台湾旅行の持ち物!3泊以上の旅行では2泊3日の着替え衣服の持参で対応

バッグの中身・持ち物
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

台湾に限った話ではないですが、宿泊を伴う旅行では着替え衣服も持参する必要があります。この場合では宿泊日数分の着替えを持って行けば良いので特に考える必要はないです。

でも、実際には考えてしまうんですよね~。出発日や2日目・3日目は何を着る?といった感じで、着て行く服装も含めて考える必要があるため、簡単そうで実は簡単ではない悩みも発生したりします。

さらには飛行機を利用する事になるため、規定の荷物の重量に抑える必要がありますから、オーバーしていたりすると軽量化へのチャレンジが待ち受けていたりします。

これがなかなかどうして?といった感じで意外と難しいのである。

今回の記事は『台湾旅行の持ち物!3泊以上の旅行では2泊3日の着替え衣服を持参』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行の持ち物について

ここでは、台湾旅行に持参する持ち物についての内容になります。基本的には4つのカテゴリに分けられると思います。

スーツケースでパッキング?

台湾旅行する場合では、着替え衣服を収納するバッグはスーツケースなどのキャリーバッグが多いのではないでしょうか?というのもキャリーバッグの場合では移動も楽ですから便利に感じます。

でも、このように考えるのは旅行先が台北高雄といった大都市に旅行するのではないかな?と個人的に考えます。

何故か?というと、地方都市に旅行する場合では必ずしもスーツケースで旅行するのが最適とは感じないからです。

宿泊する場所が何処なのか?によってもパッキングするバッグは臨機応変に変更した方が良いと思います。因みに筆者の場合は30Lバッグパックで台湾旅行のパッキングをしています。

 

着替え衣服も必要

宿泊を伴う旅行の場合では着替え衣服も必需品の1つに数える事ができます。特に着替え衣服は旅行に持参する荷物の中で一番面積が広くて、一番重たい荷物に該当しますから超重要になります。

たいていの場合では宿泊日数分の着替え衣服をスーツケースにパッキングすれば良いので、旅行中にどのような衣服を着るのか?を考えるだけで良いと思います。

持参する衣服は着替えだけではありません。特に10月頃に旅行する場合では季節の変わり目に該当するため、帰国後の寒さ対策も必要になります。

長袖シャツやユニクロのウルトラライトダウンも必要になるのでは?と考えます。

 

必需品(お金、貴重品、スマホ)

① パスポート、パスポートのコピー、旅程(チケットも等)
② 日本円、前回両替しないで残っている台湾元
悠遊カード(台湾の交通系ICカード)
④ クレジットカード
⑤ 帰国便が欠航になってしまった場合の予備のお金
⑦ SIMフリーのスマートフォン、モバイルバッテリー

 

便利グッズ

旅行に持参すると便利に感じるグッズというのは人によっても異なると思います。自分が最適に感じるグッズを旅行の持ち物として持参するのが賢明の選択になります。

但し、旅行便利グッズというのは、有れば便利に感じるけれども、無くても困らないグッズに該当します。

このようなグッズはアレコレ持参するのではなく、厳選した方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

台湾旅行の着替え衣服は宿泊日数分を持参する?

台湾に限った話ではないですが、宿泊を伴う旅行では着替え衣服も旅行の持ち物に含まれます。

宿泊日数分の着替え衣服を持参する?

宿泊を伴う旅行では着替え衣服も必需品になりますが、この場合では宿泊日数分の着替え衣服を持参するのか?それとも宿泊日数分に着替え衣服は持参しないのか?という選択を行う必要があります。

たいていの場合では宿泊日数分の着替え衣服を持って行く選択になるのですが、LCCを利用して海外旅行する場合では全ての荷物を機内に持ち込むパッキングをする場合もあります。

このような場合では、宿泊日数分の着替え衣服を持参すると確実に重量オーバーになる場合もあります。必要に応じて臨機応変に持ち物の軽量化に努力する事になります。

一番良い方法は、前回持参した旅行の持ち物で雨具を除いて、他のグッズは持って行かないようにするといった感じ。流石に雨具は使わなくても必要に感じます。

 

着替え衣服は一番重たい荷物&サイズ

旅行に持参する着替え衣服の場合は、注意事項があります。それは、持ち物全体の中で一番面積が広くて一番重たい荷物なので、程々に持参するようにした方が良いのではないか?という部分。

特に、パッキングするバッグのサイズを一回り大きくしてしまうと、今度はまだ入る!といった感じになるため、余計に何かを収納する展開になったりします。

これでは軽量化できないと思います。

 

宿泊日数分の着替え衣服を持参する場合のデメリット

ここでは、宿泊を伴う旅行に持参する着替え衣服で宿泊日数分を持って行く場合のデメリットについての内容になります。

デメリット①「軽量化が難しい」

宿泊日数分の着替え衣服を旅行に持参する場合では、旅行の持ち物を軽量化できません。

微々たる軽量化はできるのですが、500g~1Kgという単位で軽量化するのは難しいのではないか?と考えます。

 

デメリット②「スーツケースやバッグのサイズ」

宿泊日数分の着替え衣服を持参する場合では、パッキングするスーツケースやバッグに収納できない場合もあります。

この場合では一回りサイズの大きいバッグで出掛ける事になります。この選択もどうかな?と個人的に考えます。

その理由としては、特にスーツケースの場合では活用方法が限られてしまうので買うのはリスクを伴います。レンタルも検討した方が良いと考えます。

 

3泊以上は2泊3日分の着替え衣服+洗濯グッズ

ここでは、3泊4日以上の旅行では、洗濯グッズを持参すれば2泊3日分の着替え衣服で対応できるについての内容になります。

3泊以上の旅行では2泊3日の着替え衣服で十分

どうして3泊以上の宿泊をするのにも関わらず、2泊3日の着替え衣服しか持参しないのか?と不思議に感じるかも知れませんが、例え1週間の旅行だったとしても基本的には2泊3日分の着替え衣服で十分に対応できます。

その理由としては、洗濯グッズを持参して、宿泊先で洗濯するからです。これならば十分に回転させる事ができるため、特に問題ありません。

それに、出発時に着て行く服装も含めれば3泊4日分の着替え衣服になります。

そのため、基本的には宿泊日数分の着替え衣服を持参しなくても良いのではないか?と個人的に考えます。但し、出発時に着て行く服装は注意も必要になります。

何に注意するのか?と言えば、アイロン掛けが必要な衣服ではダメです。形状記憶素材の衣服やシワになっても問題ない服装がベストに感じます。

 

台湾旅行に持参の洗濯グッズ

台湾旅行に持参する洗濯グッズは5点になります。ハンガーは持参しなくても良いのでは?と思うかも知れませんが、筆者の場合はホテルに宿泊ではなく、民泊なのでハンガーは用意されていないのである。

【持参する洗濯グッズ】
① 折りたたみハンガー
② トラベルピンチハンガー
③ 洗濯洗剤
④ 洗濯ひも
⑤ 洗濯ピンチ

 

旅先で洗濯しても良い場合に限定の方法

あくまでも旅行でも洗濯しても良いよ!と考えている場合に限定される方法になります。

というのも、どうして楽しい旅行なのに毎日の日常生活と同じように洗濯しないといけないのか?と考える場合も有ります。

この場合は間違いなく逆効果でかつ、疲れやストレスも溜まります。そのため、旅先でも洗濯しても問題ないよ!と考えている場合に有効な手段となります。

旅先で洗濯するメリットもあります。旅行から帰って来たら洗濯地獄が待っていますが、洗濯して綺麗な衣服を持って帰る事ができるので洗濯地獄にはならないと思います。

 

台湾旅行の荷物は預ける?機内持ち込み?

ここでは、台湾旅行に出かける前に、着替え衣服を収納したスーツケースなどのバッグは空港で預けるのか?それとも機内に持ち込むのか?についての内容になります。

荷物を預ける場合

出発時の空港でスーツケースなどの着替え衣服を収納してあるバッグを預けた場合では、到着後の空港で荷物を受け取る必要があります。

この場合では、プライオリティタグがあれば荷物の受け取りも楽ですが、これが無い場合では、いつ流れて来るのかな?と一喜一憂しながら待ちくたびれる事になります。

これでも問題ないのであれば、特に別の対策などは必要ありませんが、時間ロスはあまりしたくないと考えている場合では、別の方法(全ての荷物を機内に持ち込む)を検討した方が良いです。

 

飛行機の機内に持ち込む場合

到着後の空港で荷物を受け取る場合では、プライオリティタグの有無が重要になります。この有無によって、到着後の空港で荷物の受け取りの手間が変わってきます。

プライオリティタグが無い場合では全ての荷物を機内に持ち込むパッキングという対策方法が利用できます。

但し、この場合では、各航空会社が定める手荷物規定(航空会社によっても異なる)を遵守する必要があります。

その上で、全ての荷物を機内に持ち込むパッキングを行えば問題ありません。飛行機の機内に持ち込める合計重量は7.0Kg以内になっている場合が多いです。

でも、これは航空会社の手荷物規定によっても異なるため、事前に確認する必要があります。利用する航空会社のホームページにある手荷物規定で確認します。

 

着替え衣服の軽量化は重要

旅行に持参する着替え衣服を軽量化できるのか?できないのか?はとても重要になります。何せ、着替え衣服の場合は、旅行の持ち物の中で一番面積が広くて一番重たい荷物に該当します。

もし、軽量化できるのであれば、全ての荷物を機内に持ち込むパッキングも可能になるため、到着後の空港で預け荷物を受け取る際に感じる手間も必要ありません。

但し、デメリットも有るので実際にこの選択を行う場合では検討も必要です。