旅行は着回しできる着替え衣服の持参で小さくコンパクトにパッキング

旅行の持ち物

 

皆さん、こんにちは!

今回の記事は「旅行には着回しできる衣服の持参して小さくコンパクトにパッキング」についての紹介になります。

宿泊を伴う旅行の場合では着替え衣服が必需品になりますが、これは持ち物の中で一番面積が広くて重たい荷物になります。

これをどうにかしてコンパクトにしないとバッグも大きくなってしまいますし、旅行のお土産商品を収納するスペースも限られてしまいます。

という事は、着替え衣服を見直す必要があるという事です。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行の着替え衣服は面積が広くて重たい

宿泊を伴う旅行の場合では、着替え衣服が必要になりますが、この荷物は面積が一番広くて重たい荷物になります。

面積が広くて重たい着替え衣服

宿泊旅行の着替え衣服は必ず必要になる必需品なので、これを見直すのは意外と難しいです。でも、見直さないと荷物の減量化できないという展開に陥ります。

仮に、着替え衣服には手をつけないで他の持参グッズのみを減量化した場合では、荷物を少なくする事は出来ても、全体重量ではあまり大差ないという結果になりやすいです。

やっぱり、旅行の着替え衣服をどうやってコンパクトにするのか?は必須テーマになると断言できます。

発想の転換も必要になるのでは?

 

宿泊日数分の着替え衣服を準備する場合

1~2泊程度の短期旅行であれば、宿泊日数分の着替え衣服を持参しても何ら問題ありませんが、流石に3泊以上となると話は別になります。

3泊4日の旅行では4日分の衣服を持参する事になるため、旅行中もオシャレな服装といった場合では荷物も多くなってしまいます。

それでいて、どれも必要不可欠な衣類になるため、見直しするにも出来ない現実になるのである。その結果、軽量化をした場合では、衣類以外の旅行持参グッズの見直しを行う程度になってしまいます。

 

スポンサーリンク

旅行には着回しできる着替え衣服を持参

宿泊を伴う旅行では着替え衣服が必需品となりますが、この場合では着回しできる着替え衣服をパッキングした方が良いと考えます。

 

2wayや3wayで着回しできる服

1枚2役に着こなせる衣類も必要になります。リバーシブルに着ることが出来る服であれば日常生活でも重宝しますが、必ずしも持っているとは限りません。

日常生活において、リバーシブルで着れる衣服を使うのであれば購入しても何ら問題ありませんが、旅行限定での利用という場合は買わない選択で問題ありません。

2wayで着こなせる衣類を買うのではなく、日常生活で着ている衣類で実現すれば良いと思います。

 

旅行に持参のパジャマ

旅行でもパジャマを持参して睡眠に役立てる場合も有ると思います。パジャマの場合は宿泊先のホテルでの睡眠でしか利用しないのにも関わらず、意外と重量があります。

旅行ではパジャマといえども見直しをした方が良い衣服に該当します。旅行に持参する着替え衣服でパジャマ代わりになる物を持参できれば、荷物を1つ少なくする事が出来ます。

さらに減量化する事ができるため、それこそ一石二鳥になります。

 

ポケッタブルのトラベルパジャマ

出張や旅行に特化したポケッタブル仕様のトラベルパジャマという商品も有りますが、このパジャマの場合は部屋で過ごせる部屋着としても利用できるため、使い方によっては便利だと思います。

お風呂やシャワーを浴びた後は部屋で過ごす事になりますからリラックスな気分で過ごせる部屋着も兼ねるパジャマがあれば便利です。

但し、レディースは豊富にあるけど、メンズは圧倒的に少ないのが残念な部分になります。それこそ、探さないと見つからないといった感じです。

ポケッタブル仕様のジャケット衣類上下で対応できれば良いのですが・・・

 

着替え衣服は小さくコンパクトにパッキング

旅行に持参する着替え衣服は数量が増えるに連れて、面積も大きくなり、重量も増えるという悪循環に陥ります。小さくコンパクトにパッキングできるように心がける必要が求められます。

旅行の持ち物は厳選を

旅行に持って行く持ち物は厳選した方が良いです。どのように厳選するのか?は個人の判断に任せるとして、基本的に少ない荷物で身軽な旅になるように心掛けます。

但し、持ち物を厳選したからと言って旅行に持って行く荷物が軽量化になるとは限りません。重たくなる場合もあります。

人によっては一眼レフカメラや旅行便利グッズを持参するため、厳選したつもりが逆に増えてしまい、軽量化に役立たないという結果にも繋がります。

旅行の持ち物は軽量化に繋がる厳選を心がける必要があります。

 

旅行中に洗濯の検討を

旅行の荷物の中で一番面積が広くて重量がある着替え衣服軽量化するのは至難の業です。一人旅であれば地味で何ら問題ないですけど、友人との旅行ではオシャレも必要になります。

その結果、荷物が増えてしまう悪循環に陥りやすいのが実情です。それならば、旅行中に洗濯するのも1つの方法になります。

宿泊日数分の着替え衣服が必要だった荷物が、洗濯をする事で減らせる可能性があるのです。

 

3泊以上でも2泊3日分の着替え衣服で十分

旅行に持参する着替え衣服は2泊3日分を基本とするのが最適です。2泊3日分の着替え衣服は持参し、3泊以上の宿泊の場合は洗濯で対応する事になります。

というのも、旅行に着て行く服装も含めれば3泊4日分の着替え衣服になるため、十分に着替え衣服を回転させる事が可能です。

但し、旅行で洗濯する場合は、「折りたたみハンガー、洗濯洗剤、洗濯ばさみ、洗濯ひも」等が必要になりますが、そんなに荷物にならないため許容範囲だと思います。

 

トラベル洗濯ピンチハンガーのレビュー!旅行や出張時の便利グッズ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行や出張時にホテル等で洗濯する場合に、有ると便利なトラベル洗濯ピンチハンガーのレビュー』についての内容になります。 旅行や出張で洗濯する場合の便利グッズなので、旅先で洗濯しない場合は...

 

旅行のバッグも小さくする必要あり

旅行の着替えや便利グッズを収納するスーツケースやバッグパック等のバッグも見直す必要があります。大きなバッグよりも小さなバッグを心がけた方が良いです。

旅行バッグも小さくする

意外と盲点なのが旅行に持参するバッグになります。バッグは大きくなる傾向がありますが、バッグが大きいとアレコレ収納できるので荷物が増えてしまいます。

特に旅行便利グッズというのは不思議な魅力を兼ね備えているため、実際にはあまり使わないのにも関わらず持参してしまうのである。

持ち物を厳選する場合ではバッグも見直して一回り小さくする事を心がける必要があります。このバッグに収納できる持ち物でパッキングするといった感じで先にバッグを決めてしまうのがコツになります。

 

旅行に持参するバッグの決め方

先に旅行の荷物を全部揃えてからバッグを決めるパターンになる場合が多いと思います。

この場合のデメリットは持参する荷物に合わせてバッグを用意しないといけない事に尽きます。その結果、前回のバッグよりも大きくなってしまう場合も発生します。

そうではなく、先に先にバッグを決めてから荷物を準備するのが鉄則です。このバッグに収納できない物は持って行かない!ようにするのである。

しかも、旅先で購入する場合のあるお土産商品も考慮したパッキングを心がける必要も発生するため、よく考えた上で荷物を厳選する必要があります。

 

スーツケース容量の選び方!容量の分かるゴミ袋に旅行の持ち物を入れて決める
皆さん こんにちは! 今回の記事は『容量の分かるゴミ袋の中に旅行で必要な全ての持ち物を入れて、スーツケースの容量を選んだ方が良い』についての内容になります。 旅行では現地で購入できる特産品などのお土産商品を購入する機会も...

 

観光用バッグも見直しを

旅行では観光用のサブバッグも持参する場合がありますが、旅の目的に合わせて臨機応変に変更する事も必要になります。

グルメ目的の旅行ではショルダーバッグやサコッシュで問題ありませんが、歩き回る場合ではペットボトルや折りたたみ傘を収納できるサイズのバッグが必要になります。

 

コロンビア折りたたみボディバッグ&ワンショルダーバッグのレビュー!容量8L ポケッタブル
皆さん、こんにちは! 旅行ではサブバッグも必要になる場合がありますが、この時に旅行に持参するサブバッグとして、ポケッタブルの折りたたみボディバッグが有ると重宝します。 ポケッタブルなので使わない時は小さく折りたたみ出来ま...