旅行の持ち物!雨対策は折りたたみ傘?ベンチャージャケットも持参

旅行
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

楽しい旅行では、色々な便利グッズを持参する場合も多いですが、その中には急な雨への対策として折りたたみ傘も含まれている場合が多いです。

というのも、いつも楽しい旅行では天気が良い!という訳ではないですから、雨に当ってしまう場合もあります。折りたたみ傘があれば対応できるので便利だったりします。

でも、持参しても使わない場合も実際に有るので、このような場合では致し方ない!という事で割り切っています。

今回の記事は『旅行の持ち物!雨の対策は折りたたみ傘?ベンチャージャケットも持参』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行の持ち物には雨対策グッズも含まれる

ここでは、楽しい旅行では雨が降る場合も有るので雨対策も必要に感じるについての内容になります。

雨でも旅行に出かける場合が多い

大雨といった場合でも旅行に出かける場合が多いです。というのも、既にホテルなどの予約を済ませてしまっているため、急なキャンセルはキャンセル料を支払う必要があります。

それならば、キャンセルしないで旅行に出かけてしまおう!という事になるのである。パラパラ程度の雨であれば特に気にする必要はないです。

でも、本降りの雨や台風などの大雨といった場合では流石に躊躇する場合もあります。本当に大丈夫かな?といった感じ。

 

大雨の旅行ではカッパも必要

仮に旅行に出発する日が大雨だった場合では長い傘も必要になりますし、鉄道駅まで濡れずに移動するにはカッパも必要に感じます。

ここで、1つ考えなければならないのが、長い傘を持参した場合では旅先が晴れていたりすると余計な荷物になってしまうのである。

この事を考慮すると、必然的に折りたたみ傘という選択肢になります。でも、これでは濡れてしまう可能性が大ですから、濡れずに移動する方法としてタクシーを利用して鉄道駅に行く必要もあります。

 

カッパよりポケッタブルパーカーが便利

旅行に出発する日は晴れていても旅先は大雨だった!という展開に見舞われる場合も実際にあります。このような場合では流石に折りたたみ傘では心もとないです。

カッパも必要に感じるのですが、カッパだと他の用途に代用できないですから、防水仕様のポケッタブルパーカーを持参するのも1つの方法になります。

但し、この場合ではズボンが濡れてしまう場合が多いです。

 

スポンサーリンク

旅行の雨対策は折りたたみ傘で十分なのか?

ここでは、楽しい旅行の雨対策は折りたたみ傘だけで十分なのかな?についての内容になります。

旅行の雨対策

旅行ではいつも天気が良いという訳ではありません。雨の場合も有れば曇りの天気もあります。さらには雨でも、本降りの雨だったり、台風などの悪天候といった場合もあります。

このような天気だったとしても旅行に出かける場合も実際にあります。例えば、飛行機を利用して旅行の場合では飛行機が飛ぶのであれば問題ないからです。

また、旅行に持参する傘の場合では長い傘よりも折りたたみ傘の方が便利ですし、軽量ですからこの選択だけで十分と思ってしまう場合も多いです。

 

折りたたみ傘だけで十分なのか?

旅行に持参する雨対策グッズと言えば、たいていの場合は折りたたみ傘になりますが、果たして本当に折りたたみ傘だけで大丈夫なのか?も気になる要素の1つに該当します。

ハッキリな事を言えば、大丈夫の場合もあれば、心もとない場合もあると言った方が正解になります。

というのも、国内旅行であれば週間天気予報で確認できるので台風といった場合を除いて折りたたみ傘だけで十分だったりします。

でも海外旅行の場合では、天気予報に対しての信頼性も関係ありますし、どのような雨なのか?によっても左右されるので一概には何とも言えません。

折りたたみ傘に加えてポケッタブルパーカーで対応するのも1つの方法になると思います。

 

旅行の持ち物はポケッタブルパーカーも持参

ここでは、旅行の持ち物には機内防寒も兼ねるポケッタブルパーカーを持参した方が良いについての内容になります。

海外旅行の場合

海外旅行の場合では飛行機を利用するので機内防寒も必要になる場合があります。ANAやJALといったフルサービスキャリアの場合では毛布を借りる事ができます。

でも、LCCを利用する場合では毛布はオプションで購入になってしまうので、機内防寒対策として、何か羽織るジャケット衣服も必要になります。

 

急な雨対策

旅行では、出発時の場合も有りますし、到着したら雨だった場合や、翌日が雨という場合もあります。このようなパターンでは折りたたみ傘で対応となるのではないでしょうか?

でも、大雨といった場合では流石に対応できないですから、折りたたみ傘に加えてポケッタブルパーカーで対応するのが最適に感じます。

というのも、折りたたみ傘は小さいので濡れてしまうんですよね。この濡れる部分をポケッタブルパーカーでカバーするといった感じ。

 

ウィンドブレーカー

ポケッタブルパーカーを旅行に持参する場合では、ウィンドブレーカーの用途でも利用できます。

特に風が強い場合だと風を通してしまうので寒い日の場合では余計に寒く感じます。でも防水仕様であれば風を通さないので保温にも役立ちます。

 

旅行には防水仕様ベンチャージャケット持参

ここでは、旅行には防水仕様のポケッタブルパーカーであるベンチャージャケットを持参についての内容になります。

ベンチャージャケット(ノースフェイス)

ベンチャージャケットは何かな?と思うかも知れませんが、ノースフェイスのベンチャージャケットになります。

このジャケットの特長としては、防水仕様ポケッタブルパーカーという部分に尽きます。撥水ではなく防水でかつ、スタッフバッグも含めた重量が230gなのである。

これならば十分に旅行に持参しても問題ない重量になります。それでいて防水なのでカッパの用途に役立ちますし、ウィンドブレーカーの用途にも利用できます。

さらには、ファスナーポケットが左右2つ有るのでスマホなどの収納にも便利です。

ノースフェイス ベンチャージャケット防水ポケッタブルパーカーのレビュー!通勤や旅行に持参
皆さん こんにちは! 旅行では雨への対策も必要になりますが、基本的には折りたたみ傘を持参すれば問題ありません。でも、週間天気予報で晴れとなっているのにも関わらず折りたたみ傘を持参する必要は有るのかな?と感じると思います。 ...

 

飛行機の機内防寒や車内の強冷房対策

夏のシーズンに台湾も含めて東南アジアに旅行する場合では、冷房対策も必要になります。何故か?と言えば、この地域では強冷房になっているからです。

日本国内では弱冷房の場合が多いですが、強冷房なので寒いと実感できます。特に鉄道やバスといった交通機関を利用する場合では車内の寒さ対策も必要になります。

幸いな事にベンチャージャケットの場合では防水仕様ですし、袖口はベルクロ留めになっているので冷気を遮断できるため、強冷房の対策にも役立ちます。

モンベル ライトシェルパーカ ・ ライトシェルパンツ レビュー!アウターや中間着でも使用できる
皆さん こんにちは! いつも良い天気で旅行に出掛けるという訳ではありません。週間天気予報では晴れだったのに、いざ旅行に行く時になったら、雨だったという場合もあります。 また自宅を出発した時は晴れだったのに目的地に到着した...
旅行にはポケッタブルパーカー持参!機内防寒・カッパ・ルーム着兼用
皆さん こんにちは! 国内・海外に旅行する場合では、色々な便利グッズを持参しますが、その中には実際に旅行に持参しても全く使う機会に恵まれないグッズもあります。 だからと言って、その使わないグッズを持参しないと、どうして持...