ボディバッグタイプの折りたたみバッグはサブバッグとしてどうかな?

サブバッグ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『ボディバッグタイプの折りたたみバッグはサブバッグとしてどうかな?』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行にはサブバッグを持参する機会が多い

国内各地や海外といった宿泊を伴う旅行ではサブバッグを持参する場合が多いですが、どのようなサブバッグが良いのでしょうか? 皆さん色々なバッグを持参しているので気になってしまいます。

 

旅行に持参するサブバッグは何が良いのか?

旅行に持参するサブバッグは皆さん多種多様になりますが、何がよいのか?というのは人それぞれ好みや考え方が異なるので一概には何とも言えないです。

あえて言うのであれば、サブバッグに何を求めているのか?という部分が重要になって来るのではないか?と思います。

この部分は人それぞれ異なりますし、サブバッグなんて必要ないよ!と言う人も実際に居るのでサブバッグはそんなに重要なポジションではない場合もあります。

旅行では観光用のサブバッグが有ると便利というだけなので、純粋にこの用途で利用できるバッグであれば何でも良いと思います。

 

ショルダーバッグかリュックが最適

海外旅行であれば、メインバッグがスーツケースの場合が圧倒的に多いですから、サブバッグが必要になります。

流石にスーツケースを引いた状態で観光は楽しめないのでショルダーバッグリュックが有ると重宝します。

恐らくどっちかのバッグがあれば先ず問題ないのではないか?と思います。それぞれ一長一短があるのでどちらのバッグが最適なのか?というのは断言できないと思います。

飛行機の機内に限っていえば、ウェストポーチが最適だと思います。

 

ボディバッグ形態の折りたたみバッグは旅行にどう?

折りたたみバッグには色々なタイプが有りますが、その中でもボディバッグ形態になるタイプもあります。このようなバッグを旅行のサブバッグとして利用するのは有りなのでしょうか?

 

国内旅行ならば十分に検討の余地がある

ポケッタブル仕様のバッグの場合は基本的にバッグの生地が薄っぺらい仕様になっているため、海外旅行では流石に厳しいのではないか?と考えます。

特に海外旅行の場合では防犯対策も必要になるため、バッグ生地が薄っぺらいと簡単に破壊されてしまう可能性が高いです。

そうなって来ると、国内旅行が妥当なのではないか?と考えます。国内旅行でもサブバッグが必要になる場面も多いので、十分に活用できる機会があると思います。

実際に、筆者の場合はコロンビアのポケッタブル仕様のボディバッグを国内旅行で利用しているため、十分に検討の余地があります。

 

あくまでもサブいう使い方なら魅力的

ポケッタブルのボディバッグはバッグの生地が薄い事もあり、メインのサブバッグとして利用するのは流石に心もとないといった感じになります。

あくまでもサブのサブといった使い方で対応するのが良いのではないか?というのが率直な感想になります。

バッグの生地が薄っぺらいのでサイズ以上に収納する事が出来るので、この部分に関してはハッピーなのですが、ワンショルダー部分が決して厚みがあるという訳ではないので、あまり重たい物を収納するのは不向きと言った方が正解になります。

このような場合では、ショルダーパッド等を別途利用するなどの対策が必要になるのでは?と考えます。

でも、ボディバッグに対応しているショルダーパッドなんて有るのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

ボディバッグ形態の折りたたみバッグは魅力的

宿泊を伴う旅行に持参したいバッグの1つとしてポケッタブル仕様のボディバッグ(ワンショルダーバッグ)があります。

 

ファスナーポケットとして利用できる

ポケッタブル形態の場合はリュックのバッグインバッグとして利用する事が出来るのも魅力的になります。

リュックの内部にはベルクロ等で、ぶら下げる事が出来るようになっているタイプも有るため、そのような場合ではバッグインバッグとしてファスナーポケットを利用する事が出来ます。

ポケッタブル形態でも活用する事が出来て、ボディバッグ形態でも利用できるバッグであれば、どのような旅行でも便利に活用する事が出来ます。

このようなタイプのバッグであれば旅行に持参しても特に困らないのではないか?と考えます。

 

リュック1つで旅行する場合に便利

リュック1つで海外旅行する場合であれば、ポケッタブル仕様の折りたたみボディバッグは重宝するバッグになります。

衆発時は普通にリュックのバッグインバッグとして利用し、現地では観光用のサブバッグとして利用する事が出来るためです。

ウェストポーチ と異なり、ワンショルダー部分がバックル接続ではないため、防犯性の観点から考慮しても特に問題はありません。

心配があるとするならば、バッグ生地が薄くなっている部分になります。こればっかりはポケッタブルバッグなので仕方のない部分になります。

全てにおいて満足できるバッグというのは無いですから、妥協も必要になります。

 

コロンビア・アシュレイフォールズワンショルダーバッグのレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『コロンビアのアシュレイフォールズワンショルダーバッグのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 コロンビア・アシュレイフ...

コメント