台湾旅行の持ち物!スマホのモバイルバッテリーは使わないけど必需品

台湾旅行の持ち物

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『台湾旅行にはスマホのバッテリーも持参していますが、1〜2回ぐらいしか使った事がありません。それでも必需品の1つとして持参するようにしています。』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行に持参するモバイルバッテリー

筆者の場合は、いつも3000mAh以上のバッテリーを搭載したスマホを購入するようにしています。どうしてか?というと、台湾旅行に持参するスマホも兼ねるため、丸一日ぐらい使っても問題ないようにしたいからです。

 

バッテリー容量の多いスマホ

3000mAh以上のバッテリーを搭載していれば、旅行中のスマホは丸一日ぐらい持つのか?といえば、持たないと思います。

特にGoogle map でGPS機能を利用する場合ではバッテリーの消費が多くなるため、多用する場合は心もとないと言った方が正解になります。

スマホでGoogle map を利用すれば旅行中に迷子になってしまった場合でも自力でどうにか迷子を脱出する事も可能になるため、迷子対策で持参するのも良いと思います。

 

Google map を利用する場合は必需品

筆者の場合は過去1回だけGoogle map をオモイッキリ台湾旅行で利用した事があります。直ぐにバッテリーが消費してしまって、流石にこの時はモバイルバッテリーで充電しながら利用するという展開になりました。

どうして使ったのか?というと、迷子ではないのですが、鉄道駅から市内バスで宿泊先に戻る場合に最終バスが終わってしまって徒歩で帰るというまさかの展開になりました。

この時は45分程度歩いて無事に宿泊先に到着できたのですが、モバイルバッテリーを持っていて助かりました。

昼間と異なり夜なので方角を頼りに歩っても迷子になるだけなので、Google map が利用できて良かったです。

 

台湾旅行ではモバイルバッテリーを使わない

台湾旅行にはスマホのモバイルバッテリーも持参するのですが、何と筆者の場合は何回も台湾旅行しているのにも関わらず、モバイルバッテリーを使ったのは1〜2回程度になります。

 

実際の台湾旅行では使う機会が少ない

台湾リピーターなので海外旅行といえば台湾にしか行かないといった感じになります。

どうしてスマホのモバイルバッテリーを使う機会が少ないのか?というと、充電できるスポットが多いというのが理由の1つになります。

筆者の場合は羽田空港から台湾桃園空港に行くのですが、羽田空港のベンチにはスマホを充電できるコンセントやUSBポートが設置されているため、航空会社のチェックイン前 及び 出国エリア内でも満充電にする事が出来ます。

台湾に到着後では、既にスマホのバッテリーは満充電状態になっているため、宿泊先のホテルに到着するまで余裕で持ちます。

観光旅行中の場合でも鉄道駅では充電スポットが用意されている場合もあります。

 

モバイルバッテリーを使うのは困った時

台湾の地方都市に観光で訪れると、路線バスによっては最終のバスが21時で終わりという場合もあります。このような場合に遭遇してしまうと、最悪の場合、歩いて宿泊先に戻る事になります。

このような場合に遭遇すると、Google map の位置情報を利用して歩く事になるため、モバイルバッテリーが必要になります。

 

大容量バッテリーは必要ないのでは?

いつも思うのですが、大容量バッテリーなんて必要ないのではないか?と思ってしまいます。スマホのモバイルバッテリーの場合、ハッキリ言って筆者の場合は使う機会が少ないのでスマホを丸1回分充電する事が出来る容量で問題ない筈です。

それなのに毎回10000mAhのモバイルバッテリーを持参している状態になります。この理由は単純に新しく購入するのは勿体ないので、とろあえずバッテリーが劣化するまで待つ事にしているだけです。

日常生活においても筆者の場合はモバイルバッテリーをあまり使わない事もあり、使う機会が少ないのに新しく購入しても意味がないと考えています。

疑問に思っていても台湾旅行には大容量バッテリーを持参しています。

 

スポンサーリンク

 

台湾旅行でモバイルバッテリーを使わないのに必需品

台湾旅行では、あまりモバイルバッテリーを実際にあまり使った事がありません。それなのに毎回のように必ず持参する必需品でもあります。あまりと言う事は使う場合に迫られる事があるのです。

 

旅行で使う機会が少ないのに必需品

もう何回も台湾に旅行していますが、台湾旅行に持参するグッズの中で一番使った事がないグッズがスマホのモバイルバッテリーになります。

確かに1〜2回は使った事があるのですが、その程度でほぼ全くと言って良い程それ以降は使った事がないです。

それなのに毎回のように必ず持参する理由は何なのか?というと、スマホの充電忘れや停電、災害対策 及び Google map対策になります。

海外旅行の場合では何が起こるか?分からないですし(市内バスの最終が終わって歩いて帰る羽目になる場合も台湾旅行で実際に経験済み)、それなりに対策だけは行なっておいた方が良いと考えているため、とりあえず全く使わなくても持参するようにしています。

 

あくまでも保険の意味あいで持参

旅行中にスマホの充電をし忘れてしまうというまさかの展開はまだ一度も経験がないのですが、アチコチ歩きまくって疲れきった状態で宿泊先に戻って来た場合は、シャワーを浴びたらバッタン休になってしまう可能性が高いです。

この場合では十分にスマホの充電のし忘れという展開も否定できません。そのため、このようなまさかの展開への備えとして、とりあえず持参という感じになります。

自分は大丈夫と思っていても、そのような状況に巡り会ってしまった場合は十分に考えられるため、否定する事が出来ません。

自分でもこの件に関して言えば、このパターンは認めている状態(想定範囲内)なので実際の旅行で使わなくても持参した方が良いと考えています。

 

小型2ポート大容量モバイルバッテリー10000mAhのレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行に持参している小型2ポート大容量モバイルバッテリー10000mAhのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅...
台湾旅行の持ち物!軽量な晴雨兼用のUVカット折りたたみ傘を持参
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行に持参する折りたたみ傘は軽量で晴雨兼用のUVカットに対応』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾旅行では使わな...

コメント