台湾旅行で台北や嘉義の故宮博物院の見学は持参するバッグに注意を

台湾旅行情報

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『台湾旅行で台北や嘉義の故宮博物院の見学は持参するバッグに注意を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行で故宮博物院を見学する場合もある

台湾旅行では台北に観光やグルメで訪れる場合が多いですが、故宮博物院といえば、先ず間違いなく台北に見学に訪れると思います。

 

故宮博物院は台北と嘉義にある

台湾旅行で故宮博物院を訪れる機会もありますが、旅行で訪れる場合は台北にある北院が圧倒的に多いと思います。

それもその筈で南院がある嘉義へは台湾新幹線の高鐵や長距離バスの客運を利用して移動する事になるため、旅行では好んでこの嘉義に行くのが好きという場合でないと行かない感じになります。

台湾の地方都市に旅行で訪れる日本人旅行者は圧倒的に少ないですから、どうしても南院には、あまり行かない感じになります。

でも、せっかく南北両院があるのですから、一度ぐらいは南北両院を訪れても良いのではないでしょうか?と思います。

 

南院でしか展示されていない物もある

白菜のように見える翠玉白菜や美味しそうなお肉に見える肉形石といった展示物は台北の北院ではなく、嘉義の南院に展示されているのです。

台北では写真等でしか見る事が出来ないので、実物を見たい場合は嘉義にある南院を観光で訪れるしかないのである。

そのため、故宮博物院を満喫したい場合は、嘉義の南院も訪れた方が良いという事になります。

 

台北の故宮博物院

台北にある故宮博物院を観光で訪れる場合はどうやって行けば良いのでしょうか?団体旅行であれば観光バスで連れて行ってもらえますが、個人旅行の場合では自分で行かないといけません。

 

 

台北の故宮博物院への行き方

台北MRT(淡水信義線)の士林站が最寄駅になります。

1番出口を出て真っ直ぐ歩くと中正路に出るので直ぐ右手にあるバス停から市内バスに乗車します。

故宮博物院に移動するバスの本数が多いので、そんなに待たなくても大丈夫です。

故宮博物院に向かうバスは815、300、304が最適になります。

というのも、士林站に戻る場合の事を考慮するとバス停が一番近い方が良い歩くのが少なくて良いからです。

 

バス停での注意事項

バス停の名称は、捷運士林站(中正)になりますが、ここでの注意事項があります。何と!ここにはバス停で待っている人を狙って商売を行なっている人がいるのです。しかも一人ずつ話しかけて来るのである。ちょっと鬱陶しいです。

 

故宮博物院の館内での注意事項

① バッグ
一番大きく関係する事になりますが、入館時のバッグの持ち込みは要注意になります。旅行ではリュックサックなどのバッグを持参している場合が多いですが、リュックサックやスーツケースといった大きめのバッグは持ち込み禁止になっています。

予め無料で利用する事ができるコイン返却式ロッカーに荷物を預ける必要があります。

 

② 食べ物や飲み物
館内に飲食物の持ち込みは禁止されています。違反すると入館拒否や館外への退出といった措置になるため、注意してください。

 

③ 写真撮影
展示物について写真撮影もOKなのですが、自撮りや三脚、フラッシュは厳禁になります。マナーを守って撮影するように心がけてください。

 

スポンサーリンク

 

故宮博物院にはショルダーバッグの持参を

台北と嘉義にある南北両院の故宮博物院の館内に入館する場合では、小さめのショルダーバッグを持参した方が良いです。特にリュックの場合は持ち込み禁止になっているため、ロッカー預ける必要があります。

 

A4サイズ未満のバッグの持参

故宮博物院のウェブサイトにはA4サイズを超えるバッグは持ち込み禁止と記載されているので、A4サイズ未満のバッグが求められます。

A4サイズ未満のバッグだったとしても係員が目視で判断している事もあり、拒絶される場合もあります。こればっかりは係員の指示に従うしかありません。

とはいえ、外国人旅行者の場合ではパスポートや貴重品、スマホなどの最低限持ち歩かないといけない物があるため、これらが収納できる小さめのバッグ(ポーチ)があると便利です。

故宮博物院の見学も計画している場合は、小さめのショルダーバッグを持参するようにした方が良いと思います。

 

無料のコイン返却式ロッカーに荷物を預ける場合

故宮博物院の入館時に係員が居るのですが、持参しているバッグが適切ではないと判断されるとロッカーに預けるように言われるので注意が必要になります。

この時の注意事項は、ロッカーになります。確かに無料でロッカーを借りる事が出来るのですが、一時的に10元玉が必要になります。

鍵の抜くタイミングだったか?ちょっと忘れましたが、10元玉を入れないと鍵が引き抜けなかったような気がします。

故宮博物院から帰る場合はロッカーの鍵を開けると10元玉が取り出せるようになっているので実質的に無料でロッカーを借りる事が出来るのです。

 

旅レポ台湾!台北の故宮博物院は景観と展覧品を楽しめる観光スポット
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行で台北の故宮博物院は館内の展覧数も多く見どころ満載でかつ、写真撮影もできる展覧物もあるので時間を気にせずに楽しめる観光スポット』についての内容になります。 参考になるか?分かり...

コメント