Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

旅行の非常食!防災備蓄の味噌汁はフリーズドライ食品が旅行に最適

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『防災備蓄の味噌汁を海外旅行に持参する場合はフリーズドライ食品が最適』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

海外旅行では味噌汁が飲みたくなる場合がある

海外旅行では現地の食事の味付等によっても異なりますが、いつもの食事で飲んでいる味噌汁が飲みたくなってしまう場合もあります。毎日の食事では必ずではありませんが飲む場合が多いため、何か物足りなさを感じてしまうような感じ。

 

海外旅行で味噌汁を持って行く機会

国内旅行であれば、味噌汁を飲む機会に恵まれますが、海外旅行の場合は日本食レストランにでも行かない限り、味噌汁を飲むことは難しいです。

毎日の日課として1回は味噌汁を飲まないと〜と思っているような人も居ます。このような場合では海外旅行にも味噌汁を持参したくなってしまうものです。

でも、飛行機の機内には生味噌を持込できないこともあり、結局は粉末タイプで我慢という場合もあります。このような時に便利なのがフリーズドライ製法で作られた味噌汁です。

 

海外旅行でも味噌汁は飲める

海外旅行で毎日の食事で飲んでいる味噌汁を飲むことが出来ます。日本食レストランや現地のスーパー等でも味噌を販売している場合もあるため、旅行中でも飲むことは可能になります。

但し、日本の味噌が使われているとは限らないため、いつもの美味しさではない場合もあります。また、味噌汁の中に食用油が含まれていたりする場合もあるため、スープのような感覚で飲むこともあります。

現地で味噌汁を飲む場合は、このような事も想定して飲むのが良いと思います。いつものイメージのまま飲むと違和感があるかも知れません。

 

味噌は飛行機の機内に持ち込めない

毎日の食生活で味噌汁を飲んでいる場合は、海外旅行でも味噌汁と飲みたいと思う場合もあります。このような場合は注意が必要になります。

味噌は飛行機の機内に持ち込むことが出来ないため、空港のチェックインカウンターで預ける荷物に含める必要があります。

 

味噌は液体に分類される

海外旅行でも味噌汁を飲みたいと思う人も居ると思います。生の味噌は液体物に含まれるため、飛行機の機内に持ち込むことができません。

味噌はペースト状になっているため、液体という感じではないのですが水分が含まれているため、液体物という扱いになります。

機内の持ち込む場合は航空会社が規定する手荷物規定を遵守する必要があります。

 

液体を機内に持ち込む場合

液体を機内に持ち込む場合は、液体物持込制限ルールを遵守する必要がある

100ml以下の容器に入れて、容量が1L以下のジッパー付の透明プラスチック製の袋に入れる必要あり。

味噌をこんな容器に入れることは出来ないため、美味しい味噌汁を海外旅行でも楽しむのであれば、荷物を空港のチェックインカウンターで預ける 又は 粉末やフリーズドライ食品を持参するなどの対策が必要になります。

 

海外旅行で味噌汁を飲む場合

空港のチェックインカウンターに預ける荷物に含めてしまうと、取り扱いが雑だと何かの拍子で漏れ出してしまう可能性もあるため、粉末 又は フリーズドライ食品の味噌汁を持参するのが賢明です。

でも、粉末タイプだと生の美味しさが失われてしまいます。そうなって来ると、フリーズドライ製法で作られた味噌汁が最適です。

 

 

海外旅行にはフリーズドライ味噌汁の持参を

初めて訪れる国や地域に旅行する場合は、想定外に見舞われることもあります。旅行期間中にお世話になる食事が自分には合わないといった、まさかの状況に陥る想定外も実際にあります。

このような場合への対応も海外旅行では必要になります。

 

防災備蓄の非常食は海外旅行で活躍する機会あり

海外旅行では、現地の美味しい料理を食べることになりますが、必ずしも美味しく感じる料理とは限りません。どうしても自分には味付や食用油などが合わないという場合も発生します。

このような場合に重宝するのが防災の非常食として備蓄しているアルファ米フリーズドライ食品の味噌汁です。

この2つを海外旅行に持参していれば、もしもの食事が合わないといった想定外の出来事にも対応することが出来るため重宝します。

また、海外旅行中でも、いつもの味噌汁を美味しく飲むことが出来るため、ホームシックではないですけど、ホッとする場合もあります。

 

フリーズドライ味噌汁は持ち運びも楽

お湯お水 で食べられる状態に戻すことが出来るアルファ米と違って、フリーズドライ食品の味噌汁は軽量&コンパクトです。

ご飯物の場合はある程度の量が必要になりますが、味噌汁ならばそんなに面積を必要としないこともあり、旅行に持参するのも問題ありません。

但し、デメリットもあります。フリーズドライ味噌汁の場合は容器がないため、何かしらの容器を必要とします。

ホテルに宿泊するのであれば、コーヒーカップが提供されている場合があるので、コーヒーカップで飲むことも出来るため、海外旅行でも味噌汁を楽しむことが出来て便利です。

 

旅行の非常食!防災備蓄のフリーズドライ野菜を旅の野菜不足の対策に
皆さん こんにちは! 今回の記事は『防災備蓄のフリーズドライ野菜を海外旅行に持参して旅行中の野菜不足に役立てるのも有り』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 海外...

コメント