Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

旅行の非常食!海外旅行にカップ麺の持参はやめて現地で袋麺の購入を

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『海外旅行に持っていく非常食としてカップ麺を考えている場合はカップ麺はやめて現地で袋麺を買った方が良い』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行で非常食やカップ麺を食べる機会

海外旅行なのにどうして非常食やカップ麺を持参するのか?と不思議に思ってしまう人も居ると思います。海外旅行だからこそ、非常食が必要になる場合があるのです。

 

海外旅行では非常食を食べる機会がある

海外旅行では非常食を食べる機会に恵まれてしまう場合もあります。現地の食事が合わないといった場合が想定されます。

日本で食べていた味付と異なるため、どうしても受け付けることが出来ないという感じになります。特にこのような傾向に陥り易いのは子供が多いです。

子供を連れて家族で海外旅行する場合は非常食等を持参した方が賢明だと思います。

また、大人でも場合によっては食あたりになることもあるため、このような場合でも対応できるように1食分は非常食を持参しても良いのでは?と考えます。

 

防災備蓄の非常食の消費期限が1年以内の場合

海外旅行のパッキングする時点で防災備蓄としているアルファ米などの非常食の消費期限が1年以内を切っている物が見つかったら、海外旅行に持参して食べるという方法もあります。

このような非常食は残り1ヶ月を切った時点で食べようとすると、まとめ買いしている場合が多いため、食べて処分するのが大変になってしまいます。

そのことを考慮すると、消費期限が1年以内になった非常食を旅行に持参して消費するという方法も十分に有りなのではないか?と考えます。

 

ホテルにカップ麺がサービス提供の場合がある

海外旅行のホテルに宿泊すると、粉末コーヒーやミネラルウォーター、シャンプ、リンス、ボディソープといったサービスで提供されている物の中にカップ麺も含まれている場合があります。

サービスで提供されているカップ麺は現地の味付になっている場合が多いため、食べて美味しいと感ないこともあります。

そのため、海外旅行中に美味しいカップ麺を食べたいな〜と思った場合は日本から持参するといった考え方もありますけど、そこまでする必要はないと思います。

現地のスーパーには日本のカップ麺も販売されている場合があるため、輸入品なので多少価格は高くなりますが購入することも出来るので、現地で買うという選択もありだと思います。

 

海外旅行にカップ麺を持参するのは良くない

海外旅行に日本の美味しいカップ麺を持参しようと考えたことは有りますか?あまりこんなことは考えたくないのですが、筆者の場合は1度だけ持参したことがあります。結果は散々だったので以後、持参していません。

 

カップ麺を持参するのは良くない

カップ麺や袋麺を海外旅行にちゃんと梱包しないで持参すると麺がポキポキ折れた状態になってしまう場合がある。

これだけならば問題ないのですが、スーツケースの中に入れて持って行くと預け荷物になるため、ホテルに着いた時に確認すると容器が変形 又は 割れてしまっていることもあります。

カップ麺や袋麺を旅行に持参する場合は梱包は重要です。でも、カップ麺如きにしっかり梱包なんぞしていたら余計に重たくなってしまうため、素直に現地で購入した方が良いです。

 

しっかり梱包が必要

カップ麺や袋麺を海外旅行に持参する場合はそれなりに梱包が必要になります。乾麺はただでさえポキポキ折れ易いのに、しっかり梱包したとしても移動中に折れてしまうこともあります。あまり意味がない感じです。

特に飛行機を利用する旅では、預け荷物を丁寧に取り扱ってくれるとは限りません。それこそ訪れる国や地域によっても異なります。

 

 

旅行にカップ麺を持参するのであれば現地で購入を

カップ麺や袋麺は現地でも購入できます。わざわざちゃんとした梱包をしなくても現地のスーパーで買うことが出来るため、手間暇を掛ける必要はありません。日本のカップ麺も販売されている場合があるため、持参する必要はないと思います。

筆者の場合は、海外旅行中に袋麺を購入して簡単調理することがあります。過去何回か実際に調理して食べています。

 

持参するよりも現地で購入を

海外旅行でカップ麺や袋麺を持参しなくても現地のスーパーでカップ麺や袋麺を購入することが出来ます。

わざわざ日本から持参するという手間をしてまで持って来る必要はありません。でも、現地で購入できるカップ麺や袋麺は必ずしも美味しいとは限りません。

現地の人に合わせて生産されているため、味付が合わない場合もあります。このような場合は高くても日本から輸入されているカップ麺を購入するのが良いと思います。

又は、トッピングする具材やスープの素だけを持参して現地で買うのは袋麺というパターンでも良いと思います。

 

海外旅行中でも簡単調理

袋麺を購入しても調理することが出来ないため、購入する意味がないのでは?と思うかも知れませんが、調理することが可能な場合があります。

保温調理器であるサーモスのスープジャーを旅行に持参すると、袋麺を海外旅行でも調理することが出来るのです。

容器の器に合わせてスープの素や熱湯、トッピングする具材等を調整する必要がありますが、それでも美味しくアツアツのまま食べることが出来るため、挑戦してみるのも良いと思います。

熱湯さえ用意することが出来れば、どこでも袋麺が食べられるので重宝すると思います。

 

海外旅行で袋麺や非常食を食べる場合はサーモスのスープジャー持参を
皆さん こんにちは! 今回の記事は『海外旅行で現地で買う袋麺やフリーズドライ食品などの非常食を食べる場合はサーモスのスープジャーを持参』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。...

コメント