Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

旅行の非常食!尾西アルファ米のわかめごはんはアレルギー対応食品

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『旅行に持参する尾西アルファ米のわかめごはんはアレルギー対応食品』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

旅行に持参する非常食のアルファ米

防災備蓄のアルファ米は旅行にも持参する機会がありますが、旅行では海外旅行に限定しなくても食べる機会があります。海外旅行であれば現地の食事が合わない場合に備えて旅行に持参するといった方法になりますけど、それ以外ではどのように活用できるのでしょうか?

 

海外旅行以外の用途

防災備蓄のアルファ米といっても色々な種類があり、ごはん物や携帯おにぎりといったタイプ&豊富な味付があります。

ご飯物であれば海外旅行に限定されてしまう活用方法になってしまうのですが、おにぎりタイプであれば海外旅行に限定しなくても十分に活用することが出来ます。

特にレジャーや山登りといった場合では、もしもの非常食にもなりますし、休憩時に食べる行動食にもなるため、重宝します。

但し、この場合は水筒にお湯を入れて持参している場合に限ります。

 

アルファ米のデメリット

旅行やレジャーにアルファ米を持って行く場合には保温性のある水筒の中に熱湯を入れて持参する必要があります。

アルファ米は お湯 又は お水 がないと調理することが出来ないため、旅行やレジャーに持参しても調達できないと食べることが出来ません。

旅行であればホテル等でお湯を調達することも出来ますが、ピクニックや山登りといった場面ではお湯を持参する必要も出てきます。お湯を調達できるのか?が重要なポイントになります。

そうなって来ると、もしもの災害のために備蓄する用途 又は 海外旅行に持参するといった活用方法しかなさそうです。

 

尾西アルファ米のわかめごはんはアレルギー対応食品

防災備蓄のアルファ米も色々な種類がありますが、尾西アルファ米のわかめごはんはアレルギー物質(特定原材料等)27品目不使用の食品です。

 

尾西アルファ米のわかめごはん

尾西アルファ米のわかめごはんには、わかめも多く含まれていることもあり、香りと風味を楽しめるごご飯になります。

レトルトパックの内容量は100gですが、お湯 又は お水 で調理した後は260gになります。

お椀で軽く2杯分の量になります。

スプーンも付属されているため、割り箸などの食器が無くても食べることが出来ます。

尚、賞味期限は製造日から数えて5年になります。

 

わかめごはんはアレルギー対応食品

アレルギー物質(特定原材料等)27品目不使用食品の利点は、購入する側と備蓄する側の双方にとっても便利な食品であることです。

購入する側はアレルギー対応食品を探す時に手間取ることが多いですが、尾西食品のレトルトパックには表・裏面にアレルギー物質27品目不使用の記載があるため、パッと見て分かりやすいです。

備蓄する側は、アレルギー対応食品とそうでない食品を分けて備蓄管理するのは大変になるため、アレルギー物質27品目不使用の非常食に一本化することが出来ます。

この方が逆にお財布にも優しいと思います。

 

尾西アルファ米のわかめごはんを旅行で調理

① わかめごはんを開封
尾西アルファ米のわかめごはんを開封します。ハサミなどを使う必要はなく、手で開封することが出来ます。

 

② スプーン等を取り出す
開封したら、袋の中に入っているスプーンと脱酸素剤を取り出します。

 

③ お湯 又は お水を注ぐ
袋をしっかりと広げてから、お湯 又は お水 を注水線まで注いで密封します。

 

④ 出来上がるまで待つ
お湯を注いだ場合は15分待つと、ふっくらしたわかめご飯が出来上がります。

 

 

防災備蓄のアルファ米は熱湯の調達が鍵となる

防災の用途以外でアルファ米を食べる場合は、お湯で調理する必要があります。お湯があれば15〜20分程度で食べられる状態に戻すことが出来ますが、お水では1時間も掛かります。

 

アルファ米での調理は熱湯の確保を

災害時や旅行といった場面でアルファ米を食べる場合は、お湯の確保が重要なポイントになります。自宅やホテルに宿泊している場合であれば、お湯を調達することが出来るので問題ありませんが、外出中では難しい場合もあります。

現実的にお水で60分というのは待ちくたびれてしまいますし、本当にお水でも美味しく食べることが出来るのだろうか?という疑心暗鬼も発生します。

アルファ米を防災用途以外で活用する場合は、お湯の調達が出来るのか?が鍵になります。

 

アルファ米の備蓄する場合

お水での調理は厳しい場合もあるため、熱湯を沸かすことが出来るカセットコンロやカセットボンベ等のお湯を沸かすことが出来る物の備蓄も必要になると思います。

やっぱり災害時でも現実的にお水で調理して60分というのはどうなんでしょうか?大人であれば待つことは出来ますが、小さい子供が居る家庭では難しいと思います。

 

旅行の非常食!防災備蓄の尾西アルファ米のわかめごはんを旅行に持参
皆さん こんにちは! 今回の記事は『防災備蓄のアルファ米わかめごはんを旅行に持参して食べる』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 尾西アルファ米のわかめごはんは防...

コメント