旅費の節約!旅行で買う特産品等のお土産を買わない選択も1つの方法

旅行
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

日帰り旅や1泊以上の宿泊を伴う旅行では色々とお金も時間も掛かりますが、どのぐらいのお金を持って行くのでしょうか?

足りなくなると困るので多めに持って行くとは思いますが、多く持っていると余計に使ってしまうので無駄遣いに発展する可能性も否定できません。

特に旅行では、魅力的に感じるお土産商品を購入する機会にも恵まれるため、甲乙うけがたい商品があると2つとも買ってしまう事も有るのでは?

今回の記事は『旅費の節約!旅行で買う特産品等のお土産を買わない選択も1つの方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

国内・海外旅行に持参するお金や費用

ここでは、国内旅行や海外旅行する場合では色々とお金を使うので、お金の準備はしっかりと行う必要があるについての内容になります。

海外旅行に持参するお金

ゴールデンウィークや夏休み、年末年始といった連休を利用して海外旅行する場合もありますが、この場合では、お金がたくさん必要になります。

基本的にはクレジットカードがあれば良いですけれども、現金も必要になるため、ある程度は持参する事になります。

持参するお金は「日本円」と「現地の通貨」になるのですが、旅行に持参するお金を全て両替しないで日本円も残すようにする必要があります。

何故か?と言えば、全部お金を使い切ってしまったら、想定外の事が発生した時に対応できないからです。

ここで言う想定外とは何なのか?と言えば、「帰りの飛行機に乗り遅れる」又は「帰りの飛行機が欠航になる」が考えられます。

 

日帰り旅の場合

旅行と言えば、宿泊を伴う旅行だけとは限りません。1泊しないで日帰りだけで旅行を満喫する場合もあります。

この場合では自宅から目的地までの往復の移動料金に加えて、寺社仏閣などの拝観料やテーマパークなどの施設への入場料、食事・飲み物といった費用も発生します。

基本的には、この程度のお金を持参すれば良いので宿泊を伴う旅行よりも気軽に行けるのではないでしょうか?

 

旅行の移動費用(交通費)も考慮が必要

旅行会社のツアーを利用して国内旅行する場合だったとしても交通費が発生します。何故か?と言うと、近くの主要駅や空港に待ち合わせ場所が設定されているからです。

自宅から集合場所までの往復の移動料金は発生するのである。これに加えて、集合時間によっては途中で食事を済ませる場合もあるため、その分も考慮が必要です。

 

スポンサーリンク

国内・海外旅行に持参するお金は何に使う?

ここでは、旅行に持って行くお金は、どのような用途に使うのかな?についての内容になります。

旅行に持参するお金の使い道

旅行にはお金が必需品になりますが、そのお金はどのぐらい持参すれば良いのでしょうか?

団体旅行などの旅行会社のツアー等で行く場合ではホテルなどの宿泊料金やバス移動、昼食といった費用はコミコミです。

特産品などのお土産を購入する費用や食べ歩きする場合に買う費用、間食のおやつ、飲み物代、集合場所までの交通費を持参すれば良さそうに感じます。

でも、実際にはこれだけでは足らないのが実情になります。

特に飛行機を利用する場合では悪天候などの影響で欠航になる場合もあるため、クレジットカードだけでなく、余計にお金を持参するのが賢明の選択になります。

 

お小遣いと交通費が多いのかな?

一概には何とも言えないのですが、個人的にはホテルなどの宿泊料金を除いて、旅行で支払う費用が多いと感じるのは、鉄道やバスなどの交通費がダントツのような気がします。

2番手に来るのがお小遣いなどの用途になる感じです。お小遣いでは食べ歩きやコンビニでの買物などの費用も含まれますから意外と多く感じます。

もっとも電子マネーで支払っているので実際にはそんなに使っている感がしない場合も有ると思います。

 

カード払いには注意が必要

日常生活の買物ではクレジットカード払いでお釣り不要で便利に利用していますが、旅行でもクレジットカードや電子マネーは必需品になります。

でも、現金で買わないのでそんなに使っている感じにならないので実際には、お金を使い過ぎている場合も多いです。

そのため、旅行でも同様な事が発生するので何でもカード払いで済ませてしまうのは注意が必要です。

 

旅行では、特産品などのお土産商品も買う場合あり

ここでは、旅行に行ったら、必ずではないのですが、銘菓などのお土産商品を購入して帰って来る場合も多いについての内容になります。

お土産商品は必要なのか?

自分へのご褒美として特産品などのお土産商品を購入する場合や家族へのプレゼント 又は 会社の同僚に日頃からお世話になっているお礼として銘菓などの商品を購入する場合もあります。

買うのは全然問題ないのですが、これって果たして本当に必要なのでしょうか?

というのも、自分へのご褒美は旅行に来ている時点で満足していますし、会社の同僚へのプレゼントはやらなくても良いからです。

何故か?と言うと、好みや感じ方は個人差がありますから一概には何とも言えないのである。お菓子であれば大丈夫だろう?と思っても、ダイエットしている場合では逆に困ってしまうと思います。

 

お土産は家族用だけで良いのでは?

あくまでも個人的な見解になりますが、旅行先で購入する特産品などのお土産商品は、家族へのプレゼント用だけで良いのではないか?と考えます。

一人旅であれば自分へのご褒美も買っても良いですけど、プレゼント先が増えれば増えるほど帰りのパッキングが大変になります。

旅行に出発する前でもパッキングで苦労する場合が多いのに、帰りも同様に苦労するのは如何なものかな?と考えます。

そもそも旅行では気分転換も兼ねるので、これじゃあ余計にストレスも溜まるのは気のせいでしょうか?

 

お土産は買わないでネット通販で先に購入も1つの方法

あくまでも個人的な見解になりますが、旅行に出発する前に楽天市場などのネット通販で旅行先のお土産商品を注文し、旅行から帰って来る日の翌日にお届け日に設定して購入するのも1つの方法だと思います。

これならば、帰りのパッキングで大変な思いをする事もないですし、お土産は一切考えなくて済むので、その分、時間を有効に活用できます。

というのも、お土産ショップに足を運ぶと、不思議とどの商品も魅力的に感じてしまって甲乙つけがたい状態になりやすいです。1つを決めれないのである。その結果、2つとも買ってしまう展開になる場合あり。

これでは余計にお金を使ってしまうので無駄遣いに繋がります。

 

お土産を買わない選択では旅費の節約に繋がる

ここでは、旅行ではお土産を買いたくなってしまいますが、買わないで帰るのも旅費の節約に繋がるについての内容になります。

お土産を買わない選択では旅費の節約に繋がる

旅行では、お土産を買わない場合もあります。現地の特産品などの食品は全て旅行中に食べてしまう 又は 見て満足するパターン。

この場合では旅行バッグも小さくする事ができるので身軽な旅も実現できるようになります。

というのも、お土産等を買う場合ではキャリーバッグなどのスーツケースでは収納できない場合もあるため、折りたたみバッグなどの便利グッズも必要になります。

旅行に持参すると便利に感じるグッズを買わないで済むため、旅費の節約にも繋がるのである。

折りたたみボストンバッグ27L!旅行のパッカブルバッグ・レビュー
皆さん こんにちは! スーツケースなどのキャリーバッグで旅行や出張する場合に役立つ便利グッズと言えば、バッグとめるベルトかな?と思ってしまいますが、たぶんポケッタブル仕様の折りたたみバッグじゃないのかな?と感じます。 折...

 

お土産を買わない選択では身軽な旅に繋がる

旅行先の美味しいグルメなどを食べるのも旅行の醍醐味の1つに該当します。

それなのに、旅行から帰った跡も美味しい食品を食べたい! 又は 家族にも味わいさせてあげたい!という欲求が発生するのが実情になります。

このような場合では自分への欲求は却下して、家族用に購入するのが賢明の選択です。だからといって、いくつもアレコレ買うのではなく、厳選も必要です。

旅行バッグに収納できる範囲内での購入が最適なのではないかな?と個人的に考えます。その理由としては、お土産を収納する目的で、折りたたみバッグを持参しなくて済むからです。

旅行に持参する持ち物が少なくなれば、その分、身軽になりますから移動する場合も楽になります。

旅費の節約!旅行で余ったお金は使い切らないで残して次回に役立てる
皆さん こんにちは! 旅行に行きたいな~と思ったら何をしますか?お金を捻出する事になると思いますが、既に予算化している場合も有ると思います。 このような場合ではいつでもOKなのですが、そうでない場合では旅費の工面が必要に...