台湾旅行で夜市も含めて台湾料理を堪能の場合は胃薬と胃腸薬の持参を

台湾旅行情報

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『台湾は脂っぽい料理が多いので台湾旅行には胃薬と胃腸薬を持参して胃腸をケアした方が良い』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行で食べる食事は脂っこい料理が多い

台湾旅行の食事で食べる料理は食用油がふんだんに使われている場合が多いです。胃腸の弱い方にとっては、このような料理の場合はちょっと厳しいかも知れません。慣れてしまえば問題ないのですが、慣れるまでは大変かも知れません。

 

台湾の食事は脂っこい

台湾の料理には脂っこい料理が非常に多いです。料理に使われている食用油は日本で使われている食用油とは性質が異なるため胃に負担が掛かる場合があります。

食べている時は美味しく感じていても慣れない料理の場合は胃に負担を感じていることも多いため、慣れない料理を食べる時は注意が必要です。

油料理を多く食べた場合には胃のケアも必要になると思います。

 

台湾のお弁当

鉄道の駅で販売している駅弁や市内のお弁当屋さんで購入できる台湾のお弁当には、ご飯にも油がこってりと付いています。お弁当のおかずにはお肉やお魚も当然のように脂がこってりって感じの揚げ物が多いです。

日本のお弁当には魚の揚げ物でも骨が付いていることは無いと思いますが、台湾のお弁当には骨が付いていますから、食べる場合は骨に注意して食べましょう。

市内で販売しているお弁当を食べたことがありますが、筆者の口には合いませんでした。それ以来、台湾のお弁当は食べないようにしています。

 

食事の時に一緒に注文するおかず

朝食や昼食・夕食等に麺類を食べる場合は、おかずとして野菜を注文することがありますが、この時の野菜が、既に野菜炒めなのでコッテリと油で炒めてあります。

また、台湾といえば夜市になりますが、夜市でも食べ物も油をふんだんに使っている料理が多いです。油料理が苦手な場合や胃腸が弱い人は、程々に食べるようにしてセーブすることも必要になります。

そのようにしないと、台湾旅行から帰って来てから病院に通院することも実際にります。

 

スポンサーリンク

台湾旅行では食事後の胃の負担に注意を

台湾旅行では美味しい台湾グルメを堪能する旅という場合もあると思います。この場合は注意も必要です。食べていて胃の負担に感じる場合があるため、この時にそのまま食べてしまうのか?それとも食べるのを止めるのか?運命の分かれ道になります。

 

食用油の性質が違う

毎日の食生活で食用油を摂取していますが胃の負担を感じることは少ないです。大量に油料理を食べたりした場合は負担に感じることもありますが、普通の食事では胃の負担には感じないと思います。

これは日本の食用油に胃腸が慣れているため、負担に感じないことが多いです。それに対して台湾の美味しい料理では食用油が異なります。

いつもの食事で使っている食用油と品質性質が異なる物を摂取すると胃に負担を感じてしまいます。

 

胃の負担は感じる場合と感じない場合がある

胃の負担に感じる場合と感じない場合があります。感じる場合であれば身体が警告を発している状態なので助かりますが、感じていない場合もあります。

台湾の料理に免疫力がある場合であれば問題ないのですが、免疫力がない状態で胃の負担に感じないというのはちょっとまずいのではないのかな?と考えます。

 

胃の負担は個人差がある

胃の負担はどのような症状なのか?については個人差があるため一概には何とも言えないと思いますが、一例として筆者の場合で説明したいと思います。

筆者の場合は初めて台湾旅行をした時に色々な油こってり料理を食べました。この時に胃の負担を感じた訳ですが、胃腸薬は持参していたのですが胃薬は持参していませんでした。

結局、その当時は翌日以降は1つも台湾料理は食べませんでした。ぜんぜん受け入れられないといった感じに陥っていました。コンビニや日本食レンストランで食べていた感じです。

具体的にはどのような症状なのか?というと、簡単に説明すれば日本の食用油は胃に軽く、台湾の食用油は胃が重たくなるといった感じ。

 

台湾旅行には胃薬と胃腸薬の持参を

旅行の胃腸薬というと正露丸などの医薬品を持参する場合が多いですが、台湾旅行には正露丸に加えて胃薬を持参した方が賢明です。胃腸薬があれば胃薬なんて必要ないと考えてしまう場合もありますが、念の為に持って行くようにした方が良いです。

 

旅行には胃腸薬を持参する場合が多い

胃腸薬というと、胃腸の両方に効果のある薬と考えてしまう場合が多いですが、この考え方は間違っているかも知れません。

少なくとも油こってり料理の多い台湾グルメを堪能するという場合では胃薬胃腸薬に分けて持参するのが賢明です。

旅行では、いつも正露丸を持参するのですが、正露丸も胃腸薬という区分になっているため、胃にも効果があると思いますが、どの程度の効果なのか?ちょっと分からない感じがします。

 

台湾旅行には胃薬も持参を

台湾に限らず、海外旅行には胃腸薬も必要ですが、胃腸薬に加えて、胃薬を持参するようにした方が良いと思います。

胃腸薬の場合はどうしても胃腸の両方に効果があるというようなイメージになってしまいます。必ずしも持参した医薬品が効果があるという訳ではないため、日本の薬が手に入りにくい海外では胃薬と胃腸薬の両方を持って行くのが賢明です。

 

旅行でも暴飲暴食は良くない

台湾での食事に慣れていれも暴飲暴食は良くないです。どんなに美味しい場合でも必要以上に食べてしまうと健康にも良くないです。