Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

飛行機の機内ではお尻が痛い対策も必要!携帯性抜群のクッション持参

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『飛行機の機内で座席に座っていると、お尻が痛くなります。このお尻が痛くなる対策も必要になるため、携帯性抜群のクッションを持参した方が良い』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

飛行機を利用する旅行ではお尻が痛くなる問題が発生する

飛行機を利用して国内各地や海外に旅行をする場合も多いですが、飛行機を利用した旅では機内で退屈せ暇な時間を過ごすだけでなく、座席に座っているとお尻が痛くなってしまう場合があります。

 

飛行機を利用する場合は長旅になる

飛行機を利用した旅行の場合は国内各地に移動であれば1〜3時間程度、海外旅行であれば3時間以上を機内で過ごすことになります。

この機内で過ごしている時間が長ければ長いほど、退屈な空の旅を満喫することになります。一度、退屈だな〜と感じてしまうとその時点からストレスを感じるようになってしまうため、飛行機の機内ではストレス対策も必要になります。

機内でストレスが溜まってしまうと悪循環に陥りますので暇つぶしは必要不可欠になります。機内での長旅になる場合は予め暇つぶしできるグッズを持ち込むなどの対策が求められます。

自分にとってリラックスできる方法で機内を少しでも快適に過ごす努力も必要になるため、特に長旅の場合は注意が必要です。

 

同じ姿勢で座っているとお尻が痛くなる

飛行機を利用する場合に暇で退屈な時間で悩んでしまうことが多いですが、それとは別にお尻が痛くなってしまう問題も発生します。

特に飛行機の場合は同じ姿勢で座ることになるため、どうしても座っている部分に負担が集中してしまいます。この負担を適度に軽減することが出来れば良いのですが、必ずしも座っているシートがベストな場合ではない事もあります。

特にLCCといった飛行機の場合はシートが良くないため、お尻が痛くなってしまう場合が多くなります。これは仕方のない部分になりますが、可能ならば何とか対策を施したいとは考えていても、有効な対策が見つからないのが実情です。

 

機内でのお尻が痛くなる対策は何が良いのか?

飛行機の機内でお尻が痛くなってしまった場合はどのように対応しているのでしょうか? 対応といっても特に有効な対応策はないため、実際にはひたすら我慢あるのみといった感じになってしまいます。

 

同じ姿勢は良くない

機内で過ごしている場合は同じ姿勢で座ることになるため、トイレや目的地の空港に行くまでずっと同じ姿勢で座っていることになります。これでは、お尻の部分に負荷が集中してしまいます。

お尻が痛いと感じた時点で、これまたストレスを感じることになるため、飛行機の機内では暇つぶしとお尻が痛くなる対策を同時に行う必要性に迫られます。

これを行わないとストレスがどんどん溜まってしまうため、目的地の空港に到着した時にはストレスで満杯になってしまっているといった感じ。

これでは、せっかくの旅行が台無しになってしまうため、適度に身体を動かしたり、別にトイレに行く必要はなくてもトイレに行くなどの対策も必要になります。逆にそうした方が良いです。

 

お尻の下に何か敷く

今ある物でお尻の下に何か敷くのも1つの方法になりますが、有効な対策になるのは毛布ぐらいだと思います。ANAやJALといったフルサービスキャリアを利用していれば毛布を借りることが出来ますが、LCCの場合だとオプションになってしまうのでそう簡単ではありません。

毛布に変わる物でお尻の下に敷いても問題ない物を機内に持ち込む身の回り品のバッグに収納しておくなどの対策が求められます。

とはいえ、身の回り品のバッグに収納している物といえば、貴重品やスマホ関連グッズ、タオル、羽織る物ぐらいなので、これに加えて何か持ち込んだ方が賢明です。

 

 

機内に携帯性抜群のクッションを持ち込むのも1つの方法

携帯性が良いシートクッションを機内に持ち込むことが出来れば、機内でのお尻が痛くなる対策に一役買うことが出来るのではないか?と考えます。

 

フライトシートクッション

空気を入れるタイプになりますが、フライトシートクッションというシートクッションが販売されています。このようなクッションであれば、同じ姿勢で長旅になったとしてもお尻が痛くなる問題を少し軽減してもらうことが出来ます。
 
でも、空気を入れるタイプの場合は空気の注入口に口をつけることになるため、衛生上の観点から考慮するとあまりよくないと思います。
 
特に飛行機の機内では密閉空間になっているため、風邪などの症状になっている人が機内に居ると、簡単に風邪が移ってしまいます。
 
そのため、口をつけるのは如何なものかな?と考えます。

 

自動プレス式のネックピローも兼ねるクッションが良い

口をつけて空気を注入するタイプの場合だと、衛生上の観点から良くないので、この問題をクリアしつつ、シートクッションにもなるネックピローがあると便利です。

但し、枕をお尻の下に敷くというのも、ちょっと違和感がありますけど、あくまでも対策なので実際にこの用途で利用するのか?は別になります。

でも、自動プレス式であれば口をつけないで空気を注入することが出来るので衛生上の問題はクリアできるので検討の余地はあると思います。

 

 

お尻が痛くならないようにする対策

シートクッションを利用した場合でもお尻が痛くなってしまうことがあります。このようなアイテムは、あくまでも軽減するのが目的になるアイテムなので必ずお尻が痛くならないという訳ではありません。

結局のところ、このようなアイテムも必要になりますが、適度に機内を動いてお尻が痛くならないようにする対策も必要になるのでは?と考えます。

 

旅行に持参したいグッズは空気入れ簡単な自動プレス式のネックピロー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行に持参したいグッズは空気入れ簡単な自動プレス式のネックピロー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅行に持参したいグッズ...

コメント