夏と秋の季節の変わり目に海外旅行する場合は着替え衣服が非常に悩む

服装パッキング

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『夏と秋の季節の変わり目のシーズンに海外旅行する場合は着替え衣服が非常に悩む』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

夏と秋の季節の変わり目に海外旅行する場合

夏と秋の季節の変わり目のシーズンに海外旅行する場合では着て行く服装と着替え衣服をどうすれば良いのか?で大いに悩む場合があります。それもその筈で、両方の季節に対応しないといけないので荷物も増えてしまいます。

 

夏と秋の着替え衣服を持参

基本的に海外旅行では1つの季節に対応した着替え衣服を持参する事になりますが、季節の変わり目といった場合では両方の季節に対応した着替え衣服が必要になります。

何故なら、例え、旅行先が蒸し暑い夏の場合でも日本に帰国時は涼しい秋の季節になる場合が多いからです。

仮に夏物衣料だけを持参した場合では寒くて大変な事になってしまいます。洋服屋さんが営業していれば購入する事も可能になりますが、深夜といった時間帯に帰国した場合では空港内で過ごす事になります。

特に朝一番で空港リムジンバスや鉄道を利用して帰宅する場合では寒くて大変です。

 

服装も悩む

着て行く服装も悩みます。基本的には着替え衣服と同じなのでそんなに悩む事は少ないのかも知れませんが、それでもパーカーを持参した方が良いのか?といった感じで悩む場合があります。

帰国時の事を考慮すると、スエットのパーカーが欲しい感じになりますし、機内防寒としての役割も兼ねるので持参しても問題はないのですが、1つだけ困る事があります。

それはポケッタブル仕様ではないので、コンパクトに折りたたむ事が出来ない事です。やっぱり旅行ではポケッタブル仕様の方が色々と重宝するため、どうしようかな?といった感じになります。

 

夏と秋の着替え衣服だけで大丈夫なのか?

夏と秋の季節の変わり目の時期に海外旅行する場合に非常に悩むのが本当に両方の季節に対応すれば良いのか?という部分になります。帰国時は冬のような寒い日もあるかたです。

 

夏と秋だけでは大丈夫ではない

結論から先に言えば、夏と秋で大丈夫ではないというのは筆者なりの見解になります。というのも、秋の季節の場合でも夏のような暑い日もあれば、冬のように寒い日もあるからです。

夏のような暑さであれば何も心配する事はありませんが、仮に冬のような寒い日に当たってしまった場合は対応できなくなるからです。

この季節に海外旅行する場合は夏〜初冬まで対応できる着替え衣服を持参するのが賢明の選択になります。

但し、この場合では3つの季節に対応しないといけないため、何を持っていけばよいのだろうか?といった感じで非常に悩む展開になります。

 

初冬にまで対応した方が良い

仮に初冬まで対応する場合では防寒対策が重要になって来ます。旅行での防寒対策といえば、ポケッタブル仕様のライトダウンジャケットが基本になると思います。

というのも、とても軽量でかつコンパクトになるため、夏の海外旅行だったとしても機内防寒として利用する事が出来るからです。

問題はこれだけで大丈夫なのか?という部分になります。長袖シャツは1着ぐらいは持参した方が良いのではないか?と考えます。

帰国時の衣服として長袖を着用する目的で持参した方が良いと思います。それに長袖シャツであれば半袖シャツの上から重ね着も可能ですし、空港のトイレ等で着替える事も出来ます。

 

スポンサーリンク

 

海外旅行から帰国時の事も考慮が必要

季節の変わり目のシーズンに海外旅行する場合は帰国時の事も考慮しないといけません。特にLCCを利用して日本に帰国する場合では空港に到着するのが深夜といった時間帯になる場合が多いです。

 

帰国時は冬のような寒さの場合もある

海外旅行から日本に帰国した場合に、冬のような寒い日になっている場合もあります。この時に夏の半袖といった服装では風邪を引いてしまう事になるため、防寒着は有った方が賢明になります。

そもそも、飛行機の機内にはポケッタブルジャケットを持参している場合が多いですが、冷たい風や冷気といった類はカットできるので大丈夫なのではないか?と勘違いしてしまう場合があります。

確かにポケッタブルパーカーはウィンドブレーカーを兼ねる事が出来ますが、寒さ対策として有効なのは袖口がベルクロ留めになっているタイプになります。

袖口から冷気が簡単に侵入できるような感じのジャケットを着ていても、冷気が侵入してしまっては大した防寒対策には繋がりません。

 

防寒対策は必須

初冬のシーズンにも対応する為には防寒対策も必要になります。だからといって、夏〜冬までの着替え衣服を旅行に持参すると、着替え衣服だけでいっぱいになってしまうので得策ではありません。

初冬まで対応する場合でもコンパクトなパッキングを心掛ける必要があります。基本的には夏〜初冬までの着替え衣服の中でどの季節でも対応できる物を中心に準備するのが賢明になります。

寒い場合は重ね着で対応できるような感じで対策を行った方が良いです。尚、ポケッタブル仕様のライトダウンジャケットを利用する場合では袖口対策も必要になります。

 

季節の変わり目の時期の旅行で悩むのが着て行く服装と着替え衣服!
皆さん こんにちは! 今回の記事は『季節の変わり目の時期に旅行する場合に悩むのが着て行く服装と着替え衣服』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 いつも決まった...

コメント