飛行機の機内はクッション持参で長旅の疲れ軽減やお尻が痛い対策に

旅の知識・悩み

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『飛行機の機内はクッション持参で長旅の疲れ軽減やお尻が痛い対策に』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

飛行機を利用する旅行では長旅になる

飛行機を利用して旅行する場合は国内であれば1〜3時間程度、海外であれば3時間以上を機内で過ごすことになります。1時間程度であればあっという間に目的地の空港に到着して便利なのですが、3時間以上となると、この時間を過ごすのは一苦労です。

 

飛行機の機内では長旅での疲れが発生する

仮に2〜3時間を飛行機の機内で過ごす場合は仮眠映画を見たりして過ごすのが最適な方法ですが、LCCの場合はどちらも難しいです。

というのも、LCCの場合はシート座席があまりよくないですし、エンタメ設備もないので、この時間をいったいどのようにすれば良いのだろうか?という状態になってしまいます。

快適なシートならば目的地の空港まで寝て過ごせばよいのですが、とても快適に眠って過ごせる環境ではないのがLCCです。

快適ではない=疲れが発生といった状態になるため、機内での疲れを軽減する対策も必要になります。

 

機内で長い時間過ごすとお尻が痛くなる

機内で長い時間を同じ姿勢で過ごすとお尻が痛くなってしまう場合もあります。その傾向が強いのはLCCを利用して海外旅行という場合に多いです。

LCCの座席スペースはとても狭いため、快適に過ごせるといった感じではありません。人によっても異なりますが座った状態で膝が前の座席に当たってしまうこともあります。

このような場合だと長時間同じ姿勢で過ごすことになるため、お尻も痛くなってしまいます。お尻が痛くならない対策が行えれば良いのですが、なかなかLCCの場合では難しいのが実情です。

トイレに行きたくなくても、トイレに行ってお尻を解すといったことも必要になる感じです。通路側に座っていれば、このようなことを行なっても問題ないですけど、真ん中や窓側の座席の場合だと、そう何回もトイレに行ったりすると迷惑を掛けてしまうことになるため、一長一短があります。

 

機内では長旅の疲れ軽減やお尻が痛くなる対策が必要

飛行機を利用して国内各地や海外に旅行する場合は退屈な空の旅を満喫することになるため、どうしても長旅による疲れやお尻が痛くなってしまう場合もあります。この状態のまま目的地の空港に到着するまでひたすら我慢するのはとても大変になります。

 

機内で長旅の疲れ軽減なら快眠グッズの持参が最適

飛行機の機内で長い時間過ごすのはとても大変です。ANAやJALといったフルサービスキャリアであればエンタメ設備も充実していますし、機内食もありますし、毛布を借りることも出来るので快適な空の旅を満喫することも出来ます。

それに対してLCCを利用して旅行する場合だと自分の座席スペースは狭いですし、エンタメ設備もなく、毛布を借りることが出来ないため、とても退屈で仕方のない空の旅になってしまいます。

特にLCCでは座席シートも快適と呼べるような感じではないこともあり、機内で快眠することは難しいです。このような場合では目的地の空港に到着するまでに疲れ切ってしまう感じになります。

そのため、少しでも快適に眠れるようにネックピロー携帯毛布などの快眠グッズも必要になります。

 

機内でお尻が痛くなる対策にはクッションが最適

飛行機の機内で長旅になるということは同時にお尻が痛くなる確率も高くなるということに直結します。同じ姿勢で過ごしている時間が長いとお尻に負担が集中してしまうため、お尻が痛くなってしまいます。

これを回避するには適度に機内を動いて運動するか? 又は シートとお尻の中間にクッション等を差し込んでお尻が痛くならないようにするといった対策が必要になります。

とはいえ、毛布を座布団代わりに使ってしまうと空調が効いている時に寒くて逆に困ってしまうことになるため、毛布以外でクッションになる物が求められます。

そうなって来ると携帯性抜群なフライトシートクッションやネックピローのような物が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

機内のでの長旅軽減なら暇つぶし対策で対応を

飛行機の機内で長旅の軽減を考えている場合は暇で退屈な空の旅をどのようにすれば満喫できるのか?というのが重要になって来ます。エンタメ設備のないLCCを利用する場合は暇つぶしや快眠グッズも必要になるのでは?と考えます。

 

暇つぶしできるグッズ

機内のエンタメ対策は何が良いのでしょうか? 日常生活の必需品でもあるスマートフォンを旅行に持参している場合が多いため、機内モードに設定してスマホでゲームや音楽を聴くというのも1つの方法になります。

でも、航空会社によっても異なりますが、必ずしも機内モードに設定してもスマホはダメという場合もあります。

そのため、スマホ以外に2〜3時間ぐらい暇つぶしできるグッズが求められます。旅行のガイドブックも持参している場合が多いですが、2〜3時間は持ちこたえることができません。

書籍や音楽再生プレーヤーといった物が必要になるかも知れません。

 

快眠グッズ

快眠グッズも1つの方法になりますが、快眠グッズといっても色々種類があります。少なくとも機内で寝るのであれば、ネックピローやアイマスク、耳栓、シートクッション等が必要になるのでは?と考えます。

アイマスクや耳栓であればそんなに荷物になりませんが、ネックピローやシートクッションの場合は意外と荷物になります。

携帯性抜群の物であれば良いですけど、このような大掛かりな装備を持ち込んだとしても機内で快眠できるとは限らないため、躊躇してしまう感じです。

というのも、LCCの場合だと隣の人がトイレに行く時に起こされてしまうため、快眠グッズを持参しても快眠できないのでは?と考えます。

 

飛行機の機内ではお尻が痛い対策も必要!携帯性抜群のクッション持参
皆さん こんにちは! 今回の記事は『飛行機の機内で座席に座っていると、お尻が痛くなります。このお尻が痛くなる対策も必要になるため、携帯性抜群のクッションを持参した方が良い』についての内容になります。 参考になるか?分かりませ...

コメント