Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

旅行の非常食!アルファ米は旅行等で味見も兼ねて試食した上で備蓄を

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『旅行に持参する機会のあるアルファ米は旅行等で味見も兼ねて試食した上で備蓄を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

非常食は試食しないで備蓄する場合が多い

防災の非常食として備蓄している食品は3〜5年という長期保存が多いですが、このような長期保存食品の場合は購入して備蓄するというサイクルになってしまいます。使う機会がない場合は賞味期限を迎える時に食べて処分という形になります。

 

非常食を購入して備蓄

防災の日や防災シーズンになるとスーパーやホームセンター等も含めて非常食や防災グッズを取り扱う店舗が多くなります。

このような機会に防災グッズや非常食を購入する場合も多くなりますが、たいていの場合は購入して備蓄するといった感じになると思います。

非常食は基本的には使う機会の少ない食品になるため、定期的に期限切れ等のチェックを行っていれば特に問題ないのが実情です。

 

非常食の管理は難しい

基本的に非常食は定期的に期限切れチェックを行い、賞味期限が近くなったら食べて処分し、新たに補充するというサイクルになります。

一見すると簡単そうに見えますが、ところがどっこい、そのような簡単な管理とはいきません。人は誰しも興味や関心が無くなると頭の中の隅にでも仕舞い込んでしまうため、非常食もチェックも自然に行わなくなってしまいます。

そーいえばと思った時には既に時遅しといった感じで見事に期限が切れてしまっている場合も意外と多いです。

いかに防災に対する関心や興味を失わないようにするのか?というのも重要なポイントになります。

 

主食のアルファ米は試食してから防災備蓄を

防災備蓄の非常食にも色々な種類があります。厳密にいえば調理しないで直ぐに食べることが出来る食品とされているため、カンパンが丁度良いです。ごはん物であればアルファ米になりますが、簡単な調理が必要になります。

 

非常食としてのアルファ米

アルファ米は簡単な調理が必要になる食品です。調理といっても、お湯 又は お水 があれば調理することが出来ます。もしもの災害に備えてミネラルウォーターなどの飲料水を備蓄している場合が多いため、アルファ米も災害時では非常食として重宝する食品になります。

但し、実際に調理する場合は注意が必要になります。アルファ米を生産しているメーカーによっても異なりますが、尾西食品のアルファ米であれば、お湯で15〜20分お水で60分で調理することが出来ます。

お湯が調達することが出来れば問題ありませんが、実際に災害時にお湯を調達することが出来るのか?という問題も発生します。

 

アルファ米は、お水で調理の確認を

尾西食品のアルファ米であれば、お湯で15~20分お水で60分で調理が必要になりますが、お湯で調理することは有っても、お水で調理したことがある人は少ないのでは?と思います。

もしものライフラインが寸断されてしまった場合に備えて、お水で調理して確認する必要もあるのでは?と考えます。

お湯で調理して美味しいと感じていても、お水で調理したら、そんなに美味しくなかったという場合も当然のことながら有ります。

ただ、もしもの場合に備蓄しているというのでは、もしもの場合に役立ちません。実際に調理&食べて確認することも大切です。

 

旅行等で試食が最適

防災備蓄のアルファ米を試食するのであれば、海外旅行に持参するのが最適です。幸いなことに海外旅行では非常食が必要になる機会に恵まれます。

現地で食べる食事が合わないという場合もあります。特に初めて訪れる国や地域に旅行する場合に、このような事が発生します。

どうしても味付が合わなかったり、食材が受け入れられないということもあります。このような場合では防災備蓄のアルファ米を持参していると助かります。

宿泊先のホテルでは、お湯を調達することが可能なため、15分程度の調理も問題ありません。

 

 

非常食を試食しないで備蓄した場合の弊害

非常食を備蓄しているけど試食しない場合では弊害も発生します。何せ、一度も実際に食べたことがないため、どのような味なのか?分かりません。

 

食べてみたら味付が合わなかった

初めて訪れる国や地域に旅行した場合では現地の食事が合わないということも発生しますが、備蓄している非常食を一度も食べたことがない場合でも同様のことが発生します。

これでは、本番の時に自分が困ってしまうため、長期備蓄している意味があまり無い感じになってしまいます。

少なくとも試食した上で美味しかったら備蓄する、そうでなかったら備蓄しないという選別は必要になります。美味しくない食べ物を食べ続けるというのもストレスが溜まってしまうため、健康的によくないです。

 

災害時に調理できない

アルファ米等の調理が必要な非常食を備蓄している場合は、災害時に調理することが出来るのか?ということも重要なポイントになります。

お湯では実際に調理して食べたことは有っても、お水で調理したことがない場合も当然のごとく有ると思います。

このような場合は、もしもの災害時では困ってしまうかも知れません。

 

旅行の非常食!防災備蓄の尾西アルファ米の赤飯はもち米で満腹感あり
皆さん こんにちは! 今回の記事は『防災備蓄の尾西アルファ米の赤飯を旅行に持参して食べる』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 防災備蓄の尾西食品アルファ米の赤飯...

コメント