海外旅行でカリマーリュックのイクリプス27利用はサブバッグ連携を

旅行バッグ

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『海外旅行でカリマーのイクリプス27を利用する場合はサブバッグとの連携必須』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

カリマーのイクリプス27リュックについて

カリマーのイクリプス27は軽量でかつ分厚いショルダーのリュックになります。重たい荷物を背負っても分厚いショルダーのお陰もあり、両肩への負担も軽減してくれるため旅行のリュックとしては申し分ありません。

 

イクリプス27の基本的な装備

① サイズ&重量&容量
サイズ: 490mm 330mm 280mm
重量 : 760g
容量 : 27L

 

② ファスナーポケット
メインルーム、オーガナイザーポケット、フロントポケット

 

③ PC収納ポケット
メインルーム内にノートPC用の収納ポケットを装備

 

④ 基本装備
大きなサイズの持ち手、チェストベルト、着脱可能なウェストベルト、コンプレッションベルト、両サイドにペットボトルを収納できるポケット、分厚いショルダー

 

 

とても軽量で快適なリュック

何と言ってもリュックの本体重量が760gという軽さであるのにも関わらず、分厚いショルダーを装備しているため、荷物を背負っていても両肩への負担の軽減に繋がります。

旅行では色々とアレコレ収納してしまいがちになるので持ち物はなるべくコンパクトにまとめたいです。仮に軽量でまとめることが出来た場合に肝心要のバッグが重たいと意味がないため、イクリプス27のような軽量なリュックがあると重宝します。

 

イクリプス27リュックを海外旅行で使う場合

海外旅行にクリプス27をメインバッグとして利用する場合はショルダーバッグなどのサブバッグが必須になります。特にリュック1つで旅行するといった場合は注意が必要になります。

 

どうしてサブバッグが必須になるのか?

イクリプス27の本体外側にはメインルームの他にオーガナイザーポケットやフロントポケットといったファスナーで開閉できるポケットがありますが、バッグの内部にはこのようなファスナーポケットがありません。

海外旅行ではお金やパスポート、スマートフォンといった貴重品を分散管理する必要があるため、メインルームやオーガナイザーポケットの内部にファスナーポケットが装備されていないと厳しいです。

そのため、リュック1つで海外旅行といった場合では貴重品等を管理するショルダーバッグなどのサブバッグが必須になります。

 

リュック1つで旅行に行く場合の対策

イクリプス27の本体内部にはファスナーポケットがないため、鍵などの無くしてはいけない物をを管理するのが不向きです。

このような身の回り品は別のバッグで管理するのが賢明です。でも、これでは2つのバッグを常に持ち歩くことになるため、スマートな旅にならない場合もあります。

そのため、気の利いたポケットがあるポーチ等をバッグインバッグとして活用するのが良いと思います。

この用途であれば、空港や飛行機の機内では身の回り品を収納するショルダーポーチとして利用することが出来ますし、リュック内部のファスナーポケットとしても機能することが出来るため、一石二鳥になります。

 

スポンサーリンク

 

イクリプス27はサブバッグとの連携利用が最適なリュック

リュック本体内部に気の利いたファスナーポケットがないこともあり、旅行のメインバッグとして利用するのが厳しい感じのリュックになります。でも、サブバッグと連携して利用した場合は快適に使うことが出来るバッグでもあります。

 

どのバッグと連携するのが最適なのか?

国内旅行ではサブバッグと連携しなくても特に問題はありませんが、海外旅行となると話は別になります。

特に海外旅行では日本と同じ 又は それ以上の治安状況とは限らないため、少なくとも貴重品に限らず盗難対策が必要になります。

自分ではそんなに価値がない小物類だったとしても狙われてしまう場合もあるため、防犯対策は疎かに出来ません。

それなのに、リュックの内部にファスナーポケットが無いイクリプス27を海外旅行に持って行くのは、ちょっと厳しいため、気の利いたポケットが充実しているサブバッグが必須になると思います。

 

スマートに連携するならサコッシュバッグが最適

スマートに連携したいのであれば、旅行用のサコッシュが最適だと考えます。サコッシュであれば薄マチでもありますし、気の利いたポケットが充実しているため、バッグインバッグとしても活用することが出来ます。

バッグインバッグの用途であれば、必要に応じてショルダーポーチとしても利用することが出来るため、最適のように感じます。

でも、ショルダーベルトの取り外しが行えるタイプは安全性に疑問が生じます。プラスチック製のバックルやフックといった接続具で着脱できる物はある意味、誰でも簡単に着脱できてしまうため、そんなに防犯性は高くないのでは?と感じてしまいます。

 

最適な連携バッグはショルダーバッグ

海外旅行に限っていえば、ショルダーベルトの取り外しが行えないスタンダードタイプのショルダーバッグが最適な連携バッグだと考えます。

 

カリマー軽量リュック&分厚いショルダーのイクリプス27レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『軽量でショルダーが分厚いカリマーのリュック(イクリプス27)のレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 カリマーのイクリ...

コメント