旅行の服装!秋の9月後半~10月は寒さ対策(長袖の着替え)も必要

旅行
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

国内や海外旅行に出かける場合では、出発前に着て行く服装も含めて、持参すると便利に感じるグッズやバッグなども購入する機会に恵まれます。

ハッキリ言って別に買わなくても良いんですけれども理由付けが必要といった感じで、旅行だから購入したいかな!となるのである。

特に仲良し友人と一緒に旅行する場合では着て行く服装も考える必要も発生するので新しい衣服を購入する場合も多いのでは?

今回の記事は『旅行の服装!秋の9月後半~10月は寒さ対策(長袖の着替え)も必要』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

秋の季節に国内・海外旅行する場合について

ここでは、秋のシーズンに旅行する場合では服装にも注意した方が良いについての内容になります。

秋の季節では着て行く服装も重要

秋のシーズンに旅行する場合も多いと思います。特に綺麗な紅葉を楽しむのも良いですし、秋の味覚も満喫できるので、この季節の旅は満足できます。

旅行に持参する持ち物はというと、着替え衣服の選択に悩むのではないかな?と思います。というのも、この季節では朝晩は寒い場合もあれば涼しい場合もあるといった感じで、半袖シャツでも肌寒いと感じるからです。

それでいて日中はというと、汗ばむ陽気だったりするので夏の暑さになる場合もあります。そのため、旅行に持参する着替え衣服は夏の衣類に加えて、朝晩の冷え込み対策の衣類となるのである。

同時に着て行く服装もこの状況に対応する必要もあるので、何を着て行けば良いのかな?といった感じになります。

 

海外旅行では帰国後の寒さ対策も必要

秋の季節での旅行では国内旅行に限った話ではなく、海外旅行にも出かけると思います。海外著効の場合では、特に帰国後の気温を気にした方が良いと思います。

日本よりも寒い国や地域に旅行するのであれば特に問題ないのですが、その逆のパターンで暑い国や地域への旅行の場合では気温の変化による影響があります。

特に秋は季節の変わり目ですから温度差があります。帰国後に寒くて仕方ないといった感じになってしまうと風邪を引く場合も有るので注意が必要です。

それこそ楽しい旅行に行って体調不良になっては何しに旅行に出かけたのかな?になってしまいます。

 

スポンサーリンク

旅行では靴も関係あり!最適な旅の服装

ここでは、旅行する場合に意外と注意した方が良いのが靴になります。あまり靴なんて気にしない場合も多いのでは?についての内容になります。

新品ではなく破棄慣れた靴が最適

国内・海外旅行の場合では、移動する距離も普段の日常生活から比べると多くとる場合が圧倒的に多いですから、新しい靴よりも普段から履き慣れている靴が丁度よいです。

というのも、せっかくの旅行なのだから着て行く服装も新調する場合も多いですけど、靴に限って言えば、新調しないで普段から履いて馴染んでいる靴が良いです。

新しい靴で旅行に出かけると、履き慣れていないので足が余計に疲れてしまいます。また、マメもできてしまう可能性もあるため、結果的に不完全燃焼に終わってしまう可能性も否定できません。

 

歩き旅の場合では靴底に注意

秋のシーズンでは秋の味覚や紅葉を楽しむ場合もあるため、歩き旅になる場合もあります。このような旅では旅行に履いて行く靴も注意が必要です。

具体的に言えば「靴底」になります。普段から履き慣れている靴を旅行に履いて行く場合では靴底をチェックしていない場合もあります。

靴底に溝がない状態で出かけてしまうと急な雨などで滑ってしまう場合もあるため、旅行前にはチェックも必要です。

 

旅行に履いて行く靴の靴底は早めにチェックを

旅行に履いて行く靴は遅くとも旅行の2週間前までに靴底をチェックしておいた方が良いです。仮に靴底の溝が怪しい場合では早めに靴を買い換える必要があるからです。

新しい靴を買い換えて日が浅い場合では、旅行に履いていけないので、ある程度、余裕を持って購入も必要になります。

 

秋の9月後半~10月に旅行では寒さ対策も必要

ここでは、秋のシーズンに旅行する場合では、朝・晩の冷え込みに備える対策も必要についての内容になります。

秋シーズンの旅行の防寒対策

冬の季節に旅行する場合では防寒着を着て行くので防寒対策はバッチリですが、防寒着を着る季節ではない場合では、朝晩が涼しくなる季節の変わり目といった場合への対策も必要になります。

具体的には、ポケッタブル仕様の防寒着を持参したり、着替え衣服として長袖シャツを持参する等の対策を行う必要も発生します。

これでも足らないのであれば、重ね着で対応する事になるので、重ね着できる衣服は持参しておいた方が無難に感じます。

 

海外旅行では帰国後の寒さ対策

9月後半ではまだ夏のように蒸し暑い日もありますが、この時期に海外旅行に出かける場合もあります。まだ夏の延長線といった感じでいると、帰国後に困る展開に陥る場合があります。

特にLCCを利用して海外旅行する場合では、必ずではないのですが、日本に到着する時間帯が夜の11時過ぎになる場合も有ると思います。

このような時間帯では空港リムジンバスや鉄道の終電が近いですから、帰りたくても帰れないので空港で泊まる選択も必要になります。

空港では空調が効いているので一定の温度が保たれているので大丈夫ですが、建物の外はとても寒い場合があります。この時に寒くて大変に感じるのである。

着替え衣服として長袖シャツも含めておくのは勿論のこと、ユニクロのウルトラライトダウンも旅行に持参した方がが良いのではないか?と個人的に考えます。

 

9月の旅行でも着替え衣服は長袖シャツも必要

ここでは、まだまだ蒸し暑いと感じる9月の旅行だったとしても、稀に寒い日も有るので、旅行に持参する着替え衣服は長袖シャツも含めておいた方が良いについての内容になります。

9月は季節の変わり目

9月に旅行する場合も多いですが、この9月は旅行に着て行く服装や着替え衣服に悩む場合も意外と多いのではないかな?と個人的に考えます。

というのも、9月は季節の変わり目の月なので、真夏のような蒸し暑い日もあれば、初冬のように寒くて涼しいと感じる日も有るからです。

夏のような気温であれば着替え衣服は少なくて済むので問題ありませんが、初冬にような寒い日の場合では、持参する着替え衣服も多くなります。

予め分かっているのであれば対応できますが、天気予報が外れる場合も有るので何かしら?の対策も必要になります。

 

ユニクロのウルトラライトダウン持参

9~10月に台湾旅行に行く場合も多いのですが、この時期に旅行する場合では、防水仕様のポケッタブルジャケットであるベンチャージャケットに加えて、ユニクロのウルトラライトダウンも持参しています。

台湾の空港や高速バスの車内では、空調が効いているので、じっとしていると寒いと感じるぐらいに涼しいですから、夏の季節でもそれなりの防寒対策が必要なのである。

だからといって、ユニクロのウルトラライトダウンは必要なのかな?と思ってしまう場合もあるのでは?これが必要なんですよね~。特に9~10月はね。

いつもLCCを利用して台湾旅行なので、空港に到着するのは夜中。朝一番の空港リムジンバスで中核拠点の駅まで移動し、鉄道に乗換えて帰宅となります。

空港の朝5時台の時間帯は寒い!の一言に尽きるのである。