バッグパックとの併用に適したチェストバッグはリュック取付ポーチ

サブバッグ

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『バッグパックとの併用に適したチェストバッグはリュック取付ポーチ』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

バッグパック(リュック)との併用に適したバッグ

バッグパックは生活でも旅行でも便利に利用することが出来ますけど、1つだけ不便なこともあります。それは頻繁に使う機会のあるスマートフォンとの連携になります。スマホとの連携を上手くするには併用できるバッグも必要になります。

 

リュックのショルダーに取付するポーチ

旅行でも必需品でもあるスマートフォンはリュックとの連携がよくないですが、リュックのショルダーに装着できるポーチがあると連携がよくなります。

但し、全てのリュックがスマホとの連携が上手く行くとは限らないため、装着するポーチは少なくとも選ぶ必要があります。

特に装着する位置によっても左右されるため、両肩に近い部分に装着すれば逆に取り出しや収納が悪くなるため、装着したからと言って必ずしも便利とは限らないのが実情です。

そのため、もしこのようなポーチを装着するのであれば自分にとってのベストポジションで装着できるように工夫も必要になります。

 

ボディバッグ

リュックよりも小さいワンショルダーバッグのボディバッグもリュックとの併用に最適ばバッグでもあります。

特にボディバッグの場合はショルダーバッグと異なり、身体と密着することが出来るため、移動中にバッグが動いてしまうというようなことはありません。

また背中掛けや前にあ斜め掛けすることも出来るため、リュックを背負っている時は前に掛けてスマートフォンの取り出しも容易に行えます。

スマホとの連携を考慮するのであればボディバッグも十分に検討の余地があります。

 

チェストバッグはトレッキング等の山歩きに重宝

トレッキングなどの山歩き時に持って行くと重宝するのがウェストポーチやチェストバッグになります。このようなバッグがあればスマートフォンは勿論のこと、貴重品も収納することが出来るので重宝します。

 

ウェストポーチはリュックとの併用でも便利

ウェストポーチはリュックとの併用が行えます。特にウェストポーチの弱点でもあるバックル装着部分がリュックに隠れることになるので防犯性が高まります。

その反面、バックル部分がリュックとサンドイッチになってしまうため、ボディバッグのように斜め掛けしている時はバックル部分が当たってしまって痛くなる場合もあります。

そのため、バッグパックとの併用を行うのであればお腹側に巻いて利用する方法が最適になります。この位置であればスマホだけでなく、お金などの貴重品の収納や取り出しもベストなポジションであるため、便利に利用することが出来ます。

 

チェストバッグはリュックとの併用に最適

リュックとの併用であればトレッキング等の山歩きで重宝するチェストバッグも魅力的です。チェストバッグの場合、下胸とお腹の上部付近にバッグを装着することになるため、取り出しや収納が容易になります。

おそらく、この位置はどのようなリュックだったとしてもベストポジションになるのではないか?と考えます。

特に収納や取り出しが容易になればなるほど快適になりますし、貴重品の管理を手元で行うことが出来るのは助かります。

 

チェストバッグのデメリット

チェストバッグは貴重品やスマートフォンといった小物の収納に適していますが、デメリットもあります。

先ず、旅行ではこのようなバッグを利用している人を見かけません。ショルダーバッグやショルダーポーチを併用している人の方が圧倒的に多いです。

それだけでなく、移動時もボンボンボンボンといった感じで着ている服と当たって音がします。これは大した音ではないので特に気にする必要はありません。

 

スポンサーリンク

 

チェストバッグはリュック取付ポーチでもある

バッグパックとの併用に最適なバッグでもあるチェストバッグはリュックに取付して使うバッグでもあります。

 

リュックとの装着

リュックとの装着はショルダーのチェストベルト付近にあるバックルに装着するタイプが多いです。この付近にフックバックルを装着することが出来ない場合はバックル付ベルトを通して装着するといった感じ。

着脱はバックルで行うことが出来るため、便利なのですが、個人的な感想を言えば、4箇所を着脱するのは面倒です。

 

2〜3wayで利用できるチェストバッグ

旅行では1つの用途で使える物より2〜3通りで利用することが出来るグッズがあると重宝しますが、チェストバッグにも2wayタイプもあります。

2wayで利用することが出来れば、着脱時には観光用サブバッグとして使うことも可能になるため、このようなタイプのチェストバッグならば重宝します。

但し、2wayタイプの場合はバックル部分にショルダーベルトを装着するタイプが多いため、海外旅行には不向きだと思います。

というのもバックル部分が狙われやすいです。ウェストポーチが海外旅行には不向きと言われるのもこのためです。

 

クイックポケットMはリュック取付よりもショルダーポーチで利用を
皆さん こんにちは! 今回の記事は『リュック取付ポーチのグレゴリークイックポケットMはショルダーバッグとして使うのが最適』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 ク...

コメント