LCCで海外旅行は出発も到着も空港で仮眠!快眠グッズ持参で対応を

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『LCCで海外旅行は出発も到着も空港で仮眠!快眠グッズ持参で対応を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LCCを利用して海外旅行する場合

LCCを利用して海外旅行する場合に困るのが航空会社のチェックイン手続になります。たいていの場合は深夜又は早朝に手続が行われるため、この時間までどのように空港内で過ごすのか?という悩みになります。

 

チェックイン手続 及び 搭乗

日本国内から海外に出発する場合は、空港の各航空会社のチェックインカウンターでの手続は深夜 又は 早朝になる事が多いため、この時間に合わせて空港に到着する必要があります。

でも、実際にはこの時間には既に空港に直結している鉄道や高速バスが営業を終了していたり、便がなかったりする場合が多いため、空港への移動も厳しい面があります。

そのため、前日の最終電車等を利用して空港に到着しておき、チェックイン手続が開始されるまでの時間は空港で過ごすのが現実的な対応になります。

幸い、24時間営業している国際空港には深夜又は早朝でも営業しているコンビニ等の店舗もあるため、お腹が空いても空腹を満たすことも可能です。

 

空港で過ごす時間が長い

LCCで海外旅行する場合は、航空会社のチェックイン時間が深夜又は早朝になる場合が多いため、空港で過ごす時間が長くなります。

仮眠して過ごせれば良いのですが、空港内で仮眠してしまうとチェックイン時間を寝過ごしてしまう場合もあるため、注意が必要になります。

また、仮眠する場合でも基本的に空港内は場所にもよりますけど照明が明るい場所も有るため、このような場所で仮眠するのであれば最低でもアイマスクや耳栓などの快眠グッズも必要になります。

 

LCCで海外旅行する場合は快眠グッズの持参を

LCCを利用して海外旅行する場合はネックピローはどうか?分かりませんが少なくともアイマスクや耳栓は持参した方が良いのではないか?と考えます。

 

空港内での仮眠に役立つ

ネックピローやアイマスク、耳栓等の快眠グッズを旅行に持参すると、空港内での仮眠に役立ちます。これらのグッズを使って仮眠してしまったらチェックイン手続に支障が出てしまうじゃないか! と考えてしまいますが、何も仮眠は出発時とは限りません。

LCCで海外旅行では、たいていの場合、帰国時も晩い時間帯 又は 深夜といった場合が多いです。このような時間帯にこれから自宅に帰ろうとしてもバスが営業終了している 又は 途中までしか行けないといった感じになる場合もあります。

そのため、帰国時も空港内で仮眠する必要に迫られるということになります。空港リムジンバスを利用して帰宅する場合は深夜の時間帯よりも早朝の時間帯の方が本数も多いため、仮眠は必然的な選択になると思います。

 

機内での仮眠に役立つ

快眠グッズであるネックピローやアイマスク、耳栓は飛行機の機内で仮眠する場合に役立ちます。特にLCCでは座席や足元スペースも狭いこともあり、快適に眠れる環境ではないため、快眠グッズがあると便利です。

但し、ネックピローの場合は賛否両論になります。口をつけて空気を注入するタイプは衛生的に良くないのでは?と考えます。機内に持参するのであれば自動プレス式のネックピローが良いと思います。

意外と耳栓は重要になります。たまにイビキをかいて寝ている人も居るため、自分が寝ようとしても他人のイビキが気になって眠りたくても寝れないという悪循環を防ぐことが出来ます。

大した荷物にもならないため、海外旅行に出かける場合はアイマスク耳栓はセットで持参した方が良いです。

 

 

空港や機内で過ごす場合に役立つアイテム

LCCで海外旅行する場合は快眠グッズを持参した方が良いのですが、快眠グッズ以外にも持って行った方が良いアイテムがあります。

 

保湿マスク

飛行機の機内では湿度が低いこともあり、乾燥している感じになります。短時間のフライトではマスクが無くても問題ありませんが、フライト時間が長い場合は喉の粘膜保護も重要になってきます。

特に機内では密閉空間になるため、風邪等を引いている人も居る可能性があります。このような場合はウィルス等を貰ってしまう可能性も高くなってしまうため、マスクでガードする必要があります。

特に飛行機の機内では普通の立体マスクよりも保湿マスクの方が良いと思います。保湿マスクであれば空港内で仮眠する場合でも役立ちます。

 

機内防寒

機内は空調が効いていることもあり、気温が低めに設定されている場合もあります。機内で何か羽織る衣類があると重宝します。ポケッタブルジャケット等を持参した方が良いです。

 

お尻が痛い対策

特にLCCを利用して海外旅行に出かける場合、避けて通れないのが機内でお尻が痛くなってしまう現象になります。

同じ姿勢で座席に座ることになるため、どうしてもお尻付近に負担が集中してしまいます。LCCのシートはフカフカしていないため、お尻が痛くなってしまう場合があります。

たいていの場合はお尻が痛くなってしまっても仕方ないと諦めて我慢することになってしまう方が多いですが、これは意外と苦痛になります。

お尻が痛くなってしまった場合に役立つアイテムがあると重宝します。シートクッション等の機内快適グッズがあると重宝します。

 

飛行機の機内はクッション持参で長旅の疲れ軽減やお尻が痛い対策に
皆さん こんにちは! 今回の記事は『飛行機の機内はクッション持参で長旅の疲れ軽減やお尻が痛い対策に』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 飛行機を利用する旅行では...

コメント