Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

腰当て付ウェストベルトのバッグパックは防災の非常持ち出し袋に活用

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『腰当て付ウェストベルトのバッグパックは防災の非常持ち出し袋に活用』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

腰当て付ウェストベルトのバッグパックの使い道

腰当て付ウェストベルトのバッグパックは登山や旅行以外の用途ではあまり使い道がないため、自宅で眠っている場合が多いです。何か別の用途で使うことが出来れば良いのですが、大した用途がないのが実情です。

 

鉄道での通勤や通学のバッグには不向き

ウェストベルトがないリュックの場合は通勤や通学で利用している人も多いですが、腰当て付ウェストベルトが装備されたバッグパックを通勤等で利用している人は少ない感じです。

自転車やバイクで通勤している場合であればしっかり腰をホールドできるため、向いていますが、鉄道やバスといった交通機関を利用する場合の通勤には向いていません。

ウェストベルトを着脱 又は 収納することが出来るのであれば問題ないのですが、腰当て付の場合は着脱が行えないため、日常生活の用途ではウェストベルトが邪魔な感じです。

特に電車の椅子に座る場合は網棚の上に載せる必要がありますし、そのまま足元に置いてしまうと両隣の人の足に腰当てが当たってしまったりすることもあります。

 

自転車やバイクでの通勤では使える

自転車やバイクといった通勤では、バッグパックの荷物が左右に動いてしまうとバランスが悪くなるため、ウェストベルト付のバッグパックは重宝します。

急な雨といった場合では専用のカバーがないと濡れてしまうため、予め常に携帯しておく必要があります。

でも、レインスーツの上から背負ってしまうとリュックが濡れてしまうため、リュックを背負ったままレインスーツを着れるようにした方が良いのかも知れません。といった悩みも発生するのでは?

 

バッグパックは防災の非常持ち出し袋に活用が最適

腰当て付ウェストベルトのバッグパックの日常生活での使い道は自転車やバイクといった交通手段での用途ならば便利に使うことも可能になりますが、それ以外の用途では正直のところ、もしもの災害時の非常持ち出し袋として活用するのが良いかも知れません。

 

防災の非常持ち出し袋に活用

もしもの自然災害への備えとして防災の非常持ち出し袋の代わりとして活用するのが最適な感じです。この用途の場合は最低限必要なグッズを詰め込んでおく必要があるため、重量が重たくなってしまう場合が多いです。

腰当てが付いていないリュックの場合だと、重たくなってしまうと腰を痛めてしまう可能性があるため、あまり重たい荷物を収納するのに向いていません。

それに対して、腰当て付ウェストベルトのバッグパックでは、バッグが重たくても腰をガードできるため、腰を痛める心配が軽減されます。

但し、火に弱いため、火災等には不向きだと思います。火災以外の自然災害への対処バッグとして活用するのが賢明です。

 

非常食の保管場所に活用

非常持ち出し袋の用途の派生型としても使えると思います。防災グッズの非常持ち出しではなく、非常食を保管するバッグとして活用するのが賢明かも知れません。

非常持ち出し袋の場合だと、保管場所は押入れ等になってしまう場合が多いですけれどもこれでは、いざ!といった場合に全くに役に立ちません。

それに対して非常食の保管バッグであれば、例え押入れに収納されてしまった場合でも旅行や登山といった用途で入れ替え作業が必要になるため、期限切れ等のチェックも行えます。

非常食の場合は賞味期限が3〜5年という長い物が多いですから、どうしても頻繁に期限切れのチェックをしなくても問題ありません。その結果、非常食があることも忘れてしまったり、関心すらなくなってしまうのが実情です。

興味や関心が無くなってしまった場合の対処も行えるため、ベストな活用方法ではないだろうか?と考えます。

 

 

バッグパックを非常食の保管場所にする場合の注意事項

旅行バッグといえば、バッグパックだけではありません。海外旅行で利用するスーツケースなどのキャリーバッグもあります。

バッグパックを非常食の保管場所にした場合、旅行にはスーツケースで出かけるといった場合も十分に想定することが出来ます。

 

非常食の保管場所は旅行バッグが良い

メインで利用している旅行バッグがバッグパックであれば、非常食を保管する場合に適していますが、スーツケースの場合は全く意味がありません。

スーツケースを使っていない期間は非常食の保管場所として利用し、旅行の行く場合は荷物の入れ替えを行いつつ、非常食の期限切れチェックも同時に行うようにしないといけません。

このようにしないと非常食の管理が行えないため、気が付いたら既に時遅しといった感じでバッチリ期限が切れていたということも発生します。

先ずは、旅行にはどのようなバッグを頻繁に利用するのか?というのを理解した上で非常食の管理に活用することが求められます。

 

旅行でも持参できるタイプの非常食が望ましい

初めて訪れる国や地域に旅行すると、現地の食事が合わない場合もあります。味付や食用油、食材等がどうしても受け入れられないといった場合。

このような場合では現地の日本食レストランのお世話になる 又は 防災の非常食を持参するといった対策が必要になります。

海外旅行に持参しても食べることが出来るご飯物の非常食を管理するのが良いのでは?と考えます。具体的には お湯 又は お水 があれば調理することが出来るアルファ米やフリーズドライ食品になります。

このような食品であれば旅行に持参する場合もあるため、旅行用品として管理できると思います。

 

ウェストベルト付のバッグパックは旅行では便利でも日常生活は不便
皆さん こんにちは! 今回の記事は『ウェストベルト付のバッグパックは旅行では便利に使うことが出来るが日常生活では不便』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 バッグ...

コメント