台湾桃園空港から台湾各地の移動は格安で快適な高速バス客運が魅力的

台湾旅行情報

 

皆さん、こんにちは!

台湾旅行する場合では、台湾の空の玄関口である台湾桃園国際空港を利用する場合が多いと思います。

そこで今回は、台湾桃園国際空港から台湾各地への移動では、格安運賃で快適な高速バスの客運を検討してみては如何でしょうか?という紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾桃園国際空港からの移動に利用する交通機関

台湾の空の玄関口である桃園空港に到着したら、宿泊先のホテルに移動する事になると思います。この場合ではどの交通機関を利用しているのでしょうか?

高速バスで台湾各地に移動

各ターミナルにはバスターミナルがあるため、高速バスの客運を利用して台湾各地に移動する事も出来ます。

チケットを購入する場合ではカウンターで購入したり、チケット券売機も利用できます。

 

MRTも利用できる

各ターミナルの地下には桃園MRTの駅が設置されているため、台北や台湾新幹線の桃園駅に移動する事ができます。

この場合に有ると便利なのが台湾の交通系ICカードである悠遊カードになります。特に外国人の場合では自動券売機で切符を購入するのが難しく感じる場合が多いです。

そんな時は、Suica や Pasmo と同じように利用できる悠遊カードが便利です。到着ロビーのフロア内にある電子票證聯合服務でも購入できます。

また、Amazonや楽天市場などのネット通販でも購入できます。

 

スポンサーリンク

桃園空港から台湾各地に移動する場合

桃園空港から台湾各地に行く場合では、どっち方面に移動するのか?によっても、どの交通機関を利用した方が最適なのか?変わってきます。

新竹に移動する場合

新竹市に移動する場合では、桃園市内バスで台湾鉄道の桃園駅に移動して、鉄道(區間車)に乗り換えるのが最適になります。

特急電車の自強號に乗り換えても良いですが、區間車との時間差は18分程度なので、特急電車を利用しなくても良いと思います。

因みに、台湾鉄道の桃園駅から新竹駅までは各駅停車の區間車で55分になります。

 

台中に移動する場合

桃園空港から台湾中部の台中市に移動する場合ではMRT+台湾新幹線の高鐵 及び 高速バスの客運の2択になります。

どっちの方法が最適なのか?は個人差があるため、一概には何とも言えません。というのも、台湾新幹線の台中駅と市内中心部にある台湾鉄道の台中駅が離れているからです。

台湾鉄道に乗り換えが必須になるため、必ずしも最適とは限りません。しかも次の列車がやって来るまでの間隔も長いですから、待ち時間も考慮しないといけません。

時間は掛かっても良いので乗り換え不要で台中駅に移動したいのであれば高速バスが最適になります。

 

台南や高雄に移動する場合

桃園空港から台南高雄に行く場合では、MRTで高鐵桃園站に移動した上で、台湾新幹線の乗り換えて移動するのが最適です。

台湾鉄道の特急電車高速バスという選択肢も有りますが、乗り換えに手間取る場合や移動時間も考慮する必要があるため、必ずしも最適とは言い難いです。

 

桃園空港から台湾各地に移動は高速バスが魅力的

桃園空港から台中や台南などの各地に移動する場合では、台湾新幹線よりも高速バスで移動した方が良いと思います。

 

高速バスを利用するメリット

高速バスを利用する利点は何があるのか?というと、格安運賃で目的地まで移動する事が出来る 及び 快適に移動できる の2点が挙げられます。

桃園空港から台湾各地に移動する場合ではMRTと台湾新幹線を利用するパターンが多いと思います。この組み合わせの場合では、それ相応の運賃になってしまうので交通費も増えてしまいます。

それに対して、高速バスの客運の場合では、移動時間は最長な代わりに、座席が新幹線並みに快適な場合が圧倒的に多いです。

 

高速バスを利用するデメリット

高速バスを利用して移動する場合のデメリットは、ズバリ移動時間になります。台湾新幹線の高鐵と比較すると圧倒的に時間を要します。

最短移動しなくても問題ないよ!という場合でない限り、魅力的に映らないかも知れません。

特に旅行では短期決戦の場合が多いですから、少しでも早く目的地に移動したいものです。この場合では高速バスよりも台湾新幹線の方が最適だと思います。

 

高速バスの客運がオススメ

桃園空港から台湾各地に移動する場合では、移動時間が多く掛かるのがデメリットになりますが、それでも高速バスの客運がオススメになります。

何故か?というと、台湾新幹線の高鐵を利用する場合では、宿泊先のホテルの最寄駅に移動するまで最低2~3回の乗り換えが必要になります。

それに対して、高速バスの場合であれば1~2回の乗り換えで済む場合が多いからです。特に外国人旅行者の場合は右も左も分からない行きなれた土地ではないですから、乗り換えは少ない方が良いと思います。

 

高速バスの客運は格安運賃で快適だけど注意も必要

高速バスの魅力は、何と言っても魅力的な格安運賃でありながら、座席がフカフカしていて居心地が良いので思わず寝てしまう快適さに尽きます。

旅費の節約に繋がる

海外旅行している時点で、旅費の節約を考えるのはどうかな?と思いますが、それでも多少なりとも費用を安く抑えて、余った費用を次回の旅行に充当する場合も有ると思います。

この場合では、旅費節約も考慮する必要があるため、高速バスの選択は理に適っています。台湾新幹線を利用しない選択も魅力的になります。

 

快適だけど、ケースバイケースなのが実情

高速バスを利用して移動する場合では、必ずしも最適という訳ではありません。どういう意味なのか?というと、あくまでも最適に感じるのは乗り換えなしで移動する場合に限ります。

1つの路線で移動する事が出来る場合が最適という事になります。これはどういう事なのか?というと、直通で目的地に移動できると思いがちになりますが、実は乗り換えが必要な場合があります。

その1つの例を挙げると、桃園空港から嘉義に行く場合では台中(台中車站 or 朝馬)で乗り換える必要があるのです。

そのため、必ずしも高速バスが最適に感じるとは限らないのである。

 

車内冷房に注意

高速バスで目的地に移動する場合では、真夏でも冷房に要注意となります。日本の交通機関の場合では弱冷房の場合が多いと思います。

それに対して台湾の場合は強い冷房になっている場合が多いですから、出発して30分も経過しない内に車内温度が一気に冷えて来ます。

半袖シャツだけでは寒くてブルブル震えてしまう展開になりやすいのが実情になるため、何か羽織れる衣類を持参するのが賢明の選択になります。