Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

旅行の非常食!水もどし乾燥餅の備食もち万年はおやつ感覚で食べる餅

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『旅行に持参する水もどし乾燥餅の備食もち万年』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

水もどし乾燥餅は直ぐに食べられる状態になる

水もどし乾燥餅の良いところは、乾燥餅にお水を十分に含ませれた直ぐに食べれる状態になります。アルファ米のようにお水で60分もの時間を必要としないため、もしもの防災備蓄として乾燥餅もバリエーションの1つに加えてみては如何でしょうか?

 

水もどし乾燥餅

水もどし乾燥餅はその名の通り、水を乾燥餅に含ませると食べられる状態に戻せるお餅になります。僅かな時間で食べられる状態になるため、もしもの災害時に食べる非常食として重宝します。

非常食の主食というと、カンパンやアルファ米のご飯というイメージになりますが、もち米の乾燥餅も主食になるため、備蓄しておくと重宝します。

アルファ米の場合だと食べられる状態になるまで、お水で60分も掛かってしまうため、本番で食べるのは現実的に厳しい感じになります。

それに対して水で戻せる乾燥餅の場合であれば僅か1分程度で簡単に食べられる状態になります。もっともこれは乾燥餅のサイズ等によっても異なります。

 

水もどし乾燥餅はもち米

もち米で作られている乾燥餅は食べると腹持ちが良いため、小腹を満たすことが出来ます。あくまでも小腹を満たす程度であれば問題ないのですが、食事の代わりに食べるとなると話は別になります。

非常食として販売されている乾燥餅の場合は1つ辺りのお餅のサイズが小さいです。え!?こんなに小さいの?といった感じなのでとても満腹感が得られるという感じにはなりません。

少なくとも食事の代用として食べるのであれば、ある程度の満腹感が欲しいです。もち米なのにちょっと勿体ない感じです。

 

旅行に持参する水もどし乾燥餅の備食もち万年

旅行に水もどし乾燥餅の備食もち万年を持って行くことがあります。食事の代わりではなく食後のデザートといった感じに食べる目的になります。この備食もち万年も他の乾燥餅と同じようにお餅のサイズが小さいのです。

 

水もどし乾燥餅の備食もち万年

水もどし乾燥餅の備食もち万年を開封すると、55mm × 39mm × 6mm サイズの乾燥餅ときな粉、プラスチックの楊枝、水皿も兼ねるトレーが入っています。

水皿も兼ねるトレーの中に乾燥餅が6個が入っています。

はっきり言って乾燥餅はサイズが小さいので1個食べても満腹にはなりません。6個全部食べてやっとお餅1個分になる感じだと思います。

 

 

備食もち万年の調理

① トレーの水皿
水皿と書いてあるトレーにお水を入れる

 

② 乾燥餅を入れる
水皿には3個の乾燥餅をセットすることが出来ますが、3個入れてしまうとくっついてしまって1個ずつ取り出すのが大変になってしまいます。2個ずつ水皿に入れるようにした方が賢明です。

 

③ 水分を含ませる
水皿に乾燥餅を入れるとあっという間に食べられる状態になります。ここでの注意事項は、乾燥餅に十分に水分を含ませない状態で食べると口の中でザラザラな食感があることです。

ちゃんと十分に水分を含ませてから食べるようにしましょう。

 

④ きな粉を入れる
水皿のトレーに反対側にきな粉を入れます。全部入れてしまうのではなく、トレーにきな粉を敷く程度で良いです。

 

⑤ 楊枝で取り出す
プラスチックの楊枝でお餅を取り出してきな粉の上に載せます。取り出す時にお餅がしなっていれば十分に水分を含んでいる状態になっています。

 

⑥ 反対側にもきな粉をまぶす
楊枝できな粉の上に載せたら、その上からきな粉をまぶします。

 

⑦ 食べる
両面ともきな粉がまぶした状態でお餅を食べます。

※ 残りの乾燥餅もこの繰り返しで食べます。

 

そのまま食べても美味しい

付属のきな粉をつけて食べるのが推奨の食べ方になりますが、別に何もつけないで、そのまま食べてもモチモチしていて美味しいです。

6個全部きな粉をつけて食べてしまうのも良いですが、1個ぐらいは何もつけないで食べてみることをお勧め致します。

 

きな粉は甘くて美味しい

きな粉は乾燥餅6個分よりも多めに入っています。筆者の場合は約半分程度のきな粉が残ってしまいます。

このきな粉ですが、お砂糖が含まれていて、食べると美味しいです。おやつ感覚に食べるのであれば丁度良い甘さだと思います。

 

 

水もどし乾燥餅の備食もち万年はおやつ感覚

備食もち万年は水でもどせる乾燥餅になりますが、モチモチしているけど、満腹感のないお餅といった方が正解かも知れません。ちょうど小腹を満たす間食のおやつとして食べるお餅といった感じです。

 

備食もち万年はおやつ感覚で食べる餅

備食もち万年には6個の乾燥餅が入っていますが、6個全部食べた場合でもお餅1個分といった感じになってしまうため、食事の代わりとして食べることが出来ません。

付属のきな粉もお砂糖がたっぷり含まれていることもあり、間食のおやつ感覚で食べといった感じのお餅になります。

旅行で食べる場合は、おやつというより食後のデザートという表現が合っているのでは?と思います。

 

満腹にならないお餅

6個全部食べても満腹にならないお餅というのもどうなんでしょうか? 乾燥餅のサイズが小さいのが影響しているのか?それとも入っている乾燥餅が少ないのか?のドチラか?だと思います。

小腹を満たす程度で食べるのであれば丁度良いサイズになるため、完食のおやつに食べるお餅という表現の方が正解だと思います。

 

旅行の非常食!防災備蓄の備食もち万年は、水で戻して食べる乾燥餅
皆さん こんにちは! 今回の記事は『防災備蓄の非常食として、お水で戻せるお餅の備食もち万年を旅行に持参』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 お水で戻せるお餅は防...

コメント