Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

旅行の非常食!袋入のカンパンは旅行の行動食&おやつに最適な主食

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『袋入りのカンパンを旅行の行動食兼おやつとして持参するのが丁度良い』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

防災備蓄に最適な主食のカンパン

防災備蓄の非常食といえば真っ先に思い当たるのが缶に入っているカンパンだと思います。カンパンは主食に区分されているため、立派な非常食になります。調理しないで開封して直ぐに食べることが出来る食品なので備蓄しておきたい非常食の1つです。

 

缶入のカンパンは長期保存

缶に入っているタイプのカンパンは5年という長期保存が出来るので頻繁に購入しなくても良い部分が助かります。

1つの缶に入っているのは割と小さいタイプなので開封して食べてみると1〜2食分といった感じの量になるのでは?と思います。

でも、カンパンの量は少ないですが、カンパンの場合は3〜4個食べると、むせったくなるのでお茶などの飲み物が必須になります。飲み物と一緒に食べることで空腹を満たすことが出来るので丁度良い量かも知れません。

また、缶にはカンパンだけでなく、氷砂糖が入っていることもあり、適度に糖分補給が出来ます。氷砂糖は飴玉の代わりにもなるため、主食とおやつを同時に備蓄できるのが良いう部分でもあります。

 

袋入のカンパンは賞味期限が1年

カンパンといえば、缶に入っているからカンパンではありません。袋入のカンパンも販売されています。この袋入の場合は賞味期限が短く1年程度になります。

防災備蓄するのであれば缶入だけでなく袋入も備蓄した方が良いです。というのも、缶入の場合は5年という長期保存なので、頻繁に有効期限のチェックを行う必要がありません。

この場合、自然と興味や関心が薄れてしまうため、何処に収納したのか?といった事まで忘れてしまうこともあります。

これでは何のために防災備蓄しているのか?分かりません。定期的にチェックしてこそ防災備蓄になります。そのため、定期的にチェックできるように賞味期限が短い袋入りのカンパンも必要になります。

 

旅行やレジャーには袋入のカンパンの持参が最適

袋入のカンパンは旅行で活躍することが出来ます。旅行やレジャーといった場合の行動食や間食のおやつに丁度良い非常食になります。

 

賞味期限が1年でも役立つ

袋入のカンパンの場合は賞味期限が1年なので防災備蓄には不向きな感じがしますが、旅行に持参する非常食としての用途であれば十分に機能します。旅行だったとしても非常食を食べる機会に恵まれます。

袋入のカンパンを旅行用に備蓄しておけば、もしもの災害時では防災備蓄の非常食に加えて旅行用に備蓄しているカンパンを利用することが出来ます。

丁度良いと思うのは気のせいでしょうか?

 

旅行の行動食として

袋入り場合は賞味期限は1年程度なので防災備蓄する非常食に向いていない感じになりますが、旅行に持参する非常食としての役割を担うことが出来ます。

旅行であればアチコチ動き回る場合が多いため、途中で栄養補給も必要になります。このような場合にカンパンは最適です。1つ1つは小さなビスケットであるため、携帯性は抜群ですし、腹持ちも良いです。

特にカンパンの場合は素朴な味なので飽きのこない美味しさになります。それでいて、基本的にカンパンは主食に区分されているため、旅行の非常食としても活用することが出来ます。

 

旅行の間食のおやつとして

旅行ではアチコチ動き回る場合が多いのでお腹が空いてしまいます。このような場合は甘いリョコレートやポテトチップスといった高カロリー食品を食べたいところですが、チョコレートやスナック菓子の場合は必要以上に食べてしまう可能性もあります。

特にポテトチップスの場合は不思議と一度食べたら手が止まらなくなってしまう感じに陥りやすいため、必要以上に食べてしまうリスクがあります。

その点、カンパンであれば3〜4個食べれば空腹をそれなりに満たすことが出来るので旅行中に食べるおやつとしてベストな選択になるのでは?と考えます。

 

 

カンパンを行動食&おやつの場合は飲み物必須

袋入のカンパンを旅行に持参する場合は1つ注意点があります。それは1つ食べただけでもむせったくなるのがカンパンです。そのため、旅行では常にペットボトルの飲み物や水筒といった物が必要になります。

 

飲み物を確保するのが先決

カンパンは水分がないに等しいビスケットであるため、1つ食べただけでも水分が欲しくなってしまう主食になります。

旅行に持参する場合はペットボトルの飲み物を持参する 又は コンビニや自動販売機等で購入するといった対策が必要になります。

たいていの場合はペットボトルの飲み物を確保している場合が多いので特に問題はないのですが、必ずしも何処でも確保することが出来るとは限らないため、旅行に水筒を持参するといった方法も有りだと思います。

 

袋入のカンパンは海外旅行でも役立つ

初めて訪れる国や地域に旅行すると、現地の食事や味付、食用油といった物が自分には合わないといった場合もあります。

このような場合にカンパンを持参していると助かります。何せ、カンパンは主食に区分されているため、旅行の非常食として丁度良いです。

袋入であれば旅行バッグの中に収納しても缶入りと違ってカランコロン音がしないので持ち運びも特に心配ありません。

カンパンのお世話にならない場合でも、間食のおやつとして食べることも出来るため、海外旅行に持参しても無駄になりません。

 

旅行の非常食!防災備蓄のカンパンを旅行に持参する場合は袋入が最適
皆さん こんにちは! 今回の記事は『防災備蓄のカンパンを旅行に持参する場合は缶入ではなく袋入が最適』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 カンパンは防災備蓄の定番...

コメント