海外旅行には医薬品メディカルドロップやトローチのど飴の持参が最適

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『海外旅行には医薬品のメディカルドロップやトローチのど飴の持参を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行にのど飴を持参する場合がある

海外旅行に、のど飴を持参する場合がありますが、人それぞれ色々な目的で持参しているため、一概には何ともいえないと思います。持参する場合もあれば持参しない場合もあります。

 

のど飴を持参する目的

海外旅行にのど飴を持参する目的は、アチコチ動き回って小腹が空いた時に飴玉感覚で舐める場合もあれば、空気が乾燥していたりすると、喉の粘膜が乾いてしまうため、風邪などのウィルスが体内に侵入する可能性が高くなります。

これを防ぐ目的でものど飴は有効な手段でもあるため、旅行中の喉の粘膜保護も兼ねて適度に舐めるといった感じになります。

また、花粉症の季節も持参する場合もあります。この季節だったとしても旅行には出掛けると思います。花粉症対策のど飴という便利な飴玉もあるため、このようなのど飴を持参するといった感じ。

どうして持参するのか?というと、自宅から空港まで 及び 帰国後の空港から自宅までの移動時に必要になるからです。

 

のど飴は食品(お菓子)である

のど飴を旅行に持参する場合に注意しなければいけないことがあります。コンビニやスーパー等で販売しているのど飴は食品のお菓子であるということです。

普通の飴玉にハーブなどをミックスさせて喉に良い気分を与えるのど飴になるため、効果が出るとは限らないのです。

特に冬場や花粉症の季節に○○対策のど飴と称して様々なのど飴が販売されていますけど、あくまでも普通の飴玉にプラスαを加えているのど飴になるのでバッチリ糖分も含まれています。

舐め過ぎると1日の摂取する糖分の量が多くなってしまう場合もあるため、旅行に持参する場合は注意が必要になります。

 

海外旅行にのど飴を持参する場合は医薬品が望ましい

海外旅行にのど飴を持って行く場合は食品よりも医薬品が望ましいです。というのも、特に風邪の季節に海外旅行する場合は現地で体調不良に陥ることもあります。このような場合は喉に違和感も発生するため、のど飴が欲しくなります。

 

医薬品が望ましい理由

コンビニやスーパー等で販売しているのど飴は食品なので医薬品ではありません。医薬品ではないということは、効果は確認できないということになります。

それに対して医薬品のメディカルドロップやトローチの場合は効果が確認されているため、その症状に対して期待できます。

海外旅行では、病気になってしまっても現地の医療機関やドラッグストアに行って医薬品を購入というのは難しいです。

医薬品を持参していても、その医薬品を補完できるのど飴も有った方が良いです。

 

医薬品だけでなく、のど飴も有った方が良い

海外旅行には医薬品のど飴を持参した方が良いですが、医薬品なので症状がない場合に舐める訳にはいきません。

このような場合はのど飴の方が最適です。医薬品のど飴はあくまでも体調不良等で喉に痛みのある場合に舐めるのが目的になる飴玉なので、ちゃんと区別しないといけません。

何も症状がない場合はのど飴を舐める方が良いです。くれぐれも舐め過ぎだけは注意した方が良いです。

特に旅行ではストレス発散といった場合も兼ねるため、自分に対して甘くなりがちですから暴飲暴食ではないですけど、美味しい物を食べる機会も多いです。旅行から帰って来たら太ってしまったということも有るのでは?

 

 

海外旅行にはメディカルドロップやトローチの持参を

海外旅行に持参するのど飴はドラッグストアや薬局等でメディカルドロップやトローチ、浅田飴等の医薬品のど飴を持参するようにした方が賢明です。

 

メディカルドロップやトローチは医薬品

医薬品のど飴はコンビニやスーパーでは販売されていないため、購入する場合は薬局ドラッグストアにて購入することになります。

医薬品なので価格も高いので、価格が安くて済むコンビニ等で買えるのど飴を重宝する感じになってしまいますが、海外旅行という場面では、もしもの病気になってしまった場合への対策も行うべきだと考えます。

対策したからといって、全く役に立たないことも多いですが、それでも対策だけは行って損はないと思います。

使わなかったら、日常生活で役立てれば良いので無駄になることはありません。

 

海外旅行で風邪等を引く場合もある

特に空気が乾燥して気温も低い冬の季節に海外旅行する場合は旅行中に風邪を引いてしまう場合もあります。

このような場合に役立つのが旅行に持参している医薬品になります。総合風邪薬や発熱といった対策の薬だけでは足らない場合もあるため、これに加えて補完の役割を担うのど飴があると重宝します。

旅行に出掛ける際は医薬品のど飴も持参した方が良いのではないでしょうか?

 

海外旅行の医薬品は口内炎の薬と胃薬、胃腸薬の3種類は必ず持参
皆さん こんにちは! 今回の記事は『海外旅行には基本的に胃薬、胃腸薬、口内炎の薬を必ず持参』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 海外旅行に持参する医薬品 海外...

コメント