海外旅行にはTSAロック&ネームタグ付スーツケースベルトが便利

旅行便利グッズ

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『海外旅行にはTSAロック&ネームタグ付スーツケースベルトが便利』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

スーツケースで旅行する場合に便利なアイテム

宿泊を伴う旅行にはスーツケースなどのキャリーバッグを持って行く場合が多いですが、このようなキャリーバッグを持参する場合に便利にアイテムがいくつかあります。

 

バッグ&洋服とめるベルト

バッグ&洋服とめるベルトはスーツケースなどのキャリーバッグで旅行する場合の便利アイテムの1つになります。このベルトが有ると、キャリーバーに対応していないバッグでもスーツケースの上に置いて持ち運ぶことが出来るため便利に移動することが出来ます。

旅行では必ずキャリーバーに対応したバッグを利用するとは限らないです。それこそ対応しているバッグというのは、お土産を収納する目的で持参するポケッタブル仕様のボストンバッグとかになってしまいます。

自分のお気に入りのバッグを持参する場合が多い旅行では逆にキャリーバーに対応させるのが難しいため、スーツケースの上に載せないで利用することになります。ちょっとこれでは不便になってしまいます。

また、ジャケットなどの上着等も着ている場合は暑くなると手に掛けて持つことになるため、バッグ&洋服とめるベルトがあると重宝します。

 

ネームタグ付スーツケースベルト

スーツケースでの旅行の際には必ずではないですけどスーツケースベルトが必要になります。特に飛行機を利用する場合は空港の航空会社のカウンターで荷物を預けることになるため、ケースが開かないように締める目的も兼ねます。

一度、カウンターで預けてしまうと到着後の空港まで丁寧に取り扱うといったことは少ないため、雑に扱うとケースが開いてしまって中の荷物が飛び出てしまう場合もあります。

このような場合に便利なのだスーツケースベルトになります。特にネームタグが付いているタイプであれば、到着後の空港で荷物を受け取る時に自分のケースなのか?確認するのに役立ちますので便利に使うことが出来ます。

 

TSAロック&ネームタグ付スーツケースベルトは便利

ネームタグ付スーツケースベルトは確かに到着後の空港で便利ですがバックル留めなので簡単に外されてしまいます。特に到着後の空港で荷物を受け取る時に先に取られてしまう可能性も否定できません。

 

TSAロック&ネームタグ付スーツケースベルト

TSAロック&ネームタグ付スーツケースベルトならば、仮に先に間違って取られてしまっても中の荷物を取り出しできないため、中身を保護することが出来ます。

バックル留めの場合だと、どうしても誰でも簡単にバックルを外すことが出来てしまうため、防犯性の観点から考えると不向きになります。

預けた荷物は必ず到着後の空港で受け取ることが出来るのであれば、このような対策は不要になりますが、残念ながらその確率は100%ではないため、荷物を預ける側も何かしらの対策が求められます。

 

同時に2つの対策できて一石二鳥

TSAロック&ネームタグ付スーツケースベルトの場合であれば、バックル留めではないため、簡単に第三者が開封することが出来ません。

それに加えてネームタグが付いているので自分の持ち物なのか?確認する時に役立ちます。開封と荷物確認対策が同時に行えるので一石二鳥になります。

とはいえ、実際にはこれだけでは足らないのですが、簡単にスマートにネームタグを追加することが出来るので便利には違いないです。

可能ならばネームタグ以外に何か別の視認できるオンリーワン対策があると重宝します。

 

スポンサーリンク

 

間違って持って行かれてしまった場合の対策も必要

荷物が流れて来た時に自分の物なのか?確認するだけでは対策として不十分になります。少なくとも間違って持って行かれてしまった場合の対策も必要になります。

 

預け荷物を受け取る場合

皆さん、到着後の空港で預け荷物を受け取る時に何かしらの対策を行なっていると思います。自分の荷物なのか?が分かるようにネームタグを付けたり、ド派手なスーツケースカバーを装着したりといった感じで様々な対策を施しています。

それでも残念ながら間違って持って行かれてしまう場合もあります。もし、このような場合はどのように対応するのでしょうか?

確実に自分の荷物が戻って来れば良いですけど、戻って来ない場合もあると思います。

 

ネームタグに住所を記入するのは良くない

もし、万が一、第三者に荷物を間違って持って行かれた場合が発生したと仮定して、この時にネームタグに住所を記入していると、自分の知らない第三者に自分の住所を教えてしまうことになります。

荷物が確実に戻って来るのであれば仕方ないかも知れないですけど、逆を言えば、相当なリスクが発生することになります。

自分の知らない人が自宅を訪問することになります。これは良くないです。ワンクション置いて荷物を返却してもらう方法が最適です。ワンクッションとは?利用した航空会社 又は 警察から返却してもらう形式望ましいです。

この事を考慮してネームタグに記入した方が賢明です。

 

オンリーワンの対策を

旅行で使用するスーツケースも含めてカラーやスーツケースベルトは皆さん似たりよったりの場合が多いです。このような似ている荷物の中から自分の荷物をパッと探し出せる工夫も必要になります。

ネームタグ付スーツケースベルトも対策になりますけど、これとは別にもう1段階プラスαのオンリーワン対策も行なった方が賢明です。

 

旅行には南京錠よりもダイヤルロック式のTSAロックの持参が最適
皆さん こんにちは! 今回の記事は『海外旅行には南京錠よりも便利なダイヤルロック式のTSAロック持参を』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅行に南京錠を使う機...

コメント