夏の旅行に持参のグッズはフマキラー虫よけ電池式どこでもベープ未来

旅行便利グッズ

 

皆さん こんにちは!
今回の記事は『夏の旅行に持参のグッズはフマキラー虫よけ電池式どこでもベープ未来』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

夏の旅行では蚊に刺されてしまう可能性がある

夏のシーズンに旅行に出かける場合も多いですが、この季節に旅行すると蚊に刺されてしまう場合もあります。薄着や半袖といった軽装になっていると余計に刺されやすいというのが悩みの1つです。

 

いつの間にかに刺されている

旅行中はアチコチ動き回っていることもあり、蚊が近づいても気が付かないこともあります。いつの間にか刺されてしまっているといったこともあります。

このような場合であれば、既に痒みのピークが過ぎてしまっている場合が多いため、虫さされの薬を塗れば大丈夫なのですが、刺されてしまった直後の場合はそうもいきません。

痒くて旅行を楽しむことが出来なくなります。蚊は汗に釣られて寄って来るため、根本的に汗が出ている状態ではどうすることも出来ません。

このような場合では虫除けグッズで対策するしか方法がない感じです。

 

睡眠中の蚊除け対策

夜の睡眠中だったとしても蚊はやって来ます。ホテルの場合であれば蚊に侵入されることは少ないのですが、海外といった場合ではホテルだったとしても蚊に刺されることがあります。

このような場合では快眠することが出来ないため、翌日の観光にも影響を及ぼしてしまう可能性が高くなります。

夏は睡眠不足になると夏バテの危険性が高くなるので特に旅行では要注意になります。蚊の多い地域に旅行する場合は睡眠中の蚊除け対策も必要になります。

 

夏の旅行にはフマキラーどこでもベープ未来を持参

夏の蒸し暑いシーズンに旅行に出かける場合が多いのですが、この時期に旅行する場合は蚊に刺されてしまうこともあります。虫さされの薬は持参するのですが虫除けも必要になります。

 

フマキラーどこでもベープ未来の魅力

フマキラーの製品情報を確認すると、色々な種類がありますが、どこでもベープ未来は効きめが違うらしくてパッケージを見てしまうと思わず買いたくなってしまう不思議な感じです。

それに釣られて購入してしまったのですが、旅行に携帯できる虫除けグッズは夏の旅行には是非とも持って行きたいアイテムになります。

特に睡眠中にブーンという不快な音が聞こえてしまうと練れないですから、この不快な音対策として持参できるグッズは魅力的です。

 

携帯できる虫除け

フマキラーどこでもベープ未来は圧倒的なコンパクトさで携帯性抜群の虫除けになります。電池式なので、ちょっと重みがありますけど、その部分を除けば大して問題にはなりません。

日常生活では勿論のこと、旅行やレジャーといった場合でも携帯できる虫除けになるため、どこでも持ち出せて便利なアイテムだと思います。

肝心の効果の方は蚊除けになっているような気もしますが、蚊が少なかったこともあり、蚊の少なさで効果が有ったのか?ちょっと分かりません。

1シーズンだけで効果を判断するのはよくないと思います。2〜3シーズン利用してみて初めて効果のほどが分かるような気がします。

 

どこでもベープ未来のイマイチな部分

カートリッジの交換期限は電池が切れた時となっているようで、カートリッジだけ交換すれば良いのかな?と思ってもそれが出来ません。

乾電池は単三型アルカリ電池なので市販で購入することが出来ます。それなのにどうしてカートリッジ交換だけ出来ないのか?というと、必ずカートリッジと電池がセット販売になっているのです。

ちょっとこの点はイマイチな部分になります。

 

スポンサーリンク

 

夏の旅行には虫さされの医薬品を持参(虫除けの必要性)

夏の旅行では蚊に刺されない対策も必要になります。虫さされの薬だけではなく、必要に応じて虫除け対策も行なった方が良いです。

 

夏の旅行には虫さされの薬を持参

蒸し暑い夏の旅行では蚊に刺される可能性が高いため、虫さされの薬を持参する場合が多いです。あくまでも刺される可能性があるという感じなので虫除けは対策しないといった感じも意外と多いです。

旅行中に必ず刺されるといった感じではないため、旅行に持参しても全く役に立たないといった場合もあります。

それだったら虫さされの薬で我慢してしまえば問題ないといった感じになってしまいます。実はこれでも全然問題ありません。

でも、旅行では想定外も発生するのです。

 

海外旅行では状況が異なる

東南アジアといった国や地域に旅行する場合は日本の虫さされの薬は効果はありますが、負けてしまう場合が多いです。

効果はあるのに負けてしまうという表現はどういった事なのか?というと、蚊に刺されると強烈な痒みを発しますが、この強烈な痒みに対して虫さされの薬では対処できないのです。

痒みには対処できないですが、刺されてしまった場合の腫れといった症状には対処することが出来ます。

この地域に住んでいる蚊の方が強いといった感じです。それでも腫れといった症状に効果があるので痒みさえ我慢できれば日本の虫さされの薬でも大丈夫です。

 

虫除けの必要性

特に東南アジアといった地域に旅行する場合は薬よりも蚊の方が強い感じなので蚊に刺されない対策をした方が賢明といった感じです。

旅行に携帯できる虫除けグッズは海外在住の蚊に効果があるのか?かなり疑問に感じますが、少しは軽減できるのではないかな?と考えます。

 

夏の旅行に持参したいグッズは扇子よりもハンディファン扇風機で涼風
皆さん こんにちは! 今回の記事は『夏の旅行に持参したいグッズは扇子よりもハンディファン扇風機で涼風』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 夏の旅行では扇子を持参...

コメント