ネームタグは海外旅行の必需品!預けない場合でも役立つ便利グッズ

旅行便利グッズ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『海外旅行では必需品に匹敵するネームタグは空港で預けない場合でも役立つ便利グッズ』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行ではネームタグが必要になる

海外旅行には必需品と呼ばれるグッズが色々とありますが、その中でも自分の荷物に装着するネームタグも必需品と呼んでも良いのではないでしょうか?

 

到着後の空港で荷物を受け取る場合に必要

出発時に航空会社のチェックインカウンターで荷物を預けた場合では到着後の空港で荷物を受け取る必要があります。

到着後の空港ではターンテーブルから荷物が色々と流れて来る事になります。自分のバッグと同じような形状や色をしている物も多いと思うので、どうやって自分の持ち物なのか?を判別する必要があります。

このような場合にネームタグは重宝します。とはいえ、空港によっても荷物の扱いが雑な場合もあるので、外れてしまう場合もあります。

そのため、ネームタグは複数箇所に装着しておく事が求められます。

 

ネームタグを荷物に装着する場合の注意事項

どのようなネームタグを利用するのか?によっても異なりますが、100円ショップで購入できる物といった場合では、紐で荷物にぶら下げる事になります。

ぶら下がっている状態になる訳ですが、紐の場合だと結び目が外れてしまってタグを紛失してしまう場合もあるので、このようなタイプを利用する場合では外れても問題ないように複数箇所に装着する事が必要になります。

また、紐タイプでない場合でも、基本的には複数箇所にネームタグを装着した方が良いです。1箇所ではパッと見で判断するのは難しいですし、確実にこれは自分の物であるといった感じの奇抜な色だったり形状の物の方が良いと思います。

特に市販で販売されているような物の場合は、他の人も利用している場合がありますし、装着した位置も同じ場所だったりする事も珍しくありません。

 

スーツケースの場合ではネームタグ付ベルトもある

海外旅行に持参するバッグといえばスーツケースなどのキャリーバッグを持参する場合が圧倒的に多いですが、ネームタグはどのように装着しているのでしょうか?

 

ネームタグ付スーツケースベルト

スーツケースなどのキャリーバッグを利用して海外旅行する場合に有ると重宝するのがネームタグ付きのスーツケースベルトになります。

ネームタグが標準で装備しているため、ネームタグが外れずに済む事が出来るので便利に利用する事が出来ます。

普通のネームタグの場合では、紐などでバッグに結んでぶら下げる事になるため、荷物を預けた時では確かに有ったのに、ターンテーブルから流れて来た場合に失くなってしまっている場合もあります。

海外の空港では預け荷物だったとしても雑に扱われる事もあるのでぶら下がっているだけのネームタグも外れてしまう場合があります。

 

実際にはベルトだけでは足らない

ネームタグ付きのスーツケースベルトをキャリーバッグに装着していれば大丈夫なのか?というと、そうでもありません。

このようなベルトでは1箇所のみネームタグが付いている事になるので、1箇所だけでは自分の荷物なのか?というのがパッと見で判断する事が出来ません。

航空会社のチェックインカウンターで荷物を預けた場合では似たようなスーツケースというのも多いと思うので、形状と色だけで判断するのは難しいです。

結局のところ、自分のネームタグを確認して預け荷物を受け取る事になるため、どの角度からでも確認できるようにしておいた方が賢明になります。

空港のターンテーブルには表面・裏面・横といった感じで流れて来るので、これは自分の持ち物かも知れないと近寄っても直ぐに確認できないと、もう1周回って来るまで待つ事になってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

機内に持ち込むバッグにもネームタグを装着を

飛行機の機内に持ち込む身の回り品のバッグや荷物にはネームタグを付けた方が良いです。特に頭上の収納BOXに荷物を収納する場合では、他の人と同じようばバッグが並んでしまう場合もあります。

このような場合にネームタグが自分の荷物に装着されていると重宝します。

 

自分の荷物だと主張される場合がある

あまりこのようなケースは滅多にないのですが、他の人と同じようなバッグを機内に持ち込んだ場合にちょっとしたトラブルに発展してしまう場合があります。

これは私のバッグである!と主張される場合があるのです。 え!? 何でこの人はそのような事を言うのだろうか? どうみてもこれは自分のバッグなのに・・・といった感じに陥ってしまいます。

でも、バッグの何処にも自分の持ち物であるという目印がない場合だと、本当にこれはあなたのバッグなのか?というのを問われる事になります。

何を持って自分のバッグなのか?を証明するのでしょうか? こういうまさかの展開に陥ってしまった場合に対応できるようにしておく事も必要になります。

 

機内に持ち込むバッグにもネームタグは必要

飛行機の機内に持ち込んだ身の回り品バッグが自分の物である!分かるように機内に持ち込む荷物にもネームタグが必要になります。

特に飛行機の場合では頭上の収納BOXに荷物を収納する事になるため、手元から離れる事になります。

一度、手元から離れてしまうと、安全性が低下する事になるため、他の第三者が故意的にこれは私のバッグであると主張された場合に困る事になります。

何箇所かに自分が分かる位置にネームタグを付けて置く事が求められます。1箇所の場合では外れてしまう事もあるので複数箇所が望ましいです。

 

海外旅行にはTSAロック&ネームタグ付スーツケースベルトが便利
皆さん こんにちは! 今回の記事は『海外旅行にはTSAロック&ネームタグ付スーツケースベルトが便利』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 スーツケースで旅行する場...

コメント