海外旅行には食品お菓子のど飴と浅田飴などの医薬品の2種類持参を

旅行便利グッズ

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『海外旅行に持参するのど飴は食品(お菓子)と浅田飴等の医薬品の2種類が望ましい』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行にのど飴を持参する場合は2種類持参を

海外旅行には飴玉であるのど飴を持参する場合もありますが、たいていの場合はお菓子のど飴を持参していると思います。でも、国内旅行と違って海外旅行の場合は医薬品のど飴も持参した方が良いです。

 

のど飴を2種類とは?

コンビニやスーパー等の食品(お菓子)売り場で販売しているのど飴と薬局やドラッグストアで販売している医薬品のど飴の2種類を指します。

のど飴といってもお菓子と医薬品の2種類があるのです。浅田飴やメディカルドロップ、トローチと呼ばれるのど飴が該当します。

医薬品のど飴は、コンビニやスーパー等では購入することが出来ないため、ドラッグストア等で購入することになります。

価格も高いですし、ドラッグストアに行かないと購入できないので、気軽に買えるという代物ではないと思います。

 

食品のど飴はお菓子

コンビニやスーパーで販売されているのど飴はお菓子売り場の飴玉が陳列されている場所にあるため、基本的にはお菓子になります。

普通の飴玉と何が違うのか?というと、ハーブミントといった気分が良くなるような物がプラスαされている飴玉といった方が良いのでは?と思います。

喉に違和感のある時にのど飴を舐めるとハーブの効果で気分が良くなって効いているんだな〜という気分になる飴玉なのかも知れません。

のど飴だからと言って、調子付いて舐め過ぎると糖分の摂り過ぎになります。基本的にのど飴はお菓子という感覚で舐めるのが良いと思います。

 

医薬品のど飴も持参した方が良い理由

海外旅行にはのど飴を2種類(お菓子、医薬品)持参した方が良い理由はいくつかありますが、それぞれ性質が異なるため、舐める場合は注意も必要になります。

 

冬場の旅行では喉の粘膜が乾きやすくなる

冬場の寒い時期にも海外旅行に出掛ける場合がありますが、冬場の季節は空気も乾燥するため、喉の粘膜が乾きやすくなります。

喉の粘膜が乾いてしまうと風邪などのウィルスが体内に侵入しやすくなってしまうため、この時期は喉の乾きにも注意することが求められます。

とはいえ、頻繁に水分を飲んでいるとトイレが近くなってしまうため、宜しくありません。このような場合に重宝するのがマスクになります。

 

冬場の海外旅行では風邪になる場合もある

旅行中もずっとマスクをしていることが出来れば良いですけど、必ずしもマスクをずっと着用できるとは限りません。

このような場合に限って、風邪などのウィルスが体内に侵入するといった感じになってしまうこともあり、楽しい旅行中に風邪を引いてしまうことも稀にあります。

風邪を引くと喉の痛み違和感も発生するため、のど飴が欲しくなります。この場合に舐めるのど飴はお菓子ではなく、医薬品の浅田飴、メディカルドロップやトローチが望ましいです。

お菓子を舐めても気分は良くなるかも知れませんが、効果がどの程度あるのか?分かりません。

 

冬場の旅行では医薬品を補完できる物も必要

旅行には医薬品も持参しますが、特に風邪を引きやすい冬場に旅行する場合は医薬品の風邪薬だけでなく、補完も兼ねるメディカルドロップ等も有った方が良いです。

国内旅行であればドラッグストア等で購入することも出来ますが、海外旅行の場合は簡単にドラッグストアを見つけることが出来ませんし、仮に見つかったとしても、どの薬を購入すれば良いのか?分かりません。

そのため、このような事にならないように補完できる物も必要になります。

 

スポンサーリンク

 

旅行に持参するのど飴は食品(お菓子)も必要

医薬品のメディカルドロップやトローチを海外旅行に持参するのが望ましいですが、のど飴も有った方が良いです。何故なら、医薬品のど飴は基本的に薬なので健康の場合は飲む舐める必要がないからです。

 

旅行では、のど飴(お菓子)も必要

冬場の旅行だったとしても健康状態が良好という場合もあります。このような場合ではのど飴(お菓子)が有った方が良いです。

基本的にお菓子であるため、小腹を満たす場合にも有効な手段になります。特に旅行ではアチコチ動き回ることになるため、いつもの日常生活よりもお腹が空きやすくなります。

こんな時には飴玉1個で最長30分は持たせることが出来るため、お菓子の飴玉も持参した方が良いです。

 

旅行中にのど飴を舐める場合は舐め過ぎに注意

のど飴を舐めるとハーブの効果で喉が心地良い気分になるため、舐め終わったりするとまた連続して舐めたくなってしまう場合があります。

このような場合では誘惑に負けてしまうこともあるため、舐め過ぎになってしまう場合があります。のど飴だったとしても基本的にお菓子であるため、舐め過ぎによる糖分の摂り過ぎにもなってしまうため、要注意です。

喉の違和感を解消する目的だったとしても連続で舐めるのは健康に良くないです。少なくとも、適度に時間を空けてから舐めるのが賢明です。

水分補給等に切り替えてチビチビ飲むといった感じで対応するのが望ましいです。

 

海外旅行には医薬品メディカルドロップやトローチのど飴の持参が最適
皆さん こんにちは! 今回の記事は『海外旅行には医薬品のメディカルドロップやトローチのど飴の持参を』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 旅行にのど飴を持参する場...

コメント