台湾旅行の持ち物!秋10月はユニクロのウルトラライトダウン持参

台湾旅行の持ち物

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『秋の10月に台湾旅行をする場合はユニクロのウルトラライトダウン・パーカーを持参』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

10月の台湾はまだ夏のシーズン

いつも10月前半に台湾旅行をしていますが、旅行期間中は夏真っ盛りといった感じの気温になっています。稀に初冬のような気温も経験していますが、防寒対策も行なっているため、対応できています。

 

台湾の10月は夏

10月に台湾旅行する場合では、夏の着替え衣服を持参した方が良いです。というのも、台湾はまだ夏といったシーズンになるので十分に暑いです。

旅行で訪れる場合では台北のある北部と高雄のある南部といった地域では温度差があるため、一律的に同じ気温という訳ではありません。

それに稀に冬のような寒い日もあるため、寒さへの備えも必要になります。特に風も冷たく日差しが出ない雨といった天候の場合では半袖シャツだけでは寒く感じます。

何か羽織れる衣服を持ち歩いているのが賢明の選択になります。鉄道やバスといった交通機関を利用する場合では強めの冷房が効いていることもあり、寒く感じる場合もあるため、羽織れる衣類は必須になります。

 

台湾は夏でも日本に帰国すると寒い

10月といっても前半と後半では気温も異なるのですが、台湾は普通に夏のような暑さの場合が多いため、持参する着替え衣服は半袖シャツを持参して問題ありません。

台湾は夏のような暑さでも、日本に帰国時も暑いという訳ではないため、秋のシーズンに台湾旅行する場合は夏〜初冬の着替えが必要になります。

というのも、帰国時に羽田空港の朝5時台といった時間帯に空港リムジンバスを利用する場合では、朝の冷え込みがキツイので半袖シャツの上にポケッタブルパーカーを着ていても耐えられないです。

暖かい中間着が欲しいでしょう。

 

LCCで台湾から帰国は朝晩の寒さに注意

LCCを利用して台湾旅行する場合では日本に帰国時に注意が必要になります。何に注意するのか?というと、到着時間によっては深夜といった時間帯になるため、朝晩の気温への備えになります。

 

LCCで台湾から帰国の場合

台湾からLCCを利用して日本に帰国する場合では必ずではないのですが、利用する飛行機の到着時間によっては深夜の時間帯になる場合があります。

仮に深夜の時間帯に空港に到着した場合では空港に乗り入れている鉄道や空港リムジンバスといった交通機関は既に営業が終了になっている場合があります。

このような場合では翌朝の始発電車を利用する事になるため、空港内で仮眠等をして過ごす事になります。

空港内は空調が効いている事もあり、夏のシーズンだったとしても意外と寒く感じるため、秋の季節の場合では出発時よりも寒く感じると思います。

 

空港リムジンバスを利用して帰る場合

特にバスのチケットセンターが営業を開始するのは朝の5時という時間帯になります。この時間帯にチケットを購入してバス乗り場に移動すると寒いです。

台湾からの帰国の場合では半袖シャツという場合も多いですが、10月といったシーズンでは朝晩は冷え込みがキツクなるため、半袖シャツだけでバス乗り場でバスを待つのは苦痛になります。

機内防寒のジャケットを持参していれば大丈夫と思っているかも知れませんが、ジャケット衣類の下が半袖シャツでは早朝の時間帯は耐えられないと思います。

機内防寒のポケッタブルジャケットで対応するのであれば、少なくとも下に着る衣服は長袖シャツが賢明の選択になります。

でも、長袖シャツだと台湾旅行の最終日は暑くて大変といったパターンも珍しくないため、半袖シャツの方が良さそうに感じます。

 

スポンサーリンク

 

ユニクロのウルトラライトダウンを持参

別にウルトラライトダウンではなくても良いのですが、ポケッタブル仕様の防寒着は何かしら台湾旅行に持参した方が良いです。

 

機内防寒として利用しても良い

秋の季節の場合ではウルトラライトダウンを飛行機の機内で着用する防寒ジャケットとして利用しても良いと思います。

飛行機によっても異なるのですが機内が暖かい場合もあるので必ずしも最適な選択とは限りません。

でも、台湾旅行に持参しても旅行中は全く使わないで、実際に使うのは帰国後の自宅への移動時のみというのも、どうなのかな?といった感じになります。

 

使うのは帰国時のみ

10月の台湾旅行では、いつもユニクロのウルトラライトダウンパーカーを持参していますが、実際に使っているのは台湾旅行中ではなく、日本に到着後になります。

筆者の場合は機内防寒としては利用していません。機内防寒は防水仕様のベンチャージャケットを着用しているため、ウルトラライトダウンは空港に到着時のみ着用になります。

どうしても帰国時の服装としては半袖シャツになってしまうため、羽田空港内を半袖シャツで翌朝5時まで過ごすのは心細いです。

いつも半袖シャツの上に中間着としてウルトラライトダウンパーカーを着て、さらにその上に防水仕様のポケッタブルパーカーであるベンチャージャケットを着用しています。

これでやっと丁度良いといった感じになります。

 

台湾旅行の持ち物!ポケッタブルパーカーは防水ベンチャージャケット
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行に持参しているポケッタブルパーカーはノースフェースの防水対応ベンチャージャケット』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 ...

 

コメント