台湾旅行の持ち物!桃園空港でプリペイドSIM買う為SIMピン持参

台湾旅行の持ち物

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『台湾旅行に持参する持ち物で忘れてしまいがちになるのがスマホのSIMピンになります。桃園空港でプリペイドSIMを購入しているため、SIMピンも必需品になります。』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾桃園空港で購入するスマホのプリペイドSIM

台湾旅行の場合では、いつも台湾桃園空港を利用するのですが、空港到着後に入国手続を終えて迎賓ロビーに出る前に両替を済ませてから、携帯電話会社のカウンターでスマホのプリペイドSIMを購入しています。

 

台湾桃園空港でプリペイドSIMを購入

台湾旅行中のインターネットはスマホのプリペイドSIMを利用しています。ネット通販でも購入する事が出来ますが、筆者の場合はネット通販は利用しないで台湾桃園空港で購入しています。

何故か?というと、桃園空港の携帯電話会社のカウンターで購入した方がお得だからです。ネット通販で台湾のSIMを購入する場合では面倒な設定等を自分で行う必要があります。

でも、台湾桃園空港の携帯電話会社のカウンターでプリペイドSIMを購入する場合では、全部まるごと全て行なってくれるので、スマホを返却してもらった時は既にネットが接続できる状態になっています。

待っている時間もそんなに掛からないので、ストレスに感じる事もありません。

 

フリーWI-FIサービスは不便

プリペイドSIMを買わない場合では、itaiwan などの無料で利用できるWI-FIサービスを利用する場合も有ると思います。

台北駅を中心に旅行するのであれば、WI-FIサービスでも良いかも知れませんが、筆者の場合はそんなに便利に感じた事はありません。

以前、1回だけ itaiwan に登録して利用したのですが、筆者の場合は不便だったのを記憶しております。それ以来、無料で利用できるWI-FIサービスは利用していません。

 

モバイルWI-FIルータは不要

プリペイドSIMを購入しない場合ではモバイルWI-FIルータという方法もあります。プリペイドSIMの場合では中国語 又は 英語が出来ないと購入できない場合が多い感じがするのでちょっと敬遠気味になってしまう場合があります。

このような場合に便利なのがモバイルWI-FIルータになります。日本で旅行に出発する前に受け取って、帰国後の空港ポスト投函で返却する事が出来る便利なレンタルサービスになります。

でも、料金に限って言えば、プリペイドSIMの方が安いです。モバイルWI-FIルータの場合だとSIMよりも重たいですから、必ずしも良い選択とは限らないのも事実です。

とはいえ、最終的には自己判断で決める事になるため、よく検討した方が良いと思います。

 

台湾桃園空港でプリペイドSIMを購入する場合

台湾の空港でプリペイドSIMを購入する場合では、いくつか注意事項があります。注意事項といってもSIMフリースマホという部分だけになります。

 

SIMフリースマホが必要

プリペイドSIMを購入する場合に必要になるのがSIMフリーに対応したスマートフォンになります。SIMロックされているスマホの場合は利用できないので要注意です。

購入する時に必ず店員さんが、このスマホはSIMフリーなのか?聞いて来るので、言われる前に先に言うか?聞かれたら言うか?の2択になります。

 

シングルSIMスロットの場合

台湾旅行に持参したスマホがシングルSIMの場合では、SIMピンが必要になります。SIMピンを持参しないと困ってしまう場面に遭遇するため、必ず持参した方が良いです。

デュアルSIMに対応したスマホの場合は必要ないのか?というと、必要だと思います。基本的には、もう1つの空スロットがあれば、そこに日本のSIMを入れてくれるのですが、外されてしまう場合もあります。

 

クレジットカードは利用できない

台湾の空港でプリペイドSIMを購入する場合では現金で購入になります。クレジットカードで購入する事は出来ないので、必ず先に両替を済ませてから購入してください。

 

スポンサーリンク

 

シングルSIMの場合はSIMピン必須

筆者のスマホは Google Pixel3aXL であるため、シングルSIMスロットになります。シングルSIMの場合はプリペイドSIMを購入すると、帰国後の空港でSIMピンが必要になります。

 

SIMピンが必要になるのは帰国後の空港のみ

スマホのSIMピンを台湾旅行に持参した場合に何処で使う機会があるのか?というと、ズバリ帰国後の空港になります。

スマホには台湾のSIMが挿入されているので、日本に到着後は台湾SIMを取り出して、日本SIMに入れ替える必要があります。

これが出来ないと、空港のフリーWI-FIを利用する事になりますが、フリーWI-FIでは利用できないサービスもあるため、不便に感じる場合も多いと思います。

 

SIMピンは忘れがちになる

旅行の荷物の中で一番小さくて軽量なSIMピンになりますが、小さいがゆえに持って行くのを忘れてしまうというまさかの展開になりやすいのも事実になります。

パッキングする前までは確かに頭の隅に入っているのですが、こんな物が必需品になるのか?といった感じで、うっかり忘れてしまう事もあります。

筆者の場合は毎年のように台湾旅行をしていますが、SIMピンを持参するを忘れて、台湾で2回ほど購入しています。

 

スマホがデュアルSIMでもSIMピンは持参

やっぱり、台湾の国際空港でプリペイドSIMを購入する場合は、デュアルSIMデュアルスタンバイに対応しているスマホを持参した方が良いかも知れません。

と思ってしまう場合も多いですが、ところがどっこい、そうでもないのです。以前筆者はデュアルSIM対応のAndroidスマホを台湾旅行に持参しましたが、プリペイドSIMを購入する場合に、日本のSIMを取り外されて手渡しされた事があります。

これでは何の為にデュアルSIMスマホを持参したのか?といった感じになります。結局のところ、デュアルSIMスマホの場合でもSIMピンは持参した方が良いという事になります。

軽量コンパクトなので持参しても荷物にならないと思いますから、素直に持って行った方が良いグッズになります。

 

台湾旅行の持ち物!夜市や食べ歩き観光の必需品はポケットティッシュ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行で夜市や食べ歩き 又は 観光での必需品はポケットティッシュ(ウェットティッシュも含む)』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。...

コメント