イージーパンツであれば飛行機の機内で過ごすズボンとして丁度良い

旅行の持ち物

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『飛行機の機内で過ごすズボンとしてイージーパンツは丁度良い』についての内容になります。

機内では自分の座席周りはとても狭い空間になるため、リラックスできる雰囲気ではありません。リラックスできないと疲れが余計に溜まる事になるため、到着後の日程にも影響を及ぼす場合があります。

そこで、イージーパンツで過ごすのが丁度良いのではないか?という提案となります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

飛行機の機内で過ごすのは大変

皆さんは飛行機の機内ではどのように過ごしていますか?基本的には寝て過ごすのが多いと思います。とはいえ、そう簡単に眠れないのが飛行機の旅になります。

暇で退屈な空の時間

LCCなどの格安航空会社の場合では基本的に何もない状況になるため、何かしらの機内暇つぶしアイテムを持参する必要があります。

ずっと寝て過ごす事が出来るとは限らないのが実情になるため、暇で退屈で仕方ないという状況に陥らないように自分なりに工夫する事が求められます。

ポータブルゲーム端末を持参したり、ガイドブックを見ながら過ごすといった感じになります。

ここで注意しなけれなならない事があり、退屈だな〜と感じてしまった瞬間からストレスも発生する事になります。ストレスをいかに抑えて退屈な時間を有意義な時間に変える事も必要になります。

 

都合よく眠れるとは限らない

飛行機の機内で過ごす場合、ANAやJALといったフルサービスキャリアであれば、機内食やエンタメ、毛布を借りる事ができる事もあり、比較的に有意義に過ごす事が出来ます。

それに対して格安航空会社を利用する旅行では、エンタメや機内食、毛布がないので、とても快適に過ごせる環境ではありません。

この状態でも寝て過ごす事は可能ですが、快眠はできない場合の方が多いです。やっぱりLCCの機内で快眠する場合は快眠グッズを持ち込むなどの対策も必要になります。

 

スポンサーリンク

LCCで旅行の場合ではエンタメがない

LCCを利用して旅行する場合では格安料金で旅行が出来てハッピーな気分になりますが、その反面、機内での過ごし方に悩んでしまう事になります。

LCCでの過ごし方

LCCの機内の自分の座席周りには基本的にエンタメ設備がないですから、機内にエンタメグッズを持ち込む必要があります。エンタメグッズが無い場合は目的地の空港まで寝て過ごすのが一番良いです。

とはいえ、ずっと寝て過ごす事は出来ないと思います。途中でトイレに行きたくなりますし、隣の席の人がトイレに行く場合もあります。

このような場合では確実に起こされてしまいますから、また直ぐに夢の続きは見れないと思います。

結局のところ、LCCの機内で寝て過ごす事が出来ない場合に備えて、何か暇つぶしできるアイテムを持参しないと過ごすのが大変になってしまいます。

そのようなアイテムがない場合では落ち着きも無くなる影響もあり、余計にお尻付近が痛く感じてしまう事になります。

 

座席周りのスペースは狭い

LCCの場合だと最前列の座席でもない限り、足元がゆったりしている事はありません。座っている状態で膝は前の座席に当たってしまう場合もあるため、窮屈な感じの座り方になってしまいます。

このような状態で長時間過ごすと疲れやストレスも溜まりやすくなってしまうので、とてもリラックスな状態で過ごす事ができません。

長いフライトの場合では可能な限り、ストレスを感じないように努力する事も必要になります。都合よく目的地の空港までずっと寝て過ごす事が出来れば良いのですが、残念ながら快眠グッズ等がないと難しいため、LCCも一長一短になります。

 

飛行機の機内で過ごす場合はイージーパンツが良い

LCCを利用して旅行する場合では基本的にエンタメ対策も必要になりますが、それ以外にもリラックスできる衣服で飛行機に搭乗する必要があります。

イージーパンツはストレッチ性がある

飛行機の機内は狭い空間になりますし、長時間、同じ姿勢で座り続ける事になるので座っているだけで疲れやストレスが溜まりやすくなってしまいます。

このような状況では、目的地の空港に到着する前に疲れ切ってしまいます。現地の空港に到着したらフルに活動したい場合もありますから、どうにかして疲れやストレスを抑制しないといけません。

このような場合に丁度良い衣服は多種多様にありますが、ズボンであればデニムよりもイージーパンツが最適になります。

ベルトをしなくても良いですし、ストレッチ性のある素材が採用されているため、柔軟性もあります。

 

履いていてリラックスできる

飛行機の機内で過ごすズボンはデニムやチノパンといった場合でも良いのですが、機内で長時間過ごすにはストレッチ性や柔軟性がある方が良いと思います。

ズボンの場合では座ると、ビシッとへばり付く感じになるので腿に密着する感じになります。密着している時間が長ければ長いほど、締付けれらる感じに近くなるので体をクネクネさせたりする動作を行なってしまう事になります。

このような事を行うと、余計にお尻付近に負担を与えてしまう事に繋がりますから、お尻が痛く感じてしまう事に繋がります。

 

空港の保安検査がスムーズ

飛行機を利用する場合に避けて通れないのが空港の保安検査になります。ベルトをしたまま通過する事が出来ないため、着脱の手間が発生します。

樹脂バックルのナイロンベルトであれば、国内空港に限り、装着した状態でも通過できますが海外の空港では基本的にベルトは取り外さないといけないため、手間取る事になります。

でも、イージーパンツであればベルトを装着しないで済むため、スムーズに通過する事が出来ます。

 

イージーパンツは部屋(ルーム)着としても使える

筆者の場合はよくやるのですが、出発時に履いて行ったイージーパンツは、ホテルなどで過ごすルーム着として使っています。因みに帰りはカジュアルズボンを履いています。

ホテルではリラックス

海外旅行等では初日や最終日が本当によく疲れてしまうと思います。それに引き換え旅行中は楽しい気分になっているため、あまり疲れが表面に出て来ない場合が多いです。

それでもホテルに到着してシャワーを浴びると、一気に疲れが表面に出て来る感じになるため、バッタン休モードに突入しやすい場合が多いです。

そのまま寝てしまっても良いのですが、まだ寝るまでに時間が有る場合はリラックスタイムになります。この場合にイージーパンツを履いて過ごしています。

 

替えズボンの用途も兼ねる使い方が最適

確かに飛行機の機内ではイージーパンツを履いていた方がリラックスできるのですが、観光での街歩きといった場合では必ずしも最適なズボンという訳ではありません。

雨天といった天気のおいては最適なのですが、晴れていて気持ち良い感じの天気の場合ではカジュアルズボンの方が良いのである。

雨天時 及び 替えズボンとしての用途も兼ねる利用方法が最適なのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

軽量なので持参もOKが魅力

イージーパンツの場合では軽量なタイプも有るため、このような場合では替えズボンのポジションで持参するのも十分に大丈夫になります。

というのも、日本の空港ではナイロンベルトを装着した状態で保安検査を通過できますが、海外の空港では問答無用で取り外すように注意を受ける場合が多いため、出発時はイージーパンツでなくても良いのである。

どちらか?と言えば、帰りの飛行機の方が良さそうに感じます。