台湾桃園空港からバスで台中へはubus統聯客運1623路線で移動

台湾アクセス

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾桃園国際空港から台中への移動は高速バスの統聯客運(ubus1623)を利用して移動するのがお得』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾桃園国際空港から台中駅に行く方法

台湾桃園国際空港から中部の台中市に移動するにはMRTと台湾新幹線を利用して移動した方が早く到着することが出来ますが、鉄道バスを含めて乗り換えが2〜3回程度になる場合が多いです。

でも、高速バスで移動すれば運賃も安く乗り換えなしで市内中心部にある台中駅に到着することが出来ます。

 

台湾桃園空港から市内中心部の台中駅に移動する方法

① 桃園空港MRT+台湾新幹線+台湾鉄道
桃園空港の各ターミナルに桃園機場捷運(MRT)の駅が有ります。桃園MRTに乗り、高鐵桃園站(新幹線の桃園駅)に移動し、新幹線に乗り換えて高鐵台中駅に行きます。

 

《台湾鉄道を利用する場合》
徒歩で新烏日駅に行き、台鐵の區間車(各駅停車)に乗って台中駅に行く必要があります。
新烏日駅は高鐵台中駅と繋がっているため、同じフロアから移動することが出来ます。

中央の改札口から新烏日駅に移動する場合はタクシー乗り場とは反対側の出口を見た上で、左手に歩いて行ってください。そうすると、丸亀製麺のお店が左側に見えます。道なりに真っ直ぐ行くと新烏日駅の改札口があります。

 

《市内バスを利用する場合》
高鐵台中駅から路線バスに乗り換えて行く方法も有ります。この場合は、高鐵台中駅の1階にバスターミナルが有るため、エスカレーター又は階段で1階に降りる必要があります。

※ 台中市においては、市内バスを悠遊カードで利用すると、10kmまで無料で乗ることが出来ます。

個人的には黄色のバスの158號がお勧めですけど、お好みで良いと思います。

 

② 客運(高速バス)
各ターミナルに客運のバス乗り場があります。チケット売り場で高速バスのチケットを購入して指定のバスが来たら、荷物をバスのトランクに入れて乗車します。

台鐵台中駅までの所要時間は2時間半ぐらいです。

※ ubsu統聯客運(1623)の運賃は片道300元 (2019年4月現在)

 

スポンサーリンク

桃園空港から台湾鉄道の台中駅へは高速バスの客運で移動

台湾中部にある台中に行く場合は台湾新幹線を利用して行くのが早くて快適に移動することが出来ますが、乗り換えが必須になってしまいます。

でも、高速バスならば乗り換え不要で台中の中心部にある台中駅に到着することが出来ます。しかも運賃は新幹線を利用した場合に比べると約半分に近いです。

高速バスでの移動がオススメ

台湾新幹線を利用した方が短時間で台中に到着することが出来ますが、市内中心部にある台湾鉄道の台中駅に行くには乗り換えが必要になります。

台湾桃園空港から市内中心部の台中駅に行くまで桃園空港MRT・台湾新幹線・台湾鉄道を乗り継いで行くことになります。

乗り換えが必要になるということは、乗り換えに要する待ち時間も発生します。上手く連携することが出来れば、短時間で台中駅に到着することが出来ますが、連携が上手くいかないと20〜30分は待ち時間になってしまうのでは?と考えます。

そういった面を考慮すると、高速バスの場合は約2時間半の時間が必要になりますが、乗り換え不要で市内中心部にある台中駅にアクセスできるので良いと思います。

 

高速バスを利用して台中に行く場合

① 運賃
鉄道を経由して台中市内の台中駅に行く場合ですと、合計で約580元かかります。それに引き換え高速バスの場合ですと片道300元 (統聯客運)です。

 

《鉄道の片道運賃の内訳例》
桃園空港第1ターミナル→高鐵桃園站 25元
高鐵桃園站→高鐵台中站 540元(自由席の場合は 520元)
高鐵桃園站(新烏日)→ 台鐵台中站 15元

 

② 台中への所要時間
鉄道を経由して台中市内の台中駅に行く場合の所要時間は約70分+乗り継ぎに掛かる時間となります。乗り継ぎが上手くいけば短時間で移動できますが、うまく乗り継ぎ出来ない場合は待ち時間も多くなります。

それに引き換え、高速バスの場合だと約2時間15分〜30分程度であるため、短時間で行きたいという場合は台湾新幹線を利用した方が賢明です。

 

高速バス(客運)の車内

① 高速バスの椅子は快適
台湾新幹線の座席は快適ですが、MRTの椅子は硬くて座っても快適とはいえません。それに引き換え、高速バスの場合は台湾新幹線の座席よりも劣りますが、それなりに柔らかいです。

 

② 車内は強めの冷房に注意
高速バスの場合、車内は強めの冷房が効いているため、とても寒いです。羽織る物やポケッタブルジャケットなどの衣類は必須です。2時間半もの長い時間を羽織る物なしで過ごすのは健康によくないです。

 

統聯客運(ubus 1623)をお勧めする理由

國光客運でも統聯客運でもドチラでも良いです。筆者の場合は、いつも緑色の統聯客運(ubus)を利用しています。

桃園機場の第1ターミナルから高速バスのチケットを買う時に、直ぐ手前にチケット売り場があるため、チケットを買い易いという感じです。

理由はそれだけではありません。24時間運行を行っているため、夜中に台湾に到着した場合でも利用することが出来ます。

但し、統聯客運の場合は、15時以降と0時台は本数が1本しか有りませんから注意が必要です。

 

 

高速バスのご利用する場合

① 臺中轉運站
終点の台中駅に到着した場合、降車場は國光客運臺中車站の建物に裏手になります。ちょうど建物の北側に位置したところです。建物は台中駅の直ぐ隣なのですが、大通りの建國路に出てしまうと台中駅まで遠回りになってしまうため、素直に Google map を見ながら移動した方が良いです。

 

② チケット購入
日本語には対応していないので中国語会話が必要です。但し、メモに書いてお金を手渡せば、チケットを購入することが出来ますから、そんなに敷居は高くないと思います。

請到台中車站的車票 とメモに書いてお金と一緒に手渡しすればチケットを購入することが出来ます。

 

③ バスの出発時刻
手渡されたチケットには出発時時刻にを付けてくれるため、その時間に合わせて乗車してください。