海外旅行では飛行機の機内でも利用できるスリッパやサンダルの持参を

旅行便利グッズ

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『海外旅行では飛行機の機内でも利用できるスリッパやサンダルの持参を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行ではスリッパやサンダルが必要になる

海外旅行には様々なグッズを持って行くことになりますが、その中でもスリッパやサンダルといったグッズは意外と見落としがちになってしまいます。国内旅行ではこのような持ち物が必要ないため、つい忘れてしまう感じです。

 

国内旅行ではスリッパやサンダルは不要

国内旅行でスリッパやサンダルといった持ち物を持参することはありません。というのも宿泊先のホテルや旅館にはスリッパが用意されているからです。

よっぽどマイスリッパが良いということでも無い限り、先ず国内旅行でスリッパを持参することはないでしょう。

それにスリッパはコンパクトではないですし、重たいので持参するという発想には至らないのが実情です。

 

海外旅行ではスリッパやサンダルが必要

海外のホテルには日本とは状況が異なり、ホテルの部屋にはスリッパが用意されていません。ホテルの部屋には絨毯が敷いてありますけど、そのまま土足で入ることになります。

これではホテルで寛いでいる時に裸足になることが出来ません。靴を履いたままの状態で寛いでも意味がないため、靴を脱いでリラックスしたいです。

このような場合に重宝するのが室内用スリッパサンダルといった履物になります。でも、スリッパは旅行の荷物に含まれていない場合が多いです。

何しろ、普通のスリッパの場合だと重たいですし、場所を取りますから限りなく持って行きたくないといった感じになるからです。

 

海外旅行ではスリッパやサンダルの持参を

海外のホテルにはスリッパが用意されていないため、海外旅行ではスリッパが必要になるというのは理解できますが、どのようなスリッパを持参するのが良いのでしょうか?日常的に使っている物は重たいので持って行きたくありません。

 

軽くてコンパクトになる物

基本的な条件としてはスリッパは、がさばって重たいので、先ずは軽量でかつコンパクトになるタイプのスリッパが求められます。

特にスリッパの場合は飛行機の機内でも使う場合があるため、機内持ち込みの身の回り品を収納するバッグの中に入ることが前提条件になります。

このような条件に合致するスリッパでないと旅行の持ち物として適さないため、海外旅行用のスリッパを購入する場合が多いです。

 

スリッパの履き心地も重要

少なくとも旅行期間中のホテルでずっとお世話になるスリッパなので履き心地も重要になります。履き心地が悪いと寛ぎに影響を及ぼすことになるため、あまり大してリラックスできないといった感じになってしまう場合があります。

そのようにならないためにも肌触りの良さといった面も重要になります。自分にはどのスリッパが合うのか?といった選択も必要になります。

 

旅行のスリッパは洗濯できる物

海外旅行で利用するホテルは必ず床が綺麗とは限りません。汚れている床もあります。このようなホテルでスリッパを履いていると底が真っ黒になることがあります。

こんな時に重宝するのが洗濯することが出来るスリッパになります。真っ黒になった状態のスリッパを帰国時に持ち帰るというのは衛生上どうなのかな?といった感じになるため、可能なら洗える物が良いです。

100円ショップで販売しているような物であれば使い捨てでも良いですけど、デザイン的にも気に入っているのであれば洗って何度も繰り返し使いたいです。

 

デザインも気になるところ

何回も洗濯して長く使うのであれば、お気に入りのデザインのスリッパを履きたいものです。少なくとも愛着を持って履くことになるため、自分が気に入ったデザインの方が良いと思います。

また、スリッパの素材といった部分も気になる場合もあるため、デザインや素材も重要かも知れません。

 

スポンサーリンク

 

スリッパは飛行機の機内でも利用できる物を

海外旅行用のスリッパは現地のホテルで使うだけではなく、飛行機の機内でも利用することが出来ます。特に機内では長旅になることが多いため、靴を脱いでリラックスしたいでしょう。

 

スリッパは機内でも利用する

海外旅行にスリッパやサンダルを持参する場合、使う場所は宿泊するホテルだけではありません。海外旅行には飛行機を利用します。

飛行機は軽く3時間以上の長旅になる場合が多いため、機内ではリラックスできるように靴を脱いでスリッパに履き替える場合もあります。

そのため、機内でも利用できるタイプのスリッパがあると重宝します。機内では使わないというのであれば、このような心配は不要ですけど、せっかく海外旅行に持参するのであれば機内でも使った方が良いでしょう。

 

スリッパはLCCの機内では不向き

飛行機の機内で利用することが出来ればリラックスにも繋がるスリッパですが、座席スペースがとても狭いLCCで利用するのは逆に大変です。

スリッパに履き替えることは問題ないのですが、スリッパから靴に履き替える場合が苦労します。足元スペースが狭くて簡単に履き替えることが出来ないのです。

LCCを利用して海外旅行する場合はホテルでの用途に限られてしまう感じになります。

 

バッグパック旅行の防寒カッパ部屋着はライトシェルパーカ・パンツ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『バッグパック旅行時の機内防寒や簡易カッパ、部屋着はモンベルのライトシェルパーカ&ライトシェルパンツで代用』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸い...

コメント