夏の旅行に持参したいグッズは扇子よりもハンディファン扇風機で涼風

旅行ガジェット

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『夏の旅行に持参したいグッズは扇子よりもハンディファン扇風機で涼風』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

夏の旅行では扇子を持参

蒸し暑い夏場の旅行に持って行くと便利なアイテムは扇子だと思います。扇子の場合は圧倒的にコンパクトで軽量なため、旅の持ち物として持参しても荷物にならないところが良いです。

 

軽量でコンパクトな扇子は夏の必需品

旅行に限らず通勤といった場面では扇子を扇いでいる人を多く見かけます。大きさも色々ありますし、素材や価格もピンからキリまである夏の便利グッズになるため、持参している人も多いと思います。

仮に扇子を旅行に持参しない場合は吸汗速乾タオルだけで過ごすことになるため、飲み物を飲んだ場合には一気に汗が出て大変なことになってしまいます。

そういった場合でも扇子があれば少なくとも涼感を得ることが出来るため、可能な限り持参したいでしょう。

 

扇子は手が疲れて涼しくない

扇子は確かに便利ですけど、ずっと扇いでいると手が疲れてしまいますし、扇いだからといって涼しい風にはなりません。これでは意味がないのでは?と感じますが何もないよりもマシなため、結局は扇いでしまうのです。

因みに扇ぐ面積を増やしても大して涼しさは変わらないため、サイズの大小はそんなに変わりません。

結局のところ、普通に扇子よりも団扇(うちわ)の方が良さそうに感じてしまうのは気のせいでしょうか?

 

夏の旅行ではハンディファン扇風機で涼風を

蒸し暑い夏場の旅行に持って行きたいのはハンディファン(扇風機)だと思います。これさえあれば扇子のように手で扇ぐ必要は有りませんし、何よりも涼しい風になるかは疑問ですが少なくとも扇子よりも涼風になります。

 

夏の旅行でハンディファンを持参するメリット

扇子を持参する場合だと長時間ずっと扇いでいるといったことは出来ないため、ちょっと扇いでは休んでの繰り返しになります。

それに対してハンディファンであれば扇子や団扇のように手で扇ぐ必要がないので継続して涼風を感じることが出来ます。

また、バッテリーを搭載しているため、モバイルバッテリーとして機能させることも可能な場合があります。

ハンディファンは風量調節も行える

扇子や団扇では風量調節が出来ませんが、3段階程度で風量調整が行える場合が多いです。スイッチで切り替えるだけで簡単に風量を調節することが出来るので助かります。

 

ハンディファンのデメリット

ハンディファンを旅行に持参する場合のデメリットはズバリ重さとコンパクトさになります。扇子と比べてコンパクトではないですし、重量もあります。タイプによっても異なりますが、スマホと同程度の重量になると思います。

スマートフォン並みにあるハンディファンを持参すると身の回り品を収納するサブバッグが少なく見積もってもスマホ+バッテリー+ハンディ扇風機だけで500g程度以上になるのでは?

この3つだけで500gに達してしまうため、旅行用のサブバッグの重量が何だかんだ言っても1Kg以上になってしまう可能性が高くなります。

また、風量設定次第では役に立たない場合もあります。カタログ性能では○時間持つとの記載があっても実際には全然持たないといった場合も多いです。

 

スポンサーリンク

 

海外旅行では扇子の方が良いかも知れない

ハンディファンを海外旅行に持参する場合はちょっと微妙かも知れません。訪れる国や地域によっても異なりますが暑さによっては使いものにならない可能性があります。風量調節次第といった感じになります。

 

海外旅行で不向きな理由

ハンディファンにはバッテリーを搭載しているため、スーツケースの中に収納することが出来ません。身の回り品を収納するバッグの中に入れて飛行機の機内に持ち込む必要があります。

この場合、スマートフォン並みの重量がもう1つ増えることになります。これでも良いならば別に問題ありませんが、なるべく軽量にしたいという場合であれば扇子で我慢するしかないと思います。

 

風量次第では長持ちしない

蒸し暑いといった状態では強設定で扇風機を回す感じになると思います。この場合は要注意になります。強設定の場合はバッテリーを消費するため、スマホのモバイルバッテリーが必要になります。

でも、旅行に持参しているモバイルバッテリーはスマホのために持参している場合が多いですから、ハンディファンのためにバッテリーを使ってしまっては意味がありません。

これでは何のためにバッテリーを持参しているのか?ちょっと意味がない感じです。

 

ハンディファンは弱設定が必須

一番強い風量で使うとバッテリー持ちが悪くなってしまうので中や弱といった設定での使用が求められます。説明書には○時間持ちますという記載があっても、実際にはもっと少ない時間になる場合が多いです。

結局のところ弱設定で気持ち良い風を満喫するしかないような感じになってしまうのでは?

 

コメント