お土産台湾!黒糖薑母茶は風邪や咳対策の甘くて美味しい黒糖生姜茶

旅レポ台湾

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『台湾旅行で買うお土産の黒糖薑母茶は冬の寒いシーズンや風邪の症状の場合に飲みたい甘くて美味しい黒糖生姜茶』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行で買う黒糖生姜茶

台湾旅行ではグルメを堪能する場合も多いですが、旅行で購入するお土産も楽しみの1つになります。人によっても購入する商品は異なるので色々な興味深い商品がお土産として購入されるのではないでしょうか?

 

黒糖生姜茶は台湾に旅行したら買いたい飲み物

筆者の場合に限っていえば、パイナップルケーキの鳳梨酥よりも購入したい商品があり、毎回の台湾旅行では必ず購入して帰るという定番の商品になっています。

その商品は何なのか?というと、黒糖生姜茶になります。黒糖生姜茶は日本でも購入する事が出来ますが、筆者の場合に限って言えば、台湾の黒糖生姜茶が自分に合っているといった感じになるため、自分へのお土産として購入しています。

名称は黒糖生姜茶になっていますが、実際にはお茶ではなく、日本で言う黒糖が含まれている生姜湯といった感じの飲み物になります。

飲み物と言っても液体ではなく粉末になります。

 

台湾旅行で買うのは2種類の黒糖生姜茶

台湾旅行ではどこでお土産を購入しているのか?と言うと、台湾各地にあるチェーン店スーパーマーケットの全聯福利中心になります。

どうしてここで購入しているのか?というと、品揃えが豊富なので台湾土産になる商品を見つけやすいというのが理由になります。

お試しで購入してみて実際に食べてから判断する事も可能なので、旅行では旅のおやつを購入したり出来て意外と重宝しています。

全聯で購入する黒糖生姜茶は2種類あります。1つは10袋入の小さな箱に入った黒糖薑母茶、もう1つは内容量が500gの缶入の黒糖老薑茶になります。

 

黒糖薑母茶は甘くて美味しい黒糖生姜茶

今回紹介するのは10袋入の小さな箱(110mm × 80mm × 85mm)に入っている甘くて美味しい黒糖生姜茶の黒糖薑母茶になります。

 

 

黒糖薑母茶の特徴

黒糖薑母茶の特徴としては黒糖の甘さが強い生姜茶になります。本当に甘くて美味しいので、これを飲んでしまったら、他の黒糖生姜茶は飲みたくないと感じてしまいそうになります。

筆者の場合は、黒糖の甘さよりも生姜の辛さが強い方が好きなので、黒糖老薑茶を好んで飲んでいます。

では、どうして黒糖の甘さが強い方の黒糖薑母茶も購入しているのか?というと、親友や家族へのお土産になります。家族や親友は甘くて美味しい方が好きなのである。

 

黒糖生姜茶は風邪の症状時に飲みたい

どうして好んで購入しているのか?というと、ズバリ風邪や咳の症状の時に飲みたいからです。日本で購入できる生姜湯も風邪の症状に効果的とされていますが、あまり効果がないような気がします。

特にそのような感じるのは咳の症状になります。生姜湯を飲み続けたとしても咳は治らなかったような気がするのに対して、台湾旅行で購入する台湾の黒糖生姜茶の場合は効果があるような感じがするのです。

たぶん、個人差があるため、必ずしも皆さん同じように効果があるという訳ではないと思います。筆者の場合に限って言えば、たまたま自分には丁度良かったという事だと思います。

それに黒糖生姜茶といっても、黒糖の甘さが強いタイプ、生姜の辛さが強いタイプ、黒糖と生姜が丁度同じぐらいの配分等がありますから、どのタイプが自分に最適なのか?も判断材料になると考えます。

 

冬のシーズンに飲むのが丁度良い

基本的には風邪の症状の場合に飲んだ方が良い飲み物になりますが、真冬の寒い時期に身体を温めたいといった場合に飲むのに最適な感じです。

だからといって他のシーズンはダメなのか?というと、そうではなく、コーヒーのような嗜好品として飲むのも良いと考えます。

 

スポンサーリンク

 

黒糖薑母茶(黒糖生姜茶)のレビュー

黒糖の甘さが強くて美味しい黒糖薑母茶の食レポ(飲みレポ)になります。あくまでも筆者が実際に飲んでみて気になった事や感じた感想になるため参考になるのか?分かりません。

 

 

どんな味なのか?

どんな味なのか?と言うのが非常に難しいのですが、とにかく甘くて美味しいというのが正解になります。

確かに生姜も効いているのですが、生姜よりも完全に黒糖が勝っている状態になるので生姜の辛さを期待している人にとっては不向きになります。

甘くて美味しい飲み物が好きな人や子供が飲むのに丁度良いといった感じの美味しさと言った方が良いのかも知れません。

 

コーヒーカップに1袋は多いと思う

コーヒーカップに入れてお湯を注いで飲むのが推奨の飲み方になると思いますが、この通りに飲んでしまうと、糖分の摂り過ぎになってしまうのでは?と感じてしまうぐらいに甘くて美味しく飲む事が出来ます。

流石にこれはマズイのではないかな?と個人的に考えまして、筆者の場合に限って言えば、お茶の湯のみ茶碗で3〜4等分に分けて飲むのが良い感じである。

とはいえ、基本的には湯のみ茶碗にお湯を注ぐため、お湯の量が絶対的に少ないですから、3〜4等分しても十分に甘く感じます。

 

お土産台湾!黒糖老薑茶は冬の風邪や咳対策に飲む最適な黒糖生姜茶
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行で買う自分へのお土産でもある黒糖老薑茶のレビューになります。冬の風邪や咳対策にも効果のある黒糖生姜茶なので紹介したいと思います。』についての内容になります。 参考になるか?分か...

コメント