Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

旅行の非常食!尾西アルファ米の山菜おこわはアレルギー対応のごはん

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『旅行に持参する尾西アルファ米の山菜おこわはアレルギー対応のごはん』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

旅行にはアルファ米のご飯を持参する場合がある

旅行にアルファ米のご飯を持参する場合となると、海外旅行に限定されてしまう感じになりますが、食物アレルギーに悩んでいる場合では国内旅行でも持参することが出来るため、国内や海外問わず便利に食べることが出来る食品でもあります。

 

海外旅行では

初めて旅行する国や地域の場合は現地の食事が合わないこともあります。食材や味付、食用油、食べる環境等が日本と異なるため、どうしても受け入れることが出来ないといったパターン。

この場合では楽しい海外旅行が楽しくない旅行になってしまうため、現地の日本食レストランで食事をする 又は 防災備蓄の非常食を持参して対応する等の対策も必要になります。

このような場合に備えて、旅行に出発する前に旅行で訪れる国の料理を食べて見た方が良いかも知れません。

 

非常食の試食として

もしもの自然災害の場合に備えて各家庭では防災備蓄として様々な非常食を備蓄している場合が多いです。最低でも1人あたり3日分の非常食を備蓄してくださいと言われています。

実際にはライフラインが寸断されてしまうような災害では3日分だけでは足らないため、7日分ぐらいは備蓄しないと駄目だと思います。

このような各家庭で備蓄している非常食は一度も試食しないで備蓄している場合が多いため、もしもの災害時では、ぶっつけ本番で食べることになります。

これはどうなのでしょうか? これでも良いのですが、可能ならば試食しておいた方が良いです。試食しないで本番に食べてみたらあまり美味しくなかったとおいうこともあります。少なくとも味見をした上で備蓄するようにした方が賢明です。

 

尾西アルファ米の山菜おこわはアレルギー対応のごはん

旅行にも持参する機会のある尾西アルファ米の山菜おこわはアルルギー対応食品になります。食物アレルギーで悩んでいる場合でも食べられるようにパッケージの表面と裏面にアルルギー物質(特定原材料等)27品目不使用と記載があります。

 

尾西アルファ米の山菜おこわ

尾西アルファ米の山菜おこわは山菜が多く含まれている混ぜごはんになります。美味しいもち米も含まれているためモッチリ感もあって食べやすいです。

パックの内容量は100gですが、お湯 又は お水 で調理した後は210gになります。

ちょうど、お椀たっぷり1杯分の量になります。

スプーンも付属されているため、割り箸などの食器を用意しなくても食べることが出来ます。

尾西アルファ米の山菜おこわの賞味期限は、製造日から数えて5年になります。

 

 

アレルギー物質(特定原材料等)27品目不使用

尾西アルファ米の山菜おこわご飯の特徴として、アレルギー物質(特定原材料等)27品目不使用があげられます。

食物アレルギーに悩んでいる場合でも、この山菜おこわご飯を備蓄しておけば、もしもの災害時でも食べることが出来るため、防災でも旅行でも便利に活用できる非常食だと思います。

レトルトパックの裏面にはアレルギー物質が使われているのか?パッと見で分かるように記載されているので助かります。

 

尾西アルファ米の山菜おこわを旅行で調理

① 山菜おこわを開封
尾西アルファ米の山菜おこわを開封します。ハサミなどを使う必要はなく、手で開封することが出来ます。

 

② スプーン等を取り出す
開封したら、袋の中に入っているスプーンと脱酸素剤、調味粉末を取り出します。

 

③ 調味粉末
袋の中に調味粉末を入れます。お湯を入れる前に一度チャックを閉めて調味粉末が混ざるように振った方が良いです。

 

④ お湯 又は お水を注ぐ
袋をしっかりと広げてから、お湯 又は お水 を注水線まで注いで密封します。

 

⑤ 出来上がるまで待つ
お湯を注いだ場合は15分待つと、ふっくらした山菜おこわご飯が出来上がります。

 

 

旅行にはフリーズドライ食品の方が良い

アルファ米はお湯又はお水で調理することが出来て便利なのですが、現実的にお水で調理すると60分もの長い時間をひたすら待ち続ける必要があるため、旅行ではお湯での調理が必須になります。そういう意味ではフリーズドライ食品の方が便利に感じます。

 

調理するのは面倒

旅行でアルファ米を食べるのも良いのですが、お水で60分もの時間が掛かるのは先ず無理です。その点フリーズドライ食品であればメーカーによっても異なりますがお水で15分程度で調理できる食品があります。このような食品の方が旅行には最適です。

但し、フリーズドライ食品の場合はご飯物が少ないというデメリットも併せ持つため、一長一短があるのも確かです。そうなって来るとやっぱり調理しないで食べられるタイプの非常食が旅行には最適です。

 

旅行の非常食!防災備蓄の尾西アルファ米の山菜おこわで山の恵み持参
皆さん こんにちは! 今回の記事は『防災備蓄の尾西アルファ米の山菜おこわを海外旅行に持参』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 尾西アルファ米を防災の非常食として...

コメント