スーツケース容量の選び方!1泊10Lより容量の分かるゴミ袋に収納して決める方法

バッグの中身・持ち物
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

どこか旅行したいな~と思った時に考えるのが、どこに行こうかな?だと思います。無事に旅行先が決まれば、後は持ち物を用意して準備を整えれば何も問題ありません。と思うのは時期尚早になります。

というのも、確かに持ち物は用意するだけなので何も問題ないのですが、旅行に持参する持ち物を収納するバッグ選びが待ち受けています。

近場で宿泊日数も少ないのであればリュックでも何ら問題ないですが、遠方の場合では流石に持ち歩きという観点から考慮すると、リュックよりもスーツケースの方が便利に感じます。

リュックの場合だと、背中に背負う事になるため、重たいな~となりますが、スーツケースであればキャスターで転がして移動できるので楽に移動できます。

でも、スーツケースの場合では容量によってもサイズが異なるため、旅行に対応できるのか?も重要です。

今回の記事は『スーツケース容量の選び方は、1泊10Lより容量の分かるゴミ袋に収納して決める方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行のスーツケースを購入する場合に悩むこと

旅行では、荷物を収納するバッグ選びも必要になりますが、この場合ではスーツケースを購入する場合に悩んでしまう場合もあります。

機内持ち込み?預ける?それとも?

飛行機を利用する旅行では、機内に持ち込みするのか?それともチェックインカウンターで荷物を預けるのか?も大きな悩みの1つに該当する場合があります。

基本的には機内に持ち込まなくても預けてしまった方が空港でのんびりできるのですが、到着先の空港で預け荷物を受け取るまでの待ち時間が長いと流石に待ちくたびれてしまいます。

このような場合では、機内に持ち込みしても良いかな?と感じます。現に乗客で小さいタイプのスーツケースを機内に持ち込んでいる人を実際に見かけてしまうと、大いに悩める要素になる感じ。

 

形状や素材も関係ある

スーツケース選びでは、「ハードケース」と「ソフトスーツケース」に大別されます。

ハードケースの場合はサイズ以上に詰め込めないのに対して、ソフトスーツケースの場合は詰め込めば何とかなる場合もあります。

その他の違いとしては、ハードケースの場合では雨天時でも対応できるのに対して、ソフトスーツケースの場合では専用カバーがないと厳しいです。

特に梅雨などの雨季のシーズンに旅行する場合に関係あるため、安易な考えで購入するのは良くないです。

 

容量の選び方も重要

スーツケース選びで悩む要素としては、容量もその内の1つに該当すると思います。

容量によってサイズも分かれているため、具体的にどの容量のスーツケースを選べば良いのか?で悩むのである。

仮に容量選びで失敗すると、最悪の場合では買い換えるというパターンに発展するため、最重要だったりします。可能ならば買い換えないで済むようにしたいものです。

買わないでレンタルするのも1つの方法になります。

 

スポンサーリンク

スーツケース容量はどのような基準で選ぶのが良いのか?

旅行や出張で利用するスーツケースを購入する場合では容量も関係あるため、何でも良いから購入という訳ではありません。

旅行の宿泊日数で選ぶ

純粋によく旅行に行く宿泊日数を基準にして検討するのも1つの方法になります。

この場合では、よく旅行に行く日数は具体的に何泊程度なのか?というのが重要な要素になります。

この場合では、1泊あたり10Lを目安にして考えると良いかも知れません。それでも対応できない場合では、メインバッグはスーツケースにして、サブバッグとしてリュックなどのバッグパックで対応するのも良いと思います。

 

旅行に持参する持ち物の量で選ぶ

旅行に行く準備として、とりあえず実際に持って行く持ち物を用意した上で、これだけの荷物を収納するには、どのぐらいのサイズがあれば良いのか?を見極めるのも1つの方法になります。

これに加えて、旅行先で購入する特産品(お土産)の有無が運命の分かれ道になります。お土産を買わない旅行でかつ、2~3泊程度であれば、純粋に持ち物だけで良いので、機内持ち込みサイズのスーツケースでも対応できる場合があります。

お土産を購入する場合では、スーツケースの中に収納するのか?

それとも、お土産用バッグなのか?という部分。いずれにしても、折りたたみバッグも含めて検討した方が良いです。

 

活用(実際の使用)状況も考慮

ハッキリ言って、スーツケースの場合では、旅行や帰省といった程度しか利用しない場合が多いため、旅行が趣味という場合を除いて、購入すると実際に利用する日数が少ない状態で宝の持ち腐れになる可能性があります。

それにLCCを利用する旅行では機内に持ち込むのか?も関係して来るため、総合的によく利用するパターンも考慮が必要になります。

 

スーツケース容量の選び方は、1泊10Lが目安(基本)

スーツケースを購入する目的で店舗に訪れて店員さんに相談すると、1泊10Lを目安に考えるのが良いですとかアドバイスされる場合が多いです。

1泊あたり10Lが目安(基本)

スーツケースなどの旅行グッズ専門店に出向いて、どれにしようかな?と悩んでいると店員さんに話しかけられる場合もありますが、この時に店員さんに相談すると、「1泊あたり10Lを目安」に考えてみてくださいと言われます。

どうしてなのかな?と思ってしまいますが、そういう「考え方」もあるといったパターンに該当するため、自分なりの考え方が有る場合は、この基準を参考にしなくても何ら問題ありません。

なぜか?と言うと、旅行では、必ずではないですけど、現地の特産品をお土産として購入する機会にも恵まれます。

これらの特産品は箱物だったり、サイズもマチマチですし、購入する数量も個人差があるため、一律的に同じではないです。

お土産として購入する物をスーツケースに収納するのか?それとも折りたたみバッグに収納するのか?によっても展開が変わってきます。

そのため、参考程度に考えておくという事なんだと思います。

 

実際の旅行では基本より応用力!「季節」対策も必要

「1泊あたり10Lを目安」というのは、あくまでも基本的な目安に過ぎないので、必ずしもこのような展開になるとは限りません。

どういう事なのかな?と思うかも知れませんが、良い例として、「季節」も関係してきます。

蒸し暑い夏場に旅行に行く場合では夏物の着替え衣服を持参すれば良いので1泊10L未満で収納できると思いますが、寒い冬の旅行では冬物の着替え衣服や防寒着なども含めると1泊10Lで考えるのは微妙な感じになります。

さらには夏から秋に掛けての時期は季節の変わり目に該当するため、冬のように寒い日も実際にあります。

この時期に旅行する場合では、夏物と秋物の衣服や寒さ対策も必要になるため、純粋に1泊10Lを目安にするのが難しいと思います。

冬から春の季節も季節の変わり目に該当するため、冬物と春物の着替え衣服が必要になります。

 

スーツケースの選び方は容量の分かるゴミ袋に収納して選ぶ方法

ここでは、スーツケースの選び方は「容量の分かるゴミ袋に収納して」選ぶ方法がオススメできるについての紹介になります。

ゴミ袋に収納して選ぶ方法とその理由

スーツケースの容量を選択する場合に、どうしてゴミ袋なのか?と言うと、ゴミ袋には30Lとか45Lとか容量が書いてありますし、コンビニでも100円ショップでも販売しているので入手しやすいです。

その上で、あえて理由を申し上げると、スーツケース容量を調べる目的でゴミ袋を購入しても、使い終わったら、ゴミ出しに利用できるので無駄になりません。

さらにゴミ袋の場合では詰め込めばサイズ以上に収納できます。ソフトスーツケースの場合では、ハードケースとは異なり詰め込めば少し多く収納できるので、参考にする事もできます。

逆にハードケースの場合では、詰め込まないで収納して判断すれば良いのでどちらのケースの場合でも対応できるのが魅力的です。

 

何リットル(L)のゴミ袋で決めるのか?

スーツケースを販売している店舗に出向いて店員さんに相談すると、1泊あたり10Lを目安に選んでくださいと言われるので、よく旅行で宿泊する日数が何日なのか?で選ぶのが最適です。

2泊3日であれば、30Lのゴミ袋を複数枚用意して、実際に旅行に持参する持ち物を全て詰め込んでみて、何枚の30Lのゴミ袋に収納できるのか?で判断するのが良いのではないか?と思います。

仮に30Lで収納できれば、30Lサイズ容量のスーツケースを購入すれば良いです。但し、現地の特産品を購入する場合では、別途お土産用のポケッタブルバッグが必要になります。

 

ゴミ袋を利用しない場合はリュック(バッグパック)で代用

近くにコンビニがない場合では急に指定サイズのゴミ袋を用意できません。この場合はリュックでも代用できます。リュックの場合では20~30L程度であれば、何かしら1つは持っていると思います。

一番良いのは30Lサイズのリュック(バッグパック)があれば良いんですけど、このサイズじゃなくても大丈夫です。というのも、旅行に持参する荷物を入れ替えれば対応できます。

ちょっと面倒に感じますが、わざわざ使わないタイプのゴミ袋を購入する必要もないので、どちらか?最適に感じる方法で選んでみては如何でしょうか?