出張に持参のスーツケースはPC収納に便利なトップオープン型が最適

旅行バッグ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『出張に持参のスーツケースはノートPC収納&取り出しに便利なトップオープン型が最適』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

宿泊を伴う出張の場合ではスーツケースを持参

出張では日帰りとは限りません。宿泊を伴う出張もあります。このような場合では海外旅行で利用する小さめなスーツケースを持参する場合もあります。

 

宿泊を伴う出張の場合

宿泊を伴う出張では海外旅行で利用する機会のある小さめの機内持ち込みタイプのスーツケースを持参する事もあります。

機内持ち込みに対応したスーツケースの場合では軽量でかつコンパクトな事もあり、移動時も楽なのが特徴になります。

とはいえ、サイズ的には小さい部類に該当するため、全ての荷物を機内に持ち込むスタイルの旅行でない限り、このようなキャリーバッグは利用しないのではないか?と思います。

宿泊を伴う出張がある仕事を持っている場合では、旅行に&出張に使えて便利ばバッグになります。

 

ワイシャツケースは大きい

宿泊を伴う出張の場合はでは着替え衣服も必要になりますが、出張の場合はではビジネス・スーツで出かける場合が多いため、ワイシャツを持参する事になります。

ワイシャツの場合だと、簡単にシワが付きやすい衣類になるため、シワにならないように専用のワイシャツケースに収納して持ち運ぶ必要があります。

だからと言ってワイシャツケースを通勤用のバッグに収納すれば問題ないという訳ではないため、ビジネス。スーツ等を持ち運ぶのに適したバッグがあった方が最適になります。

そのようなバッグといえば、旅行で利用するスーツケースが最適になります。

 

出張に最適なスーツケースはトップオープン型

出張に持参するスーツケース は小さめの機内持ち込みに対応したタイプであれば何でも良いのか?というと、基本的には何でも良いという事になります。

これはその人が求める事が何なのか?によっても左右される部分になるため、一概には何とも言えません。

 

出張時は移動中に仕事をする場合あり

出張の移動中には、新幹線などの鉄道の車内でノートPCなどを取り出して仕事のチェックをする場合もあります。

取り急ぎの案件があったりする場合では移動中ものんびり出来るといった状況ではないため、移動中に少しでも多くの仕事を準備しておくといった事も必要になります。

このような場合に困るのが、ノートPCの取り出し&収納になります。ソフトスーツケース の場合であれば、フロント側にポケットが付いている場合がありますが、それでもノートPCの収納には適していません。

TSAロック付のファスナーから取り出すには広い場所で横向きにして取り出す必要があります。それを鉄道の車内では出来ないですから、ノートPC専用のバッグも持参するパターンになってしまいます。

 

トップオープン型は便利

出張用のスーツケースにはトップオープン型があります。トップオープン型とはどのようなタイプなのか?というと、あえて説明する必要もないですが、スーツケース の上部にファスナーポケットが装備されているタイプになります。

メインファスナーポケットの他に ノートPCなどのグッズを収納&取り出しが行える構造になっているタイプになります。

このようなタイプは横向きにしなくても、上から必要な物を取り出す事が出来るので鉄道の座席に座った状態で行えるようになります。

出張の多いビジネスマンにも強い味方といった感じのスーツケース になります。

 

スポンサーリンク

 

出張時はPCの収納&取り出しが便利の方が良い

出張時に持参するスーツケースの場合では、スーツケースを持ったまま取引先に出かける場合も十分にあります。このような場合でも便利なトップオープン型が最適のように感じます。

 

スーツケースのまま取引先に行く場合もある

遠方への出張では移動日も設けてある場合がありますが、そのまま直接取引先に出向く場合も当然の事ながらあります。

このような場合に取引先でノートPCを取り出す場合に広い場所でスーツケースを横向きにしてガバッと開けるというのは見っともないです。

トップオープン型ではない場合では、仕事用のバッグにノートPCを収納する事になってしまいます。この場合では2つの分けてバッグを持参する事になるので疲労も増えてしまう事になります。

可能ならば、仕事用のバッグはスーツケースの中に収納して持ち運びたいものです。

 

トップオープンのスーツケースは出張に最適

取引先に直接出向く場合の出張でも便利に利用できるのがトップオープン型のスーツケースになります。

このタイプであれば手提げタイプの仕事用バッグを収納して持ち歩く事も可能ですし、そのような事はしないで、これ1つでも十分に有りだと思います。

とはいえ、取引先の別の拠点に出向く場合もあるため、そのような場合では身軽に動ける仕事用のバッグがあると助かります。

そのような場合でも十分に対応できるのがトップオープン型になります。

 

スーツケースを機内に持ち込む場合は対応したキャリーバッグの持参を
皆さん こんにちは! 今回の記事は『機内に持ち込む場合では機内持ち込みに対応のスーツケース購入を』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 国内や海外旅行に利用す...

コメント