夏の台湾旅行は蒸し暑さ&冷房対策と紫外線UVカットグッズの持参を

台湾旅行情報

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『夏の台湾旅行では紫外線と暑さ対策が必要!UVカットグッズの持参を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

夏のシーズンに台湾旅行する場合の注意事項

夏の季節は美味しいフルーツも食べられることもあり、台湾旅行する場合も多いですが、この季節に旅行する場合は夏特有の注意事項があります。

 

吸汗速乾の衣類が必要

台湾の夏は湿度が非常に高いため気温以上に蒸し暑さを感じることになります。ちょっと動いただけで発汗してしまうため、吸汗速乾の衣類を旅行の着替えに持参するのが賢明です。

というのも、観光等で食事をする場合に立ち寄るレストラン等の店内は強い冷房が効いていることもあり、直ぐに汗が引っ込んでしまいます。

この時に着ている衣類が濡れている状態だと体調不良の原因にも繋がってしまうため、汗で濡れてしまっても直ぐに乾く吸汗速乾性のある衣類が求められます。

 

室内と外気温の温度差に注意

夏のシーズンは蒸し暑いこともあり、店内や鉄道バスの車内では強めの冷房が効いています。半袖シャツでは寒く感じることもあるため、羽織る物があると重宝します。

また、涼しい店内や乗物の車内から外に出ると蒸し蒸し感のある世界に飛び込むことになるため、身体に大きな負担を与えることになります。

室内と外気温の温度差にも注意を払う必要があります。

 

羽織る衣類は持参した方が良い

市内バスを利用する場合は特に感じるのですが、冷蔵庫に入っているような感じの涼しさといった車内空間になります。

半袖シャツだけではちょっと寒いといった感じになります。20分程度であれば大丈夫ですが20分以上乗車する場合は羽織る衣類があると助かります。

 

夏に台湾旅行する場合は紫外線と暑さ対策

夏のシーズンに台湾旅行する場合は室内と外気温の温度差にも注意が必要ですが、それ以上に注意しなければいけないのが紫外線と日焼け対策になります。特に日差しが強いこともあり何も対策をしないで旅行を楽しむのはリスクが高くなります。

 

熱中症への対策

台湾の夏は高温多湿の環境になるため、身体が適応できなくなる恐れがあります。適度に水分補給と塩分補給を行う必要があるため、経口補水液やスポーツドリンクといった飲み物の携帯が求められます。

また、日差しが強い時は観光スポット内にある施設の館内に入館して休憩も兼ねてのんびり見学するといった感じの方が良いと思います。

それも難しいのであれば市内アチコチにあるコンビニの店内に入ってイートインスペースで飲食も兼ねて休憩という選択も必要になります。

 

紫外線対策

天気の良い晴れの場合は日差しが強いです。このような日に帽子を被らないで外に出歩くのは危険です。旅行で訪れていることもあり、日差しが強い場合でもアチコチ出かけることになります。

このような場合に持参していると重宝するのが日傘になります。特に男性の場合は日傘なんてさしたくないと考えている人の方が圧倒的に多いですが、特に日差しが強い晴れ間は要注意になります。

とはいえ、日傘も万能ではありません。混雑している場所で使うことが出来ないため、帽子も必要になるのではないか?と考えます。

それに日傘の場合は突然の大雨に弱いですから晴雨兼用の折りたたみ傘があると便利です。

 

スポンサーリンク

 

夏に台湾旅行する場合はUVカットグッズの持参が必要

夏の台湾旅行では紫外線と熱中症、虫さされへの対策グッズが必要になります。パッキングする場合は忘れずに持参した方が賢明です。

 

晴雨兼用UVカット折りたたみ傘

夏の紫外線対策グッズであれば晴雨兼用UVカット折りたたみ傘があれば雨にも対応できて便利に利用できると思います。

持参するのであれば200g未満の軽量タイプが良いです。なるべく観光等で持ち歩く身の回り品は軽量であった方が良いので、晴雨兼用UVカット折りたたみ傘だったとしても軽量な物が良いです。

 

UVカットに対応した帽子

日傘をさすことが出来ない混雑している場所ではUVカットに対応した帽子があると重宝します。このような帽子であれば頭部への紫外線を軽減してくれるため、男性でも十分に検討の余地があると思います。

楽しい旅行だったとしても自身の健康には気をつけて楽しむことも必要になります。カッコ悪いとか見た目を気にするよりも健康を第一に考えた方が良いです。

 

UVカットに対応した衣類

男性の場合は日傘なんかさしたくないといった場合の方が圧倒的に多いため、UVカットに対応したパーカーがあると便利かも知れません。

パーカーであれば頭部も保護できますし、軽量なのでそんなに荷物にはならないのではないか?と考えます。

 

虫刺され、虫除け

虫さされの薬は必需品になりますが、蚊に刺されないように努力することも必要になります。特に台湾に住んでいる蚊は日本の蚊と比べると圧倒的に痒みが強いです。

日本の蚊の方が可愛い痒みといった感じなので、虫さされの薬も必要になります。特に蚊がいっぱい居そうな場所に観光で訪れる場合は蚊除けグッズも必要になるのでは?

 

台湾旅行の持ち物パッキングはLCCの機内持ち込み7.0Kg以内!
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行に持参する持ち物パッキングは出発時&帰国時もLCC(Peach)機内持ち込み7.0Kg以内に纏めて旅行しています。今回は実際に持参している旅行グッズ及びパッキングの紹介になります。』...

コメント