夏の台湾旅行では蚊に注意!胃腸薬や虫さされの薬を忘れずに持参を

台湾旅行情報

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『夏の台湾旅行では蚊に注意が必要。虫除けや虫さされの薬を忘れずに持参』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

夏の台湾旅行で注意したいこと

夏の台湾旅行で注意して欲しいのは台湾に住んでいる蚊になります。台湾の蚊は日本お蚊と比べたら月とスッポンというような感じの関係になるのではないか?と思ってしまうぐらい刺されると強い痒みに見舞われます。

 

夏の旅行では紫外線対策も必要

台湾の夏は日差しも強いため日焼けに注意が必要になります。日焼け対策グッズの晴雨兼用UVカット折りたたみ傘が有った方が良いのでは?と考えます。

特に男性の場合は日傘なんて、さしたくないと考えている場合が多いですが、台湾では男性も日傘をしている場合があるため、ぜんぜん問題ないです。どうしても抵抗があるのならば、帽子でも良いと思います。

 

台湾の蚊に刺されると最強に痒い

夏に台湾旅行すると必ず1回は蚊に刺されてしまう場合が多いです。公園とか緑が多い場所にも居るようでベンチ等で休憩していると蚊が寄って来ます。

その他には川沿いも蚊が沢山潜んでいますから、そのような場所には寄り付かないようにするのが賢明です。とはいうものの、せっかく旅行で訪れているのに蚊を避けて観光するというのも難しいと思います。

特に夏の旅行では蚊への対処も必要になります。刺されてしまうと最強レベルの痒みが発生してしまうので観光どころではありません。

だからと言って掻いてしまうと余計に治りづらくなってしまいますし、後が残ってしまう場合もあります。

 

虫さされの薬は効くけど・・・

日本から持参する虫さされの薬は台湾の蚊にはあまり対応できないような感じです。台湾の蚊に刺されてしまうと強烈な痒みを発症します。

日本から持参している虫さされの薬を塗ったとしても即効性の効果はありません。相当な時間が経過してやっと痒みを抑え込んでくれる感じの効果になります。

日本の薬でも何とか辛うじて対応できるレベルといった方が正解なのでは?と考えます。可能ならば刺されないように努力するのが賢明です。

蚊が居そうな場所には寄り付かないといったことも必要になると思います。

 

夏の台湾旅行では胃薬と胃腸薬の持参を

夏のシーズンに台湾旅行する場合も多いと思います。台湾にはどのような医薬品を持参していますか? 胃薬と胃腸薬は持参した方が良いですが、その他に付け加えて欲しい物があります。虫除けや虫さされの薬になります。

 

台湾旅行には胃薬や胃腸薬の持参を

台湾旅行に持参する医薬品といえば季節によっても異なりますが胃薬胃腸薬を持参するのが賢明です。ポイントは胃薬と胃腸薬に分けて別々に持参することです。

胃腸薬ならば胃と腸に効果が期待できる薬になりますけど、台湾旅行では胃腸薬ではなく、胃薬と胃腸薬の2種類の医薬品が必要になります。

何故なら、台湾の美味しい料理は食用油をこれでもか!と言わんばかりに使われているため、胃の負担も大きくなります。

どうして胃に負担が大きくなのか?というと、食べされていない食事をすると胃に負担が掛かるのです。自分で気がつけば対処も可能なのですが、美味しく感じて食べている時は残念ながら気がつきにくいです。

そのため、胃薬を持参して胃のケアも必要になります。

 

体調不良になる場合もある

台湾旅行では鉄道バスといった交通機関も利用する場合がありますが、車内の冷房が日本とは比べものにならないぐらいに寒い場合が多いです。

そんな場所に長時間居たりすると体調不良にもなるため、何か羽織る物も必要になります。基本的に建物や車内といった場所では強めの冷房が効いているため、冷房に注意した方が良いです。

また、頭痛や体調不良になる場合もあるため、対応できる医薬品も持参した方が良いかも知れません。

 

スポンサーリンク

 

蒸し暑い夏に台湾旅行する場合は虫さされの薬を持参

夏の季節に台湾を旅行する場合が多いと思います。この季節は湿度が高いこともあり、ちょっと動いただけで汗がダラダラと吹き出してしまうため、嫌な季節でもあります。

 

夏の台湾旅行では虫さされの薬も必要

夏という季節に関していえば、胃薬や胃腸薬の他に虫さされの薬も必要になります。台湾の蚊は日本の蚊と比べると刺された時の痒みが最強レベルのような感じになります。

日本の蚊に刺されただけで十分に痒いのに、台湾の蚊に刺されてしまったら日本の虫さされの薬であるムヒを塗っても、まだぜんぜん痒みの方が勝っている感じになります。

はっきり言って日本の虫さされの薬を持参してもあまり意味がないような気がしますが、それでも時間が経過すれば何とか抑え込んでくれるため、日本の虫さされの薬でも一応は効果が有る感じです。

 

虫除けや刺されない努力も必要

台湾の蚊に刺されてしまってから対応するのではなく、刺されないように努力することも必要になります。刺されてしまうと薬を塗っても痒みが強いという状態なので、台湾の蚊に対処するには刺されないように努力するしか方法がありません。

必要に応じて虫除けも持参するのが良い感じです。又は、蚊が居そうな場所への観光は控えるといったことも必要だと思います。

 

台湾旅行で夜市やグルメを堪能の場合は胃薬と胃腸薬の持参してケアを
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾は脂っぽい料理が多いので旅行には胃腸薬を持参して胃腸をケアした方が良い』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 台湾旅行で食...

コメント