台湾で買う自分への土産は全聯福利中心の黒糖老薑茶(黒糖生姜茶)

台湾旅行情報

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『台湾で買う自分への土産は全聯福利中心の黒糖老薑茶(黒糖生姜茶)』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行で買う自分へのお土産

台湾旅行ではお土産は購入しないで美味しい台湾グルメを満喫するといった楽しみ方もありますが、それだけでは満足できず、美味しい台湾土産を購入する場合が多いです。

自分へのお土産は台湾のスーパーで買う

毎回の台湾旅行では、ほぼ必ずと言って良いほど台湾土産を購入しています。台湾旅行中に美味しいグルメを食べて満足する旅行も有りですけど、それだけでは物足らないといった感じで、家族と自分へのお土産を購入しています。

家族へのお土産は定番中の定番であるパイナップルケーキの鳳梨酥をお土産専門店で購入していますが、自分へのお土産だけは台湾のチェーン店スーパーである全聯福利中心で購入しています。

チェーン店スーパーで買うメリットは色々ありますが、チェーン店なので、どのお店に行っても定番の商品を簡単に見つけることが出来るのが最大の利点になります。

 

自分へのお土産は何を買っているのか?

自分へのお土産はパイナップルケーキの鳳梨酥黒糖老薑茶(黒糖生姜茶)を購入しています。この2つさえあれば満足といった感じです。

方塊酥というビスケットのお菓子も購入することがあります。プラスチックの容器に入っているお菓子で、ある程度の数量が入っています。

いつもパイナップルケーキでも良いのですが、たまには別のお菓子も食べたくなるものです。そういうこともあり、この3種類が自分へのお土産として定番になっています。

 

スポンサーリンク

自分へのお土産は全聯福利中心の黒糖老薑茶(黒糖生姜茶)

自分へのお土産として購入する黒糖老薑茶は美味しい黒糖生姜茶になります。いつも購入してうるのも缶に入っているタイプになります。

自分へのお土産は黒糖老薑茶(黒糖生姜茶)

以前は黒糖生姜茶は2種類購入していたのですが、ここ最近は缶入りの黒糖老薑茶に一本化されています。黒糖薑母茶という名称の10袋入でも良いのですが、こちらのタイプは甘さが際立つのです。

それに対して黒糖老薑茶の方は生姜の辛さが勝っている感じなので、どちらかというと自分には黒糖老薑茶の方が合っている感じというのに気が付きました。

そういうこともあり、チェーン店スーパーの全聯福利中心では黒糖老薑茶を好んで購入するようにしています。

 

黒糖老薑茶の飲み方(筆者の場合)

プルトップ缶なので缶切り不要で開封することが出来ます。缶の中には専用スプーンが入っていますが、この付属スプーンは使っていません。

レギュラーコーヒー等で使うスプーン軽く1杯をお茶の湯のみに入れて、お湯を注いで飲むといった感じになります。

どうして付属スプーンを使わないのか?というと、ただでさえ生姜の辛さが勝っているのにサイズの大きいスプーンで入れて飲むと美味しく飲めません。

色々と試行錯誤を繰り返した結果、レギュラーコーヒーで使うスプーンが丁度良いということが判明したのです。これはあくまでも筆者の飲み方になるため、付属のスプーンで飲んでも構いわません。

 

風邪や咳の症状に効果が期待できる台湾の黒糖生姜茶

台湾旅行の自分へのお土産として好んで購入する黒糖老薑茶は台湾の黒糖生姜茶でもあります。黒糖と生姜は風邪や咳の症状に効果が期待できる成分なので筆者はこれを信じて、風邪や咳の症状への緩和といった対策に利用しています。

黒糖老薑茶を好んで購入する理由

台湾旅行の自分へのお土産として購入する黒糖老薑茶ですが、毎回の旅行では2缶購入しています。自分へのお土産で2缶購入する理由は、2回必要になる場面が訪れるからです。

1回目は11〜12月になると風邪が流行します。この季節に風邪の予防も兼ねて飲み始めます。11月初めに飲み始めた場合は年末頃に飲み終わります。

2回目は花粉症の季節になります。筆者の場合は花粉症の季節に咳を伴う風邪を引くと咳喘息になってしまうので、咳喘息にならないように予防を兼ねて飲み始めます。

 

風邪対策として

11月後半から12月といったシーズンになると風邪が流行します。風邪が流行すると体調不良にも繋がるため、要注意の季節になります。

この季節に飲む飲み物として黒糖老薑茶を好んで飲んでいます。黒糖や生姜は風邪や咳の症状に効果が期待できるとされているので、身体の免疫力アップに繋がります。

冬場の風邪対策として、黒糖老薑茶を利用しています。

 

咳や咳喘息への対策として

花粉症の季節に咳を伴う風邪を引くと必ずと言って良いほど、咳が残ってしまって咳喘息と診断されます。

咳喘息になってしまうと、軽く1〜2ヶ月程度、喘息治療薬の吸引器やホクナリンテープといった治療薬が処方されます。これらの喘息治療薬は確かに効果があって効くのですが、完治するまでに2〜3ヶ月程度の時間が掛かってしまいます。

そのため、咳喘息にならないようにするにはどうすれば良いのか?を考慮した結果、咳の症状が出始めた時に黒糖生姜茶を飲んで対策しようと考えました。