機の機内で快適に過ごす暇つぶしグッズは多種多様にありますけど、筆者の場合は色々と試した結果、お気に入りの音楽を聴いてリラックスな気分を満喫するのが一番最適な感じです。

当初はスマホにイヤフォンを装着して音楽を聴いていましたが、ちょっと不都合な事も発生したこともあり、Sonyのウォークマン(16GB)を購入しました。

 

Sony ウォークマン NW-S315

どうして16GBタイプであるNW-S315を購入したのか?というと、購入する直前までは普通に4GBタイプであるNW-S313を購入する気満々でした。それなのに買う直前になって4GBでは足らないかな?と思ってしまったのである。

 

NW-S315 基本情報

サイズ : 44.3mm × 94.6mm × 9.9mm
重量  : 53g
容量  : 16GB
再生時間: 音楽再生時間は最長で52時間

 

 

NW-S315(16GB)の 付属品

ノイズキャンセリング機能に対応したヘッドホン(イヤフォン)、イヤピース、USBケーブル

《補足》
ヘッドホンという名称にはなっていますが形状はイヤフォンといった方が正解なのではないか?と思います。

 

購入経緯

今までは確かに飛行機の機内でもスマホにお気に入りの曲を入れてイヤフォンを装着して聴いていました。

でも、フライト中ずっとスマホで音楽を聴いているとバッテリーも減ってしまうため、ちょっと宜しくないかな?という事に気がついたので購入した訳です。

購入した当時は、たったこれだけの理由で買ってしまったのである。その後に勿体ない事に気が付き、現在では外国語学習に活用しています。

 

スポンサーリンク

 

Sony ウォークマン NW-S315 16GBのレビュー

海外旅行に持参するSony ウォークマン NW-S315のレビューになります。あくまでも筆者が気になった事や感じた事などの感想になるため、参考になるのか?分かりません。

 

ウォークマン NW-S315 使い勝手

いつも海外旅行ではLCCを利用していますが、機内のエンタメ対策としてSony ウォークマンを利用しています。

機内でスマホにイヤフォンを利用して音楽を聴いても良いのですが、なるべくバッテリーは温存しておきたいのでスマホは利用しないでウォークマンを好んで使っています。

本体重量も僅か53gという圧倒的な軽さであるため、荷物になるといった感じではないのが良いところでもあります。

特に音楽再生だけでなくFMラジオを聴く事ができるため、利便性は高いと思います。ラジオ局の選局も上下のボタンをどちらかに長押しするだけで自動的にFMラジオ局を捕まえてくれるので、とても便利に利用する事ができます。

 

イヤホンはちょっと気になる

イヤフォンも付属していて助かるのですが、ちょっと耳が痛く感じる気がするので筆者の場合は耳に掛けるステレオヘッドホンを利用しています。

でも、耳に掛けるタイプは音漏れが気になるので飛行機の機内で音楽を聴く場合は音漏れに細心の注意を払って音量を小さめに設定しています。

 

外国語学習に最適

毎日の日常生活ではどのように使っているのか?というと、通勤時にも持参しますけど、外国語学習に活用しています。

ABリピート再生の機能があり、自分が集中的に聴きたい文章をリピート再生する事ができるため、外国語学習に最適の機能といった感じになります。

 

 

16GBも必要なかった

大は小を兼ねるとも言うため、筆者の場合は16GBタイプであるNW-S315を購入したのですが、外国語学習の用途がメインのため、16GBも必要なかったというのが率直な感想になります。

4GBタイプのNW-S313にしておけば良かったのかも知れません。

 

USB Type-C対応メモリー TEAM 64GB レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『USB-Type-C対応メモリー TEAM 64GB レビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 USBメモリーは仕事...

コメント