飛行機の機内でお尻が痛い対策は防寒も兼ねるライトダウンジャケット

旅の知識・悩み

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『飛行機の機内でお尻が痛い対策は防寒も兼ねるライトダウンジャケット』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

飛行機を利用する旅行ではお尻が痛くなる

飛行機を利用して旅行する場合に悩むのがお尻が痛くなってしまうことです。これは同じ姿勢で座席に座ることになるため、どうしてもお尻に負担が集中してしまい、お尻が痛くなってしまうのです。

 

同じ姿勢で長時間過ごすのは大変

飛行機を利用すると国内であれば1〜3時間、海外であれば3時間以上の長い時間を飛行機の機内で過ごすことになります。

仮に3時間ずっと同じ姿勢で過ごす場合、お尻に負担が集中することになります。負担が集中すればその部分が痛くなってしまうため、適度に身体を動かすといったことも必要になります。

でも飛行機の機内で身体を動かすことが出来るのは限定的になります。唯一できるのはトイレに行く場合に限られてしまうのが実情です。

 

LCCの場合は状況が異なる

ANAやJALといったフルサービスキャリアであればエンタメ設備も充実していますし、機内食もあり、毛布を借りることが出来るので退屈な空の旅でも比較的に快適に過ごせる感じになります。

でも、LCCの場合はそのようにいきません。何せエンタメ設備がないですし、機内食や毛布もオプションになるため、何も機内に持参しないと完全なる退屈な空の旅を満喫することになります。

人は退屈だな〜と感じるとその時点からストレスも発生する感じになるため、どうやってリラックスな気分を維持できるのか?というのも重要になって来ます。

さらにもう1つ付け加えると、LCCの場合は自分の座席周りが非常に狭いため、同じ姿勢で過ごす時間が非常に長くなります。その結果、お尻が痛くなってしまう確率も高くなります。

 

機内でお尻が痛い場合に有効な対策はクッション

飛行機の機内で過ごす時間が長ければ長いほど、お尻が痛くなってしまう可能性も必然的に高くなります。お尻が痛くなると座っているのも大変になるため、早急に何か有効な対策を施したいでしょう。

 

飛行機の機内でお尻が痛くなった場合の対応

ネックピローやシートクッション等の機内快適グッズを持参していれば、お尻が痛くなることを防いだり、軽減することも可能になりますが、必ずしも機内に持ち込んでいないと思います。

このような場合はどのような対応を行うことが出来るのでしょうか?目的地の空港まで到着するのをひたすら待つしかないと思われがちになりますが、実は有効な手段があります。

LCCを利用している場合でもトイレに行くことは出来ます。もし、お尻が痛くなったらトイレに行くのが最良の選択になります。それがトイレに行く用事がなくても行った方が良いです。

どうしてか?というと、トイレに行くまでに歩くのでお尻も含めて身体を動かすことが出来るので、ちょっとした運動になります。

とはいえ、この方法は通路側に座っている人限定になってしまう感じです。

 

お尻が痛くなる対策はクッションが最適

機内でお尻が痛くなってしまう対策は、携帯性抜群のシートクッションを機内に持ち込むのが最適な方法になります。

でも、このようなシートクッションは空気注入タイプになるため、衛生上の管理が悪いと健康に良くないです。

特に飛行機の機内では密閉空間になるため、機内で風邪等を引いている人が居ると簡単に移ってしまう状況になります。そんな空間で口をつけるのはリスクを伴うため、実際には一長一短があります。

お尻が痛くなるのを防ぐ方を優先するのか?健康を優先するのか?究極の選択になってしまう感じです。

 

スポンサーリンク

 

お尻が痛い対策は機内防寒のライトダウンジャケット

飛行機の機内では空調が効いている場合もあるため、機内防寒着を持参している場合があります。ポケッタブル仕様のライトダウンジャケットは軽量コンパクトで保温性のある便利な冬の防寒着になりますが、お尻が痛い対策にも使えます。

 

機内防寒はライトダウンジャケット

ポケッタブル仕様のライトダウン・ジャケット(パーカー)を飛行機の機内防寒として持ち込むことも有ると思います。

このライトダウンジャケットは機内防寒としても利用できますし、お尻が痛くなってしまった場合にお尻の下に敷いてクッション代わりにすることも出来る優れ物になります。

流石に夏場の旅行ではダウンジャケットを機内防寒にするのは大袈裟と考えている場合も多いですが、お尻が痛い対策として使うのであれば役立ちます。

 

ライトダウンジャケットのクッション

実際に何度かLCCの機内で試してみましたが、お尻で踏んづけるとペッチャンコになってしまうため、気休め程度な感じになります。

この時は、小さな座布団サイズに畳んだ状態で使ったのですが、あんまり効果がなかったと言った方が正解です。

3〜4回ぐらい実際に試して、一番有効だったのはスタッフバッグから取り出さないで踏んづける方法です。この時は紐を紐は締めないようにしました。

実際にアレコレ試してみた結果、ダウンのひざ掛けブランケットがあれば、お尻が痛い対策に有効なのではないかな?と感じました。

 

飛行機の機内はクッション持参で長旅の疲れ軽減やお尻が痛い対策に
皆さん こんにちは! 今回の記事は『飛行機の機内はクッション持参で長旅の疲れ軽減やお尻が痛い対策に』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 飛行機を利用する旅行では...

コメント