旅費の節約!旅行の情報収集や計画時に全体費用の節約も考慮が必要

旅行
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

どのような旅行する場合でもお金は掛かります。日帰り旅の場合では、そんなに費用は発生しませんが宿泊を伴う旅行では相応に費用も掛かります。

この費用は右から左に移動していないと思いますから、予算となるお金を工面する必要も発生します。工面すれば良いのではなく、可能な限り無駄使いしないお金の使い方をする必要があります。

例えば、旅行で余ったお金は使い切らないで次回の旅行に活用するといった感じ。

今回の記事は『旅費の節約!旅行の情報収集や計画時に全体費用の節約も考慮が必要』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行に行きたいな~と思った場合

ここでは、旅行に行きたいな~と思ったら、どのような行動を行うのか?についての内容になります。

旅行の情報収集からスタート

旅行に行きたい!と思ったら、先ず最初にやる事と言えば、どこに行くのかな?ではないでしょうか?目的地が決まらないと、旅行の予算も組めないですから、情報収集からスタートする事になります。

あと、国内旅行なのか?海外旅行なのか?も考える必要があるため、どのぐらいの日数を宿泊するのか?も考える必要があります。

国内であれば旅行会社のツアーを利用するのも1つの方法になります。ツアー旅行であればカタログから選択すれば良いのでそんなに悩む事は少ないのかな?

 

目的地の選定

旅行会社のツアーを利用する旅ではなく、個人旅行や家族旅行といった場合では宿泊先のホテルなども自分で調べて予約する必要があります。

観光プランも自分で計画して念入りに調べる必要もあるため、考える期間も必然的に長くなると思います。

何故か?と言えば、せっかく旅行に行くのですから満足できる旅にならないといけないです。

現地の美味しいグルメを堪能したり、寺社仏閣、お城、テーマパークや各種施設なども訪れたりする事になるため、どこに行くのか?はとても重要になります。

 

旅行代金の試算(予算を組む)

何処に行くのか?が決まれば、旅行の予算も漠然ですが、大枠は決める事ができると思います。目に見えていない費用はどのぐらい有るのか?も試算する必要があります。

見えていない費用は何なのか?と言えば、たぶん食事間食なんじゃないのかな?と個人的に考えます。食事する場所によっても価格が異なりますから、どのぐらいの価格までなら許容できるのか?も関係あります。

あと、往復の交通費も重要です。ツアー旅行の場合でも、集合場所までの往復交通費は発生するので交通費の試算も必要になります。

 

スポンサーリンク

国内・海外旅行では予算(お金)も重要

ここでは、旅行の予算を組む場合では、旅行代金と持参するお金(お小遣い)も重要についての内容になります。

旅行の予算

旅行に行く場合では全体の費用はどのぐらいになるのか?総額を求める事になります。右から左にお金を移動できるのであれば特に問題ありません。一人旅の場合なら、これでも良いのですが家族となると話は別です。

4人家族の場合では4人分の費用が発生するので流石に右から左にポン!とお金を出せる状況にはならないのではないでしょうか?

旅行するために積み立てていた預金を引き出したとしても相当の金額になります。

 

海外旅行ではお金を両替する必要あり

海外旅行の場合では、国際空港で日本円を現地の通貨に両替する必要があります。この時に、旅行に持参しした日本円を全て両替はしません。

最低限必要な金額は両替しないで手元に残しておくのが鉄則になります。どうしてなのか?と言うと、想定外の事が発生した場合の保険になります。

ここで言う想定外とは何なのか?と言えば、帰りの飛行機に乗り遅れてしまった場合や帰りの飛行機が欠航になってしまった場合となります。

乗り遅れるような事が発生するのか?と思うかも知れませんが、交通事情の関係で空港に到着する時間が間に合わないという状況は十分に考えられます。

 

お小遣いはどのぐらい持参するのか?

旅行の費用の中で見えないお金の支払いと言えば、お小遣いの予算になります。

何せ、旅行で遊んで食べてリフレッシュするお金になるので、どのぐらい使うのか?は予想しても予想通りになりません。

現金で持ち歩くのか?それともクレジットカード払いにするのか?も関係あると思います。

 

旅行では計画時に旅費の節約も考慮が必要

ここでは、国内・海外旅行では全体費用も相当な金額になってしまうので旅費の節約にも配慮した方が良いについての内容になります。

旅行ではお金が掛かる

どのような旅行だったとしても、お金は掛かるようになっています。一番安上がりなのは宿泊しない日帰り旅になるのではないでしょうか?

ツアー旅行の場合でも安く旅行できるプランも多いですが、観光となると、自分が行きたい場所なのか?も考慮する必要があるため、このことを考えると一人旅の方が良さそうに感じます。

日帰り・宿泊どちらの場合でも往復の交通費と食事代、特産品などのお土産商品を買う費用は発生しますから、これらも含めると、結構な金額になりやすいです。

もっとも、お土産は買わないで見て食べて満足するといった場合もあるため、色々な旅行のスタイルを楽しむ事ができます。

 

旅費の節約は旅行の計画時に練り直す必要あり

1泊以上の宿泊を伴う旅行ではお金もワンランク上になってしまうのが実情になります。特に毎年のように海外旅行に行きたいと考えている場合では節約も必要になります。

海外旅行ではとにかくお金が掛かるので、節約できる部分は節約して、次回の旅行に活用するといった対策も必要になるのではないでしょうか?

これを行わなくて済むのならば全てにおいて素晴らしいのですが、なかなか全ての人がこのような事はできないのが実情なので旅費の節約も考慮するのが賢明の選択になります。

その為には計画時に少しでも節約できるようにプランを練り直す必要もあります。

 

旅費を節約して次回の旅行費用に充てよう!

ここでは、国内・海外旅行の費用を節約して次回に旅行費用に少しでも多く充てる努力をしよう!についての内容になります。

節約したお金の使い道

少しでも旅行の費用を節約できた場合では、このお金をどうするのか?も悩みのタネになりますが、一番良さそうな方法としては、旅行用の銀行口座を作って、旅行費用のお金を管理する方法。

とはいえ、実際には自分へのご褒美として買物に使ってしまう場合も多いです。これでも良いんですけれども、せっかく節約したのですから預金した方が良いのでは?と思うのは気のせいでしょうか?

旅行で使ってしまったお金として考えてしまえば、他の商品を買っても特に問題ないのも実情になるため、この選択も有効にお金を活用していると言えるのかも知れません。

 

旅費の節約&余ったお金は再預金して活用

旅行の費用を節約したお金は欲しい商品の購入に充当するのも1つの方法になりますが、本来であれば旅行の目的で工面したお金になるため、他の商品の買物に充当するのはよくないと思います。

持参したお金は余る場合もありますし、旅費の節約で浮いた金額も含めて次回の旅行の費用(予算)に充当するのが最適だと個人的に考えます。

この場合では、旅行目的の銀行口座を開設するか?又は既存の銀行にて定期預金を作成するか?して再預金してお金を運用するのが良さそうに感じます。

この活用方法であれば有効活用できますから別勘定にして運用するのも1つの方法だと思います。

旅費の節約!旅行の持ち物はミニマリストを参考にすると節約に繋がる
皆さん こんにちは! 旅行では色々と費用も発生しますが、旅行に出発する前も関連するグッズを買ったりするので、これらも含めると相当な金額が動いているのではないでしょうか? 何も買わないで準備できれば一番良いのですが、準備し...